ラースと、その彼女の作品情報・感想・評価

「ラースと、その彼女」に投稿された感想・評価

https://filmaga.filmarks.com/articles/1102
サトス

サトスの感想・評価

5.0
いい映画〜
真尋

真尋の感想・評価

-
パンツは穿いてないんですか?
私のマイムービーはこれ「ラースとその彼女」
これは良作ですよっ!!!

冬はこの映画で暖をとれ!!

そこのあなた落ち込んでる隣人がいたらこういってあげてください。「家でラースとその彼女みようよ」ってね

義姉の正論スーパーパンチラインワード、癇癪持ちのライアンゴズリングどこをとっても見応えあり!

今すぐ予告へGo〜〜!!!ジャパァァアーン

郷ひろみでした。

トイボーイ「ありがとうございます。まさか郷さんに記念すべき第1回目のゲスト来てもらえるとは思ってなかったですよ」

郷ひろみ「そりゃ呼ばれたらGoするよーひろみって呼んでよ」

ト「それでね郷さん僕の勝手な想像なんですけど郷さんはアクションとか派手な作品をマイムービーで紹介すると思ってたんですよ。」

郷「もちろんアクションも大好きです。でもねアクションの隙間に観るこういうヒューマンドラマ一番の好物なんですよ」

ト「分かります。ジャンクフードばっかじゃ胃が疲れちゃいますもんね。そこで食べる優しい家庭料理映画といいますかね。」

郷「それはわからないですけどww」

ト「郷さんずばりラースとその彼女の魅力とはどういうところなんでしょうか」

郷「都会で多忙で生活してて人間関係に疲れた時にこの映画をみたら優しい人間関係だったり、田舎の自然にすごい癒されるんですよね。とにかくセリフやらなんやらが丁寧で制作や演者の一体感が他の映画よりすごいんですよ。愛されてる映画というか」

ト「ですよね、ライアンゴズリングも凄くてこの先どうなるんだよっていうワクワクもあるというか。最後に郷さんにとって映画って何なんですか?教えてくださいよ」

郷「映画は人生ですね」

ト「本日はありがとうございました。」
ラースがラブドールの彼女を愛することは周囲の人間を愛することに繋がるし、周囲の人々は他者に過敏なラースへの愛情をビアンカへの献身を通じて表現している。その上ビアンカは冒頭でガレージの窓からひたすら1人で外を見ているだけのような頑ななラースを象徴してもいる。そんな彼女が南米系で派手な格好で真冬の田舎町に現れるのだから、ドラマとしてもコメディとしても最高のキャラクター。
ラースの周りは確かに優しい人ばかりで、ある種ファンタジーだけれど実際僕らは気付いていないだけで想像以上に愛に囲まれている。と信じていたい。
Chirico

Chiricoの感想・評価

-
過去鑑賞記録
とめこ

とめこの感想・評価

4.0
TSUTAYAではコメディの棚に並べられてたけど、ファンタジーみたいなヒューマンラブストーリー。
序盤は奇妙な不安感もあるけど、どんどんあたたかいやさしさがあふれていく。折に触れて何度も思い出す作品。
大好きなシーンがあって、"彼女"が倒れて落ち込むラースをおばあたちが囲むところ。何も手につかないラースに「食べて」と素っ気なくも食事を用意するおばあ。「(落ち込んだときは)ただそばにいる」と隣で編み物をするおばあ。悲しみに寄り添う姿の理想と思ってる。
msh

mshの感想・評価

3.7
えー😳ってな展開でしたが、
徐々に周りの人たちの
温かさが身にしみました🍀

ラースの変わり様に目が離せません

愛って素晴らしい✨

現実ではこうはいかないだろうと
思ってしまうと切ないですが。

心が洗われました😊
いか

いかの感想・評価

3.4
みんなが優しい。冬にあったかい部屋でみたい。
もち

もちの感想・評価

3.6
人の愛ってこんなにも暖かいんだな。
自分以外を愛することで、自分も愛してもらえる。

2019.225
>|