ノッティングヒルの恋人の作品情報・感想・評価・動画配信

ノッティングヒルの恋人1999年製作の映画)

Notting Hill

上映日:1999年09月04日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ノッティングヒルの恋人」に投稿された感想・評価

なこ

なこの感想・評価

4.2
序盤のクッキーモンスターの件からもう大好き🍪ずっと口角緩みっぱなしだった。
日本語訳が、なのか分からないけど言葉選びが素敵すぎる。

アナが🍿投げるとこ可愛すぎて🎬!
憎めないスパイクは”our “hero◎
極めつけは“Indefinitely.”で、
ガッツポーズとハイタッチ🤚

🎁ハナキ
omoridesu

omoridesuの感想・評価

4.4
最高にピース
有名になりたきゃ、人殺すかラッパーになるか、女優と結婚するか
やまとなでしこの原型
ヒューグラントの切なさが痛いほど刺さる
友だちを大事にし、その恋人のことも大事に出来る彼、眩い彼女
最後が毎回嬉し泣きで終わる名作

このレビューはネタバレを含みます



最後の記者会見でローマの休日おもいだしたなぁ
精神的なつながりだけでなくて、一緒にいられるハッピーエンディングはいいね

どこまでも優しい男性と自然体で自分中心で美しい女性ていいなぁ
てつ

てつの感想・評価

3.8
素敵な映画。
こんなことあったらいいな〜って考えながらドキドキしてました。
なんてったって最後の会見シーン。
家にあった謎の舞妓のポスターは何?
レビューしてなかったけど、これも傑作だなぁ…。

リチャード・カーティスさんの脚本は、本当に大好きです。

最後はみんなが幸せで、キスが印象に残るんですよね。凄く幸せそうに描くので。

愛ですね。
酒井

酒井の感想・評価

4.0
She May be the reason I survive
(彼女は僕が生きる理由)
The why and wherefore I'm alive
(僕の生き様で 生き甲斐)
The one I'll care for through the rough and rainy years
(険しい歳月を経て 想い続けるたった1人の女性)
Me I'll take her laughter and her tears
(彼女の笑い声も彼女の涙も 受け止めて)
And make them all my souvenirs
(記念にとっておきたい)
For where she goes I've got to be
(彼女の行く所へ着いていきたい)
The meaning of my life is
(僕の人生の意味 それは)

素晴らしい映画には素晴らしい音楽がつきものだけれど、ノッティングヒルの恋人は格別。

わたしが男性だったら、アナやサラ(スウィート・ノベンバー)やサマー(500日のサマー)のような
掴みどころがなくていつも振り回されて簡単に振り向いてはくれなくて芯があるけれど脆くて弱い女性に、
恋心も人生も鷲掴みにされたい。
聖地行きたいほど好きな映画。
Elvis CostelloのSheもずるいし、Hugh Grantのたれ目もずるい。
シュールに面白くて、あたたかい。
途中退屈だけど最後までみてよかった〜!
>|