ティファニーで朝食をの作品情報・感想・評価・動画配信

ティファニーで朝食を1961年製作の映画)

Breakfast at Tiffany's

上映日:1961年11月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ティファニーで朝食を」に投稿された感想・評価

ァ

ァの感想・評価

3.6
途中までめっちゃいいってなってたのに途中からは??ってなった。
映画としてはいい話。女としてはめんどくさい。
指

指の感想・評価

1.8
オードリー・ヘプバーンが美しいのは周知の事実ですが。いや本当に美しい。
しかし映画として見れば面白くなかったです。見る人が見れば面白いのかな?

映画の最初に黒いドレスを着たオードリーがショーウィンドウの前でデニッシュを食べるシーンがありますが、そこを見るための映画だったと思っています。とても美しいシーンだったので。ここが一番良かった。

しかし、それ以降も彼女のファッションがとても可愛かったです。オードリーをただじっと眺め続ける為の映像だと思えば素晴らしい出来でした。ひょっとしたら構成は気にしたら負けなのかも。
nastydaddy

nastydaddyの感想・評価

3.6
お洒落で、澄ました美しいヘップバーン。最高です。
酔っ払ったシーン、悲しみ嘆いているシーン、どれもが素敵でした。
男ならこんな女性に憧れるもんですよね。
ジバンシィの衣装、素敵です。
あとセリフ回しに気が利いている。
kurakuma

kurakumaの感想・評価

3.5
お洒落で綺麗で可愛くて、映画としての完成度は高い!
でも、主人公と友達になりたくはない。
菜月

菜月の感想・評価

4.5
記念すべきレビュー300本目✌🏻ただのおしゃれ映画や思ってたわ舐めてた。ホリーはわがままで奔放すぎるって批判されがちやけどボーダーやしこんな人いっぱいおる。(専門職しか伝わらん笑)発育歴からどうしても消えない孤独感、誰も信頼できんくて誰にも理解されんホリーやけど、ポール、猫ちゃんがいてくれて良かった。お金持ちになってティファニーのアクセサリー毎日身に付けて過ごすような日々では絶対ホリーは幸せになれへん。というラブコメおしゃれ映画の枠に留まらん深い映画やったわ。

ムーンリバーをギターで弾いて歌うオードリーヘップバーンが美しすぎた。
ちとせ

ちとせの感想・評価

4.5
自分を本当に大切にしてくれる人の存在がどれだけ素敵なことか。
どうしようもない淋しさを埋めてくれる存在がどれだけ貴重なことなのか。
お金より大切な物ってあるよねというお話。
オードリーが自分の気持ちに気づけてよかった。そこからはっとして雨の中ぐしょぐしょになりながら必死に猫ちゃんを探すシーンが大好き。
k

kの感想・評価

4.5
すごく素敵。オードリーヘップバーンは永遠の憧れ。あの時代のファッションとか生活のスタイルとかすごく好き。
KeitaroH

KeitaroHの感想・評価

3.6
音楽、服、全て綺麗で素敵だった。

良い時代だなって感じ。

個人的にはオープニングが1番好きだったかもしれない。
しみ

しみの感想・評価

-
ローマの休日が良いラブストーリーだったから同じような期待をしたけど、大分無理
オードリーヘップバーンがいるお洒落映画という感じ
所々のロマンチックは良かったが、彼女の役柄を受け入れるにはこっちの精神年齢が足りないのか…?
あさ

あさの感想・評価

3.2
PVみたいなね。
永遠のおしゃれだ、ヘプバーンがいるだけて。
>|