ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

あらすじ

大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—。 ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。 子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。 少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、…

大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—。 ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。 子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。 少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…。

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

なつ

なつの感想・評価

4.0
キモ要素強めのキモ可愛のクマ。
ブリグズビーベア🐻
舌噛みそうだったから受付で『くま一枚下さい』て伝えたら、通じた!
なんなんかなぁこれ、嫌な要素がなくて、心地よく楽しめた。
するりと綺麗に進む展開も素直にスッと入ってくる。
映画のキャラに救われたり、夢を見させて貰うことは多い。
そんな夢や希望、感動をバカにする権利なんて誰にもないはず。
(あの精神科医めーー)
それと色んな価値観、個性をお互いに受け止めたいよね。
作り手にも沢山の想いがあってこそ…
あらためてリスペクトしたいな。
映画愛に溢れてた。
Busceo

Busceoの感想・評価

3.9
八日目の蝉やルームっぽい設定の割に被害者ケアや実の親側視点がごっそり抜けてて前半はなんだかなあと思いながら見てたんだけど、中盤以降の「創作物を見る側が得られる救い」と「創作することによるセラピー、浄化」両サイドの描き方がすごく良かった。自分が幼い頃創作物にいかに色んなことを教わったか、そして創作することがいかに楽しくて何を得られるかを実感させてくれる映画だった。

にしても偽父のクリエイティヴィティと財力すごい。その一方でチラシに毛が生えた程度のパンフが540円はヒドイ!
honshunb

honshunbの感想・評価

4.0
俺たちポップスターのアンディサムバーグでます! サリンジャーの小説とか好きな人は絶対すきになれる切ない最高な映画でした!
1900

1900の感想・評価

3.8
普通が普通じゃなくなること。

ブリグズビーベアが彼にとっての普通であり、常識だった。
ただそれは世間に出たら普通じゃないもので、非常識だった。

これは恐ろしく怖い。
自分がやってきたことを否定され、圧倒的な絶望を覚える。
悲しみとかではなくパニックに陥る。

ただジェームズは違った。
彼は自分にとっての普通に周りを巻き込んでいく。
こうして世界を変えていく。
hiroshi

hiroshiの感想・評価

4.1
普通に日常を送る人からしたら、25年間監禁されてた人の事をかわいそうだと思うだろう。ただ、本人からすれば自分の事をかわいそうだとは思わないし、第三者と当事者では思ってることが全然違う。
なんか、「ルーム」を見てた時にもこんなことを思ってたかも……

ただ今回は25歳ということで普通に大人。ジェームスがやっていることや発言は世間的に見れば、幼稚・非常識といったことが多いが彼はそんなのを気にしない。
ただ自分のやりたい事をやる。夢を追いかける。まるで子供のように。
そんなジェームズにみんながどんどん惹かれていく。

やりたい事をやってる人は本当に素晴らしいと思う
あい

あいの感想・評価

3.4
ファンとしての純粋な“好き”がものづくり(作品づくり)への情熱にかわっていく瞬間がきもちよくて、まぶしい!
最近問題になってた、作者の人間的な善悪が作品の価値に影響するのか?のはなしでもあった。
小林

小林の感想・評価

3.9
2018/6/23 46本目 渋谷ヒューマントラスト

徹頭徹尾、悪い人が一人も出てこない。設定から想像されるマイナスな要素(阻害とか孤独とか嘲笑とか)、そう言うのが一切なくて、ともすると嘘くさいけど、まぁファンタジーと思えばアリかも。

それはともかく随所に見せる全年齢向けギャグが笑えた。ホッコリするし笑えるし、概ね文句なし!!
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

4.0
もしかすると、物語の力が~みたいな線で読むべきなのかもしれないのだけど、私はマイノリティの受容の話だと思って観ていたのであった。
選択の余地のない呪いをかけられ、その呪いが人格と不可分に絡み合う。加えて、25歳としての経験を積むことのできなかった25歳。周囲は彼にかけられた呪いに病理を見出している、だけど、人格と「病理」を切り離すことは困難だ。
観客である私たちは、ジェームスの置かれた状況を理解すればこそ、彼がそこから抜け出せないことを了解できる。では、シェルターにおける彼の暮らしを見なかった人間はどうだろうか。彼に25歳としての振る舞いを、たとえ頭では無理だと理解しても、期待してしまう。それが彼の家族であったのだろう。
してみればこの映画は、自らの責任ではない瑕疵について傷つけられる人間がいかに理解を勝ち取り、受容されていくかという話であり、つまりはマイノリティの変奏であると見ることもできるのではないだろうか。それは人格とは不可分であるために矯正の対象ではないし、本人が幸福に暮らすためには周囲の理解が不可欠なのである。
この映画において、ジェームスの核は最後まで何ひとつ変わっていない。これはジェームスの物語ではなく、ジェームスの周囲の人間がいかにジェームスを理解し受容するに至ったかという、彼らの物語であったのだと私は考えている。
dita

ditaの感想・評価

4.5
@シネ・リーブル梅田

あぁもう大好きだ…もともと映画をつくる映画が好きなのもあるけど、その人の好きなものを他人が否定しないことって、創作の世界だけじゃなくて社会においてとても大切だと思う。想像が現実に追い付き追い越した時に生まれる奇跡は愛に満ちている。

映画に限らず、物語や創作物、言葉や音楽に救われる経験って誰しもあると思うけど、わたしはそれを人間の「核」だと思っていて、幸運なことにわたしにもその核があって、生きるのが辛い時はいつもその核を心のいちばん奥から引っ張り出してくる。それは決して現実から逃げることではなく、そこからまた始めればいいし辛くなったらまたそこに戻ればいいと思っている。わたしはいつだってその核に救われてきた。

ジェームスにとってのブリグズビーはまさにその核で、たとえそれが許されない行為から生まれたものであっても、そこには確かに愛情があって、彼が信じてきたものは否定されるべきではない。
創作者が罪を負ったら作品も罪になるのかというある意味タイムリーな話題への答えもこの映画にあると思うし、わたしはこの映画の答えを全力で肯定したい。
だって、わたしはわたしの観たものを信じてわたしが感じたことを信じていきたいから。

以下余談↓
窓口でタイトル言い間違えないか問題については、電光掲示版をガン見しながら、「ブ・リ・グ・ズ・ビーベア」って言うたらスタッフさんも同じ口調で「ブ・リ・グ・ズ・ビーベアですね」って返してくれたから大丈夫やで!あとなんでTシャツ売ってへんねん…作ったら観た人の8割は買うやろ。
基本、悪い人が出てこない映画。マーク・ハミルが良いね。あとは主人公に共感出来るかだと思う。オタが語るのを、引いて見ちゃう感じ。楽しく観れたけど、ちょっと甘いかな。
僕にとっての「ブリグズビー・ベア」は音楽=Rockで、この映画の曲はイマイチだから、ピンと来なかったのかも。
>|