ニューヨークの恋人の作品情報・感想・評価・動画配信

『ニューヨークの恋人』に投稿された感想・評価

メグ・ライアンがひたすら可愛く、ヒュー・ジャックマンが紳士で格好いいです。眼福の映画です。
チバ

チバの感想・評価

4.8
え??めっちゃ面白いよ???!

紳士なヒュー・ジャックマン、ホレる。
紳士すぎて!!

メグ・ライアンはかわいいし、ヘアスタイル抜群で!!

全然もう1回見れます。みたい。
このロマンチック大好き。
ay

ayの感想・評価

3.4
19世紀の英国紳士が現代のニューヨークにタイムスリップする話。みんなあんまり人の話を聞かない。
19世紀の英国貴族が現代にタイムスリップしてきて現代で恋に落ちる恋愛ドラマ。

ヒュー・ジャックマンが少女漫画に出てくるようなザ・英国紳士でかっこいいけど時折19世紀と現代の変化に戸惑うところもコミカルに描かれていて良い。

橋から飛び降りたらタイムスリップできるっていうよくわからない設定でしたがラストはこの設定が活きていて、ロマンチックなファンタジーとして楽しめます。
no

noの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ツッコミ所は多かったが、普通に楽しめた
冷静に考えたら絶対過去に行かないよね
職を失って家族もいなくて未来に希望が持てないから、唯一愛する人のいる過去に戻るっていうならわかるけど、いい地位も手に入れて、いい家族もいて、まだ30代?で全然恋人見つけるチャンスなんてあるのに一時の感情でそれら全てをかなぐり捨てて過去に行くのはあまりにも…
でもまぁなるべく不自然にならないように努めてはいたからマシ
もちお

もちおの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

 初観賞です。
 字幕版です。

 レオポルドが素敵でした。
 演じていたヒュー・ジャックマンさんの魅力が詰まった作品だと思います😊
 一方、気になったところがいくつかありました。

①良かったところ
・レオポルドの魅力
 物腰が柔らかく、教養があります。
 また、間違ったことをすれば、ちゃんと謝罪をします。
 白馬に乗って、ひったくりを追いかける姿が特に印象的でした。
 これぞ紳士という感じでした。
 レオポルド役のヒュー・ジャックマンさんが素敵でした✨

・理想を追い求めて
 ケイトはくたびれています。
 仕事に疲れ、恋愛には臆病になっていました。
 そんな彼女がレオポルドと出会い、人生に喜びを見出だす姿が素敵でした。
 一方、レオポルドがケイトを好きになった理由はよくわかりませんでした。
 しかし、本作の場合、レオポルドがケイトに惹かれた理由は重要ではないのかなと思います。
 本作のメインは、ケイトがレオポルドとの交流を通して、希望を見出だす点にあるので。

・ヒュー・ジャックマンさんとリーヴ・シュレイバーさんの共演
 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』を思い出しました。

②少し気になったところ
・エレベーターに乗ろうとして、落下したスチュアート
 怪我で済まないのではと思いました。
 結構な高さでしたし。
 ただ、スチュアートが亡くなると、終盤に話が進まなくなりますが。

・スチュアートの病院描写
 精神科で治療を受けるのは、やり過ぎな気がしました。
 病院から出られなくするためだと思いますが、身体の怪我で入院しているという描写で十分だったと思います。
 また、看護師の1人がスチュアートに同情していましたが、違和感がありました😅

・まずいバター
 石鹸みたいと評されていました。
 レオポルドだけでなく、ケイトもまずいと言っていました。
 「そんなにまずい商品を売り出すかな?」と疑問を抱きました。
 やりたくない仕事をやっているケイトを表現するためだとは思いますが、「現代社会で働くことを悪く描きすぎでは。」と気になりました。

・かつてのレオポルド宅の鍵は?
 現代に来たレオポルドがかつて住んでいた家に入るシーンがあります。
 あっさり入っていましたが、「鍵はどうしたのかな。」と思いました。
 博物館として公開されているのかと思えば、ケイトは「人の家よ。」と焦っていましたし。

・スチュアートが撮った写真
 ケイトはスピーチ台で写真を目にします。
 たまたま広がったにしては、きれいに写真が並んでいました。

・ケイトがレオポルドのダンスに間に合っていない点
 スチュアートの撮った写真との矛盾が気になりました。
 写真に映っていたケイトは、レオポルドが花嫁候補たちとダンスをしている場面にいます。
 一方、ケイトが屋敷に現れた時には、既にダンスが終わっていました。
 レオポルドが結婚相手を発表するタイミングです。
 「写真のケイトは一体……」と思いました😅
 たしかにケイトがギリギリで間に合う方が映画として盛り上がりますが。

・スチュアートとチャーリーの今後
 ケイトが飛び込む直前に、警察に呼び止められていました。
 ケイトは過去に旅立ちましたが、「残ったスチュアートとチャーリーはどうなるのだろう?警察にいろいろ聴かれてしまうのでは?」と少し気になりました。
 個人的には、裂け目を目指して走るケイトたちの姿で十分でした。
 「こんな危ない場所を渡れるのか?」の展開は要らなかったです。

③時間の裂け目
 時間の裂け目に飛び込むとタイム・トラベルができるというお話でした。
 飛び込む場面はあるのですが、どのように到着するのかの描写はありませんでした。
 観たかったです。
 ただ、時間旅行の要素はメインではないので、省くのが正しいのかなとも思っています。

④まとめ
 気になったところも書きましたが、楽しかったです。
 レオポルドが素敵でした。
 観て良かったです😊
AOI

AOIの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭30分で意識が飛びかけたけど、ラスト20分が面白い。
1876年のニューヨークの言葉がイギリス英語寄りだったり、貴族の人々が超絶丁寧英語を喋っていたり、屋上デートシーンのコントラストが下げてあったり、芸が細かい。
レオポルドがCMに出たあたり、『帰ってきたヒトラー』に似てるよね。

この時期の映画の日本語字幕って傍点を多用するよね。なんで?って思いながら観てたら戸田奈津子訳でした。あなたでしたか。

タイムリミット系、行きて帰りし系、タイムスリップ系、なんか色々の詰め合わせです。
個人的にはもう少しいちゃついてくれと思いました。時空を越える必然性がもう少しあってもいいんじゃないかしら。
あとスチュアートが完全に狂言回しだったのが可哀想だったなあ。

ヒュー・ジャックマン、私が観たことある中で一番カッコよかったです。
メグ・ライアンは演技があっさりしてていい。

運命の相手がいると思ってる人、ハマるだろうなあ。
minou

minouの感想・評価

3.7
ベランダで2人話をしたあと、眠くなったケイトをお姫様抱っこでベットまで運ぶシーン良かった〜正確には上に行かないでって言われたあとのシーン、レオポルド(ヒュージャックマン)のベットに腰掛ける後ろ姿が超よかった。後ろから彼女を包み込んで寝るのなに〜あの腕最高かよ〜🥹

主人公と似た恋愛観を持っているのでわたしも次に恋をするときはこのくらい…とまでは言わないけど紳士な男性じゃないともう無理かもしれん

このレビューはネタバレを含みます

 恋愛への一歩が踏み出せない二人が、時代を越えすべてを捨てて橋から飛び降りる、典型的な「リープ・オブ・フェイス」映画。個人的に作っているアニメーションの関係で、たまたまエレベーターの起源を調べていたところだったので驚いた。ヒュー・ジャックマンがとにかく素敵。
ぴぃ

ぴぃの感想・評価

-

ヒュージャックマンの若さ。😳

✍︎ ファンタジーラブコメ
✍︎ タイムトラベル
>|

あなたにおすすめの記事