ローマの休日の作品情報・感想・評価・動画配信

ローマの休日1953年製作の映画)

Roman Holiday

上映日:1954年04月21日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

mai

maiの感想・評価

4.4
白黒なのに全てが美しかった〜〜
真実の口に手を引き込まれるシーンは
アドリブと知り、ヘプバーンの素の反応に
萌える。
スペイン階段でローマの休日ごっこしようと
思ったら完全飲食禁止で悲しかったのが
懐かしい思い出。またいつかローマ行きたい

このレビューはネタバレを含みます

オードリー・ヘプバーンの可愛さ満載。ローマの建物や服装、文化も垣間見れる。ストーリーは、コミカルでリズミカルな感じで、最後の視線で会話するところが良き。
突然観たくなってみた、いつ見ても最高。

オードリーヘプバーンの映画を観に行かなきゃとずっと思っているけれど、片道2時間がダルすぎて、また見逃すかもしれない。
サト

サトの感想・評価

3.9
白黒映画は初。白黒なのにオードリー・ヘップバーンの艶やかな肌の美しさが素晴らしかった。美容室のシーンが1番好きかな。結末だけは私的には綺麗に終わっていて好き。

さんまさんのCMで起用シーンは家族と思わず笑いました。
12sk

12skの感想・評価

3.7
素敵で美しい映画。確かにこれは名作と言える。オードリーヘップバーンが美しすぎる。
オードリヘップバーンの美しさが際立っていて、白黒なのに楽しい映画だった。
だんだん仲良くなってくの微笑ましく、キュンキュンした!スクープ狙いの設定は予想外だった笑

最後の記者に挨拶するシーン、アイコンタクトだけなのにドキドキだった  

ローマ行きたいな〜
しろ

しろの感想・評価

4.8
なんでなん〜
て言いながらワンワン泣くやつ
何年経っても同じ
こんなシンプルなギミックに毎回泣かせるのんなんなん 悔しい いい映画あ
さすが、名作は名作、有名なだけあって素晴らしい、、!
集中力がない自分でも、自然に見進めていったらあっという間に終わった。
なんでかな?
話が単純で分かりやすく、展開が早くて退屈しない。
オードリーヘプバーンってこんな綺麗な人だったのか。
グレゴリーペック、セクシーでカッコ良い。。
王女はとても可愛くて、気位が高くて
本当の意味のお育ちの良さを感じる。
2人が過ごす怒涛の一日が一日に感じないほどギュッと詰まっていて、キュンとする!
このお2人が実際に付き合っててくれたらいいのになーと思った。
最後は切ない。余韻のある終わり方も、オシャレで昔の作品と思えない、、。
book3本

book3本の感想・評価

3.8
ヘップバーンが可愛いだけかと思いきや映画として上手いなーと思った。しかもこれが古の白黒映画時代に
ayaka

ayakaの感想・評価

3.0
いっっっちばん大事なシーンに音楽を入れてないの拍手👏

この切なさが分かる人生で良かった
>|

あなたにおすすめの記事