ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価・動画配信

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

4.0

あらすじ

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

mai2

mai2の感想・評価

4.7
え、すごいよかった
はじめはなんだか変な感じがしたけれど、なんか良かった
映画を完成させたことで、前に進めたのかな

なにしろいい映画だった
トール

トールの感想・評価

3.5
予告の斬新な設定に惹かれて鑑賞。
スタートの設定は確かに面白いが活かしきれなかった気もする。
よくある海外の青春ものに帰着してしまったのが惜しい。
ただ、愛と友情に溢れた作品ではあるのでもう少し歳を撮った後に観たら何か感じるかもしれない。
あ

あの感想・評価

5.0
色が可愛い作品でした。
クマ好きには、ある意味たまらん!可愛いブリグズビーベアをたくさん見れて幸せでした。グッズが普通にほしい、、
Kie

Kieの感想・評価

4.5
誘拐犯のもとで彼らが制作したブリグズビーベアという教育番組で育った青年が、元の生活に戻った後で自ら続編映画の制作に奮闘するストーリー。
温かい気持ちになれる素敵映画で円盤考えるほどよかった…🧸💕
real

realの感想・評価

4.5
荒んだ心が浄化される作品。

とあるごとに泣かされるし、優しい気持ちになれる。

最初はだいぶ怖いけど
だんだんとブリグズビーベアが可愛く見えてきます。

ちょっと日常に疲れている人にぜひ見てほしい!
まうす

まうすの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あらすじさえろくに読まずに観たら、想定外すぎる方向の話だったし、アメリカ映画なのにシェイクスピアが出てくるとは…!
主人公の置かれた環境は重いのに、全然辛くならない。
マーク・ハミルが出てて、作った映画にはスターウォーズ的演出があり笑ってしまった。

大人たちはブリグズビーを取り上げようとするけど、それがあったから他の人と繋がれてるし生きる活力だし。
パーティーに馴染むスピード感すごすぎるけど、これもブリグスビーのおかげ。
クマの着ぐるみという「子供じみた」ものじゃなければこんな扱いされなかったんだろうなあ。

(エイプリルだけどうなったかわからないのが気になる)
May

Mayの感想・評価

3.8
終始ポップでテンポが良いのにテーマというか設定はめちゃくちゃ重くてよく考えるとびっくりする
ブリグズリーベアの番組はクセになってしまうなあ

みんなはJamesからブリグズリーベアを取り上げようとするけど結局ブリグズリーベアによって社会に馴染むという

Jamesが基本ずっとポジティブで全く悲観的にならないところが見ていて安心だった。
普通に25年育ったところが監禁部屋だった、親は誘拐犯だった、唯一のブリグズリーやネットの友達も親で存在しないものだったって一気に知ったらあんな平気でいられないし初めてのパーティ、25歳にして初めての他人なのに接し方のコツ掴むの早すぎてもはや羨ましい

親の葛藤も複雑ですね しかし25年後に突然戻ってきた男を息子として愛せるものなのでしょうか。妹にとってはただの知らん25の男がいきなり家に住み始めるんだからそりゃああなる(笑)
25歳のジェームスは、物心ついたときから外の世界を知らず、小さなシェルターで両親と一緒に生活してきた。
毎週ポストに投函される教育ビデオ“ブリグズビー・ベア”を見て成長してきた彼は、映し出される世界の研究に没頭する。
ある日、突然ジェームスは警察に保護され、衝撃的な事実を知ることになる…。


面白い発想だな〜☺️
テレビ番組「ブリグズビー・ベア」しか知らず、それが全てだった一人の青年の成長と再生の物語です。
周りがみんな温かい。
元両親も含め、底意地が悪い人は一人も出てこない。それがすごく良かったです。

ジェームズは、見た目はオトナ。頭脳は子ども。
けど、気味悪がったり面白がってからかったりせず、それどころか一緒に「ブリグズビー・ベア」の映画制作を楽しむ友人も素敵だし、バレたら始末書モノなのに押収品をジェームズにこっそり返した刑事さんもカッコいいし、複雑な心境を抱えながらも最終的にはジェームズの意思を尊重した本当の両親にも頭が下がる思いでした。

周囲が、ジェームズを否定せず、受け入れ、彼の意思を尊重したことにより、ジェームズは大人の階段をゆっくりと昇り始めることができたのではないでしょうか。
肯定と受容こそが、再生と成長に繋がる最も重要なプロセスなんだってことを再確認しました。



ただ、映画制作がトントン拍子に進み過ぎてて、その点はちょっと不満でした。
そんな都合良く行くかーいw

あと、劇中番組「ブリグズビー・ベア」がどんな物語なのか結局最後までよくわからなかったです。
次の冒険で会おう。

父さんがいて、母さんがいて、宇宙の平和を守るブリグズビーがいて、世界は安心だった。でも、産まれてすぐ僕がそうされたように、人生のすべてが奪われて、世界は激ヤバになった。僕はここでははみ出し者だ。

理想とはほど遠くても、その変化を認めること。

フェルドモーティース

〈メモ〉
第33回サンダンス映画祭に正式出品され、その独創的なキャラクターと内容で話題となった本作。
あの「サタデー・ナイト・ライブ」の人気コメディアン、カイル・ムーニーが原案・脚本・主演を務め、
同じく同番組の演出家のデイヴ・マッカリーが監督した彼らの長編デビュー作品!
「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役でお馴染みのマーク・ハミルも出演。

2021-172
面白いコンセプトで、クスッと来るシーンも多かったです。
ただ割りとご都合主義と言うか上手く行きすぎ感が否めませんでした。
あとなんとなくリトルランボーズ風。
>|