ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

ねね

ねねの感想・評価

4.0
切ない…
でもお互いに身分の差を分かってて、好きだけどちゃんと我慢するところが大人だし現実的。
オードリー・ヘプバーンが綺麗で、特に嬉しそうな顔がかわいい☺️
Ari

Ariの感想・評価

5.0
すごく好き。この作品でオードリーを好きにならないはずがないってくらい、キュートで美しい彼女の姿がたくさん見れる。
憧れるなーこういうの(笑)
めい

めいの感想・評価

4.2
すごくキュンキュンした。ほんとにオードリーが可愛らしくて見ていて癒される。グレゴリーペックもすごくカッコよくて絵になる2人だった。とにかく2人のローマ巡りがほんとに美しくてローマに行きたくなった。
たがし

たがしの感想・評価

4.2
最高、
やっぱり名作は観て良かったなと思わせてくれる!

オードリーヘップバーン
ティファニーのときの印象があんまり良くなかった分
今回は可愛いく感じた。
あれは、誰もが王女に恋する。

有名なシーン目白押し。
でも、こんな話だったのか。
なんであそこまで
割り切れる。。。

ヒッチコック笑った。
あのライターは日本製らしい。

このレビューはネタバレを含みます

笑えるしアン王女がかわいい!

最後の終わり方もよかった!少し悲しいけどあの終わり方だったからこその名作。

写真の使い方も、とってもほっこりした
Rui

Ruiの感想・評価

4.7
【余談】
今、夏休みということで映画をものすごい量観ています。宿題が、、笑
余談失礼しました、初投稿。


学生ということもあり、周りは、恋愛に浸っています。その中、恥ずかしながら私は、画面の向こうのオードリー・ヘップバーン演じるアン王女に恋をしました。

とても、キュートで最後は切なくなる作品です。私は、10代で、周りの人で「ローマの休日」を観たことあるという人はほとんどいません。やっぱり、私たちからしたら観る機会というのはあまりないのかもしれませんが、ぜひ、同世代の人にも観て欲しい作品です。永遠の傑作。


誰しも落ち込んだりすることがあると思います。私もあります。私は、日々オードリー・ヘップバーンの名言に救われています。


Nothing is impossible.
 the word itself says 'I'm possible'!

「何事も不可能ではない。
 この言葉自体がそう語っている。
 'I'm possible'!(私は可能だ。)と!」

-Audrey
みずき

みずきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オードリーがひたすら美しい。衣装も素敵。カメラマンの友人が良いやつだよな〜!
「振り返らないでね」と言って城に戻るアン王女は切ないけど、
正直、二人は何に、いつ惹かれあったの?初めアン王女は非日常に、ジョーは大金になる特ダネに惹かれていたはず…私が読み取れなかったのもあるが、もっと丁寧に描写出来たのでは?と思ってしまった。
なぜか『Before Sunrise』が観たくなった(笑)
con

conの感想・評価

4.2
オードリーヘップバーンがぴょこぴょこ動いてて可愛かった。無茶なことをしているわりに仕草や表情が上品で、こりゃ憧れちゃうよ〜。
前にちらっと最後だけ見たときはつまらなかったけど、初めから全部見たせいかすごく楽しかった。王女様がそんなことを!?って笑っちゃうシーンも多くて、忘れた頃にもう一度観たい。
whitelily

whitelilyの感想・評価

4.3
過去鑑賞作品を久しぶりに。

王女さまは籠の中の鳥。毎日毎日美しく着飾り笑顔を振りまいてスケジュールをこなす日々…。

一日くらい楽しんだっていいじゃない!

ローマの都とオードリーの魅力がたっぷり詰まった作品。この作品に出会ったとき、アンの美しさと可愛らしさと笑顔に心を持っていかれました♡

コロッセオの暴走、真実の口、船上のダンスパーティー……有名なシーンはたくさんあるけれど、やっぱりラストが印象深い。薄ら涙をたたえたオードリーの最高の笑顔。

ジョーが一度だけ振り返るのよね…未練たらたら笑
そのまま出ていってくれてたら、こんなに切なくなることは無いのに。アンは振り返らないのよ、決して。
Keita

Keitaの感想・評価

4.8
何度観ても飽きない不朽の名作。オードリーがひたすら可愛い!そりゃ王女見たさにみんな集まるわ。真実の口のシーンは知っていても微笑んでしまう。終わり方も2人の表情から色々な感情を読み取ってしまう刹那さが気持ちいい。
>|