ふたりにクギづけの作品情報・感想・評価・動画配信

「ふたりにクギづけ」に投稿された感想・評価

悟空

悟空の感想・評価

3.8
まず日本ではやるの不可能な結合双生児の話をシリアスではなくコメディでやる話。
もちろん差別といういうよりそういう人たちにむけて、おれらは素晴らしい。特別なんだというメッセージもあって、話もめちゃくちゃおもろい。あったかいしおもろいし、こういう映画はやはり日本映画にないし、必要な部分
80〜90年代のようなちょっと懐かしいハートフルコメディでした。

ただちょっと尺が長すぎると思う。
90分くらいにまとめたらもっと良かったと思う。
体がくっついて生まれた兄弟のお話
障害?を持っていても明るい二人に癒される
周りの人もからかわず素を受け入れてて素敵
しかしその育った街を一歩でると...
結合性双生児の話。1番大切なものとか人生で欠かせないものって失わないと気づけないこともあるよなって思った。
Kaho

Kahoの感想・評価

3.8
結合性双生児というかなりシリアスなテーマを扱いながら、とっても明るく観やすい仕上がりになっているコメディ✨✨

ファレリー兄弟監督作品🌸👬

マット・デイモン × グレッグ・キニア
2人ともめっちゃ若い!!!😳
映画公開は今から17年前(´-`).。oO

結合性双生児といえば、私の中ではベトちゃんドクちゃんのイメージがありました
無知すぎる自分が嫌で、これを機に色々調べてみると、結合性双生児といっても様々な症状がありびっくりしました
頭から繋がっていたり、1つの体を2人で共有していたり…。

ハリウッド俳優を目指す明るい兄ウォルト(グレッグ・キニア)と引っ込み思案な性格で女性とも付き合ったことがない弟ボブ(マット・デイモン)
2人で一つ👬✨✨常に行動も一緒😊
障害者という立場であり、決して生活しやすい状況とは言えないはずやのに、悲壮感なんてこれっぽっちもない!!!
悲しんでる時間があるなら、将来の夢に向かって突き進め!✨✨✨🌈
2人でハンバーガーショップで働き、その息はピッタリ!😆🍔
ハンバーガー焼くテクがめちゃくちゃ凄い!!!はやい!!笑
しかし、歳を重ねるうちにお互いの夢に違いが出てくる
兄はハリウッド俳優として活躍していきたい…✨✨✨
弟は平凡な人生を歩み、ハンバーガーショップ経営としてキャリアを積んでいきたい…(๑⃙⃘ ͒ ̶ ͒๑⃙⃘)パクッ🍔

兄が舞台など出演してる時、弟の存在を消すためにマントみたいなん被せられてるマット・デイモンめっちゃ笑った!シュール🤣🤣🤣💦
あと、sexするの大変!!!( °Д°)笑笑

2人はお互いの夢のためにある決断をする…!!!!!

その決断によってちょっと寂しさを感じる2人、特に兄の表情がとても印象的やった( ´•௰•`)
でもラストはほんまに好き!!!

やっぱり兄弟、双子なんやなぁ〜って( "´༥`" )♥

とても心温まる素敵な作品でした☺️💞
メリル・ストリープも女優役で出演してて豪華!(* ॑꒳ ॑* )✨✨✨

このレビューはネタバレを含みます

面白かったー!めちゃめちゃ笑った。
とても仲が良くてポジティブな双子が最高。すごく息が合ってて見ていて楽しかった。フリークスとか馬鹿にされても悲壮感が全くなくて良かった。2人とも顔が良い。
結合双生児なのは“障害”なんかじゃなくて“個性”なんだ!って思わせてくれる明るい双子が本当に良かった。
手術で離れてからは辛かった…。寂しそうなウォルトの姿に、観てるこっちまで寂しい気持ちになった。2人とも1人になっても2人でいるような動きをしているのが面白かったけど切なかった。32年間もくっついてたんだからそりゃうまくバランス取れないよね…。
最後お互いがお互いを指さし合うところが素敵でじーんとした。
エンドロールで像が動いたのにはびっくりして叫んでしまった笑。
これは良作!
けいこ

けいこの感想・評価

4.0
結合性双生児の話だけれど、全く悲壮感もなく明るい2人の話。
内容がものすごく良かっただけに、お願いだから邦題変えてくれ状態😅

これがアメリカで障害者に大ウケだったとか💡
ame

ameの感想・評価

3.4
⑪_3


メリル本人がメリル役で!
シェール本人がシェール役で!

なんと贅沢な作品なんだろうか…!
ふと、MM!を思い出した💭
ちろる

ちろるの感想・評価

3.8
とびっきり明るい結合性双生児に笑顔にさせられる。
マット・ディモンとグレッグ・ギニアの顔も性格も全く似てないテナー兄弟の凸凹演技が良かったですね。
腰のあたりが結合してる2人は、世間的には障害者ではあるけど、悲壮感なんて微塵もない。
2人で一つ、それは俺らだけの個性さ!と言わんばかりにキラキラと目を輝かせて、決して諦めるなんて事はしない。

ハリウッドで有名になりたいウォルトと、引っ込み思案で女の人と付き合ったことすらないボブ、観ている未来が違くなってきた2人はさてどうするか?
ものすごく気が合って仲良くてもどうしても共有できない事って恋人でも親友でもある。
でも2人の場合は物理的なのだから、どちらかが欲望を叶える時間、もう片方が存在を消さなきゃいけない。
明るくてモテるウォルトがナンパした女とセックスしたり、ドラマの撮影したりする時にボブがヘッドホンしてたり、編集で消されたりするのが面白いシーンではあるんだけどなんだか切なくて・・・
だから後半、ボブが自分で人生切り開いていったところは胸熱でした。
シェールもそうですが、ラストのメリル・ストリープ登場シーンも含めて豪華女優たちのコミカル演技も必見!
ハンディキャップをテーマにした作品というよりはエンタメに長けた作品なので、幸せな気持ちになりたい時にオススメの作品です。
runedoll

runedollの感想・評価

3.6
ボーンを見続けたから中和するために、
ボーンアイデンティティの次の興行。どちらを先に撮ったかは分からないけど真逆な役で体も別人やん!
愛すべきテナー兄弟。




9/17
>|