恋する宇宙の作品情報・感想・評価

「恋する宇宙」に投稿された感想・評価

アスペルガー症候群についてきちんとした知識が無いので主人公の症状がどれくらいの重さで、どれくらいリアルなのか分からないけれど、実際に近くにいたら恥ずかしいけど戸惑って距離を置いてしまいそうな気がする。

そんな彼と対等に接するヒロインが人間的に非の打ち所がなく、それでいて嫌味が無い。彼女が下す決断も甘くないけれど、現実的で十分理解できる。
santasan

santasanの感想・評価

3.6
アスペルガー症候群は恋愛において特に難しい障害だと思う。恋愛では相手を好きな気持ちだけでなく、相手を思いやることが大切な要素だからだ。逆にアスペルガー症候群に特有の純粋さや潔癖さもあり、そこをしっかり理解した上で、まるごと受け入れることが必要だと思う。ベスはアダムをそのまま受け入れようと努力したけどやはり難しかった。でも絵本にはアダムへの思いが詰まっていた。
manuts

manutsの感想・評価

-
シンプルシモンとか、脳の障害とともに生きる人の映画をみると、ことばを字面通り受け取らないって、実はすごくへんてこで難しいことなんだよなぁと改めて思う。
ヒュー・ダンシーの繊細な演技が素晴らしい
彼なりの言葉で精一杯の愛情表現、私はぐっときたけどあれでだめなのか…
ハッピーエンドではないけど、「普通」ではない現実感があった。
neoko99

neoko99の感想・評価

3.8
試練もあったけど、二人で乗り越えてこれからも一緒に頑張って行きますという終わり方ではなかったけど、私はこの映画のエンディングがとても好きです。アスペルガー症候群という障害を私はよく知りませんが、ベスはアダムと友人としてではなく恋人として付き合っていたわけですから簡単にはいかないというのが色々と表現されていたのではないかと思います。観た後は気分が晴れやかでした。
yasuka

yasukaの感想・評価

4.5
だいすきな映画なのにマークしてなかった。
ピュアすぎてせつない。
でもあったかい。

秋になるとまた観たくなるなぁ…


素敵なシーンだらけの映画なのだからもっといいジャケットがあっただろうに。
riekon

riekonの感想・評価

4.0
難しいよね…気持ちを察したり、同情や共感したりは恋愛や一緒に暮らす中でとても大事なことだから。
絵本は素敵だったなぁ。
ウルっとしちゃった。
アダムの成長が嬉しいしこれからどうなるかな?と思わせるラストも良かったですね。
アダムさん毎日同じものを食べています!
変な人です!
風子、岡崎さん以外に変な人を見たのは初めてです!
大変ショックです!
Nanako

Nanakoの感想・評価

4.0
ハッピーエンドではないのに最後はなんだかあったかい気持ちになった。
とるて

とるての感想・評価

3.4
アスペルガーと診断されているアダムが「普通」の枠組みのなかでやっていけるよう(多くのひとはたまたましなくて済んでいる)努力をすることを彼の「成長」として(その枠組み自体を問い直すことなく)うつくしく描く、たぶん悪気なくマジョリティの側に立った語り口にはやるせなさと居心地のわるさを感じた。でも、ベスのようなひとにとってはなんでもないような会話でまごつき、嘘を受け入れられず、大好きな宇宙のことになると饒舌になるアダムのキャラクターとアダム役のヒュー・ダンシーの演技が泣きたくなるほど印象的で、ときどき見返したくなる映画。
>|