ブリジット・ジョーンズの日記の作品情報・感想・評価・動画配信

ブリジット・ジョーンズの日記2001年製作の映画)

Bridget Jones's Diary

上映日:2001年09月22日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.6

「ブリジット・ジョーンズの日記」に投稿された感想・評価

ぼ

ぼの感想・評価

-
U-NEXTで流し見したが、製作ロゴもエンドロールもなく、途中編集妙なフェードイン・フェードアウトがあったので、テレビ放送バージョンだろうか?
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
欧米でもそろそろ彼氏作って結婚しなきゃみたいな風潮あるんだな〜って思った
昔の映画だからかな?
30代独身女性のラブコメ映画
この発言…今だったらアウトだなと思うところがたくさんあった。
それを含め面白かった。
r

rの感想・評価

3.8
共感性周知がすごかった、笑
けど、こういう人って可愛いし見てておもしろいし気付いたら好きになってそう

今描かれる独身女性とは全然違ったな

just the way you are
役作りの為に太ったレネー・ゼルウィガー。30代独身女性の一筋縄ではいかない恋物語。飾らない素のままのブリジット・ジョーンズってかなり魅力的なんだけど、彼氏が出来ない。そして並外れたドジっ子である。それもまた魅力的なんだけど、彼氏は出来ない、結婚出来ない。でも、個人的には最高に羨ましい友達が3人もいる。僕だったら、この友達3人との関係だけで独身30代乗り切っちゃうな。ヒュー・グラントは最高にゲス男を演じるものの「ごめんちゃい」で済まされそうな「許されキャラ」を100%発揮。絶妙なキャスティング。彼以外が演じたら作品自体が沈没してたかも。究極のゲス男だったから後の展開が笑えなかったかもしれないので。対局にいるコリン・ファース演じる男性のキャラクターは好きだなー。お母さんが買ってきた最高にダサいセーターとネクタイをキチンと着たり絞めたりしてるところがチャーミング。クライマックスへの盛り上げ方と落とし方が見事でした。あまりにキレイに完結しているので、続編2作を観たいような観たくないような...。
主人公かわいい。大好き。
おヒューも、ぴったりな役柄でした。
n

nの感想・評価

3.2
いま見るとセクハラ要素もかなりあるけど、当時はおおむね共感できたかも。日本もイギリスも、こういう問題って同じなんだなーってちょっとほっとできる話。へんなセーターがいちいちウケる。
kkk

kkkの感想・評価

4.3
元祖レリゴー(ありのまま)映画。
"All by Myself"良いわ〜
名無し

名無しの感想・評価

4.3
王道ラブコメ映画は普段全然見ないんだけど、これはずっと気になっててやっと見れた作品❣️❣️
すごく好き、やばい。大学始まるから病みかけてたけどこれみて本当に元気もらった、、とてもいい映画だった。
3人の相性バッチリすぎる、めっちゃブリジット面白いしめっちゃ笑った、ありがとうブリジット😊喧嘩シーン1番好き❤︎"今年TOP20に入る作品かもしれない
しの

しのの感想・評価

3.7
完全初見の王道ラブストーリー。

『ブリジットジョーンズ』というキャラクターの描写がとても印象的な作品でした。

細かい表現でもその『ありのまま』を表現していてなんだか気が楽になる作品でした。

続編も見よう。
>|

あなたにおすすめの記事