ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

as

asの感想・評価

4.3
イタリア旅行前にやはり観ておかないと!🇮🇹

各名所を回る観光映画なのはさておき、オードリーが可愛すぎてとても好きです。
さすが、名作✨
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
久々の視聴。いろんなところでよく見る有名なシーンが多く、「久しぶり」感はなかったですが、2人が出会ってから翌日にデートに繰り出すまでがやけに長いのが意外でした。

ただそこからはオードリー・ヘプバーンの魅力全開。ヘアカットや真実の口のシーンなど、見所はありすぎるくらいあります。コメディの部分も、タクシーの運転手やカメラマンとのやりとりなど、愉快なシーンが多いです。

ただ、見終わってみると、ラストの哀しさの余韻のほうが強く印象が残るのです。決して結ばれることのない2人の悲恋。物語は2人の未来に何の示唆もないまま終わります。ディズニーライクな「お姫様物語」といううわべに騙されてはいけませんね。
Sarasa

Sarasaの感想・評価

-
身分違い期間限定の恋。
最後のインタビューはの場面繰り返し見たい
赤鬼

赤鬼の感想・評価

4.8
もう何百回と見てきた作品だけど、今見てもこんなに新鮮に感じられて、感動出来る。これは本当に凄い事だと思う。もう見なくなって随分経つはずなのに、どのカットもどのカットも全部、頭の中のぼやけていたピースにカチッと嵌るみたいに驚くほど明瞭に見れたのだ。各年代毎に感動出来るポイントが違うのもこの作品の魅力だと思う。それこそ幼稚園ぐらい頃に父に見せてもらった時は、可愛らしいオードリーとカッコいいグレゴリー ペックの1日だけの、一生忘れないラブストーリーに夢中になったけど、高校生の頃は自分の一生をこんな歳から決められてしまうなんて恐ろしい…と、ラブロマンスどころかホラーじゃない!と思ったけれど、今はまた好きになってる自分がいる。2人は私が思ったよりもずっと大人だったと言う事なんだろう。

このレビューはネタバレを含みます

髪の毛を切るシーン
「More!!……More!!」
可愛くてとっても魅力的でした。

幸せな時間の思い出とお互いがお互いを大切な存在だと心の中では想っているのに一緒にいることはできない、きゅっとなる切なさを感じました。

このレビューはネタバレを含みます

白黒なのでだいぶ見るのを渋っていましたが、ようやく鑑賞しました。

思っていたよりも、ハチャメチャでコミカルなシーンがあって驚きましたが、お互い身分を隠し24時間だけのデート後半の成就しない恋、切なかったですね、色褪せないいい作品でした。

Ps. オードリーヘプバーン綺麗ですね
ま

まの感想・評価

3.8
モノクロでも華やかなオードリーヘップバーン素敵

真実の口のイタズラが個人的にツボすぎて何回もみたww

最近の映画見てると、どんでん返しとか奇抜なオチを期待してしまいがちだけども、これはこれで余韻があるいい終わり方
二人とも互いの立場を全うしたってことで
ジョーとアン王女いつかまたどこかで会えたらいいね

なによりもアービング振り回されすぎててワロタ
なおき

なおきの感想・評価

4.0
あかーん!真実の口に手食われてもうたー!!からのウソよね〜んwww
の流れは一度してみたいと思いました。
ほんとにかわいい。ピュア。きっと良い恋が必ずしもハッピーエンドとは限らないんだろうな〜と思いました。
時代が移り変わっても受け継がれて欲しい名作。オードリー・ヘプバーンが演じるアン王女とグレゴリー・ペック演じる新聞記者ジョーのたった1日だけのローマでの幸せなひと時。一国の王女が普通の事をして素の自分を知った人と淡い恋をし、元の場所に帰って行く。オードリーの無邪気な愛くるしい表情と王女に戻った時の気品と落ち着きの有る表情、素晴らしくて涙が出ました。
>|