ローマの休日の作品情報・感想・評価・動画配信

ローマの休日1953年製作の映画)

Roman Holiday

上映日:1954年04月21日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

たま

たまの感想・評価

3.5
Roma 訪問前に飛行機の中で鑑賞。美。
Romaでの感動が倍増。
あざみ

あざみの感想・評価

4.5
オードリーが魅せるローマ観光案内にもなる、ロマンス映画です。こんな一日をローマで素敵な人と過ごしたい

このレビューはネタバレを含みます

●鑑賞理由
名作としてネットで紹介されてたため。そして、オードリー ヘップバーンは小さい頃から知ってたし、その時から圧倒的なオーラを持つ上品で美しい女性だと思ってて、興味があった作品だったから。

⚪︎ショートカット最高だった。時代を感じる少し癖のあるショートだったけれど似合ってた。

⚪︎笑顔がすごく自然な人だと思った。無理やり感がなく、上品で美しさとかわいさを備えた笑顔。終盤のシーンの真顔から笑顔になる様子が描写されているシーンが印象に残った。

⚪︎「真実の口」が出てきたシーンは懐かしさを感じた
➡️小さい頃、嘘つきだったら本当に手が食いちぎられると信じてたのを思い出した

⚪︎あんなに美人で、天真爛漫な人とデートできたらいいな〜とシンプルに羨ましいと思いながら見てた。

⚪︎エンドロールないんだってびっくりした
➡️自分はエンドロールない方がなんかいいなと思った。作品が終わったら自分なりに余韻に浸りたいから、音楽ない方が自分は好きだと感じた。

⚪︎白黒よかった
➡️目が疲れない。なんかストーリーにスッと集中できる感じ。色から来る刺激が少ない分、他のところに集中できる気がした
Taiga

Taigaの感想・評価

4.4
イタリアからの帰り、やはり観てから行って良かったと強く思う。
70年ほど前の作品とはいえ、スクリーンに映るヒロインの美貌やローマの街並みは全く色褪せていない。(モノクロだけど)
あのね、色付いてんのよ(モノクロだけど)、それくらいに美の熱量を感じる。
現在のスペイン広場はアン王女のようにジェラート食べるのも禁止だし、座ったら罰金取られるから夢ねぇけど、映像の中のローマには沢山の魅力が詰まってます、卒業旅行のお供。
Eita

Eitaの感想・評価

4.6
結構ビターテイストな話だったのには驚いた
最後のショットは秀逸
だいち

だいちの感想・評価

4.7
恥ずかしながら、始めから終わりまで全部観たのは今回が初めてでした!
新聞記者の強みを活かすシーンやフィルムの現像など、幼い頃は理解できない面白味が散りばめられていて、何度観ても楽しめると思いました!
ほの

ほのの感想・評価

4.1
眠くなるけど面白い。オードリーヘップバーンのウエスト細すぎ。古着欲しくなる。
ゆい

ゆいの感想・評価

4.0
2度目の鑑賞。大好きな作品。
ストーリーも面白いが、
オードリーヘプバーンが本当に可愛く美しい。
髪型や衣装は変わるが全て美しい。
どうしてあんなにウエストが細いのか。
歳をとってからも美しく、特別な人だと思う。

グレゴリーペックも上品でかっこいい。

ラスト王女の自覚を持ったアンが良い。
結末は切ないが、あれで良かったのだろうと思う。
ううううう〜
50年代フィルムの最高峰!
モノクロなのにここまで華やかさを引き出せるのなんで〜
ローマの階段でアイス食べる名シーンはやっぱり可愛いね
王女の立場を自覚して、帰ってから召使いに反論するシーンが好き。カッコいい。
かっぱ

かっぱの感想・評価

3.6
オードリー・ヘプバーンは、もちろん可愛いけど、グレゴリー・ペックがかっこ良い!!
セリフが少ないのが印象的で、最後の終わり方が表情で会話している感じだったり、彼と握手で終わりってところがとても素敵な終わり方だった

ローマで行った所が所々わかって、あぁ、ここ行った!!ってなって嬉しかった!
>|