ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価・動画配信

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

映画猿

映画猿の感想・評価

4.0
傍から見たら誘拐犯でも自分にとっては25年一応愛をくれた両親だし、治療の過程で除去の対象になるような洗脳道具も自分にとっては世界を形成してくれたヒーローであって、普通とか正しさを押し付けることは改めて暴力だと感じた。
まあこの映画はそういう暴力性を批判的に描くことをメインテーマにしたものではないと思うけど。

主人公を誘拐した夫婦含めて悪い人が出てこない。
 
みんないい人 
世界がこうだったらいいのに、というような、ある意味幻覚を見ているような映画。

見たあとしばらく余韻に浸るためだけに夜の道を散歩した。

ストーリーが単純だったり演出がチープだったとしても、どうしょうもなく惹かれる映画にたまに出会えるけど、これもそんな映画の一つ。
164

164の感想・評価

4.2
自我も芽生えていない子どもの頃に誘拐され、教育アニメ「ブリグズビー・ベア」だけを見て育ったアニメオタクの25歳青年。ある日、誘拐した両親が逮捕されて本当の両親に引き取られることになる。
はじめて外の世界に触れることになった青年の行く末は…。

まず、この設定だけで既におもしろい。
なんとも言えない可愛さがある熊さんも魅力的であり物語の中心的な存在。

フィクション好きを全肯定してくれるとっても優しい作品。

好きです。
ななこ

ななこの感想・評価

4.8
気持ちがざわざわして眠れなかったので、夜中に誰にも優しくされたい気持ちで鑑賞、最高です!
人間

人間の感想・評価

4.2
ジェームズの真っ直ぐさに心打たれる。
登場人物みんながあったかい。ひたすら幸せな気持ちになれる映画。
さかこ

さかこの感想・評価

3.6
おれの映画ではなかったけどよかった
劇中劇ブリグズビーベアをもっと見たい
momoka

momokaの感想・評価

4.5
めーーーっちゃいい!
道徳的なことはぜーんぶ、さておいて。なの!

ブリグズビーベアがすべて!!大切なことは彼が教えてくれたんだもの。
sasa

sasaの感想・評価

4.1
誘拐事件の"その後"を描いた作品の中でも、かなりポップでハートウォーミングな作品。はからずも現在の自分を形成した過去を封印せず、ひと続きの人生の一部として新しい世界に踏み出す点がユニーク。
ポップな表紙に騙されたけどとんでもない設定やった
結果良い話過ぎて満足
スターウォーズでルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルの演技が光る。ルーク役の印象があまりにも強すぎたことで、すこし不幸でもあったかもしれないご本人のストーリーを勝手に想像してしまい、切なくなる。
若い頃は演劇に夢を抱いていた刑事が、リトル・ミス・サンシャインのやさしいお父さんやってた人(グレッグ・キニア)で、ほんといい人役似合うよなーと感心してしまった。
あと、スペンス…いい奴すぎて泣けてくる。
過去も含めてその人だと、肯定というか
受け入れるのは本当にむずかしいけど、改めて尊いことだと思った
>|

あなたにおすすめの記事