ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—。 ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。 子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。 少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、…

大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—。 ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。 子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。 少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…。

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

maico

maicoの感想・評価

3.9
おとぎ話のように輝く素敵なお話。
他のものには目も向かないくらいに大好きで大好きでどうしようもなくて止められないココロってのは、恋愛だけとは限らないよ。

刑事さんのお茶目さに劇場内ゲラゲラ笑いが出たのもプラスであります(^^)笑
へい

へいの感想・評価

3.9
リトルミスサンシャインのアナザーストーリーのような、人間愛、映画愛に溢れる作品でした。
なつ

なつの感想・評価

4.1
予告での設定に惹かれて一緒に観に行った人にはくまのプーさんの実写版的なやつだよとか適当言って連れて言ったら凄い満足してて良かった。私も凄く満足の映画でした。
設定から絶対面白いのは分かってたが、号泣もしないけれど余韻でずっと涙目で暖かい気持ちになる。この気持ちはなんだろなぁ
ふと、ルームとは真逆の作品のようでどこか通ずる物がある気がした。
おとぎ話のような質感。ふつうならば描かれそうな苦悩がほとんど映されないなか、唯一、評価されることへの恐怖だけはリアリティを伴って描かれていたのが印象的だった。映画を作ることの楽しさが無邪気なまでに描かれていてよかった
Rumi

Rumiの感想・評価

3.7
見た人はきっとやさしくなれる映画。

ブリグズビーベアのテーマソングが頭に残り、他の映画とは少し違う空気がながれているように感じました。
創作することに対して、人の評価を気にしていたらなにも生まれないというメッセージをストレートにくれるのはなんだか温かかったです。
Nunn

Nunnの感想・評価

3.8
テンポよかったです。ストーリー的に笑いの量はこんなものかなと。
妹が本当好きだった
極端にしてるだけで誰もが持ってる子どものような心を肯定してくれる物語
Koji

Kojiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジー映画のような夢のような優しい世界でほっこりして、最後に少し前向きになれる映画。
価値観や常識の違いを抑えつけるように否定しないで尊重しようという近年よく見るテーマのように感じたが、脚本の妙によって唯一の雰囲気を作り出している。

ジェームズは所謂一般的な常識を持たずに育っていないために頓珍漢さが面白く、時々ハッとさせられるようなことを言う。
好きなのに諦めてしまったの?という言葉は心に刺さる人は多いだろう。

ジェームズのこれからを仄めかすなラストの演出のお陰で希望と救いをもって映画を観終わることができ、最後まで優しい世界に浸ることができる。

作中のブリグズビー・ベアそんなに面白のか見てみたい
マークハミル出演に対するスターウォーズパロディが良い
Pierre

Pierreの感想・評価

4.3
外界で空気を吸ったあと、彼のグラスが怪しげに輝くのが印象深い。
BG

BGの感想・評価

4.5
超好き!なんじゃそらって設定のお話なんだけど、幸せな気持ちになれる"赦し"と"癒し"の成長物語。シリアスとユーモアの匙加減が絶妙で、ハッピーな中におぞましさを孕んでいるバランスがお見事!
自己肯定から創作を通じて世界を変える。映画好きにはぜひ観て欲しい作品!人間って、いつだって孤独かも知れないけど、何かを通じて誰かと繋がる時、そこには新たな可能性が産まれるんだぜ?
他人との繋がりに愛が生まれるんじゃなくて、愛によって人は繋がっていけるんだなあ。ジェダイだって、フォースがなくても愛と力を手にすることができるのさ!
>|