プリティ・ウーマンの作品情報・感想・評価

「プリティ・ウーマン」に投稿された感想・評価

Joker

Jokerの感想・評価

4.2
「ウォール街の狼」と呼ばれる実業家とコールガールが出会い、次第に惹かれ合う姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー。
ビバリーヒルズでの友人のホームパーティーに招かれた実業家のエドワード・ルイスは、パーティーを抜け出さなければならなくなり友人のロータス・エスプリを借り出したものの、慣れないマニュアルシフトに手こずった上に道に迷い、ハリウッドの繁華街の路肩に車を止める。その時、売春婦のビビアン・ワードに声をかけられる。高級ホテルまでの運転を頼み、1晩300ドルで話し相手をしてくれるよう頼む。
ペントハウスではしゃぎながらも「体は売っても唇へのキスはお断り」というビビアンに惹かれたエドは、ロサンゼルス滞在中の6日間を3000ドルで契約する。10億ドルで買収した会社を分割して売却して儲けるというエドに、ビビアンは「盗んだ車のパーツを売るのと一緒ね」と言う。
仕事の一環として、エドの仕事の会食に同伴することになったビビアン。エドから渡されたお金で会食用のドレスを買いに行ったものの、派手かつ下品な装いのせいで高級ブティックでは入店を断られてしまう。しかし、見かねたホテルの支配人のおかげで、見事完璧なレディに変身する。テーブルマナーも学び、ディナーに臨む[3]。
エドの行動に危機感を感じた顧問弁護士はビビアンをスパイと疑い、エドに忠告したことからエドは「心配要らない」と、彼に彼女の素性をばらしてしまう。ビビアンの素性を知った弁護士は彼女を売春婦として蔑んだ扱いをする。傷つき契約金も受け取らないで出て行こうとするビビアンをエドは引き止め、二人は過去を慰め合う。
翌日は仕事を休み、二人でオペラや散歩を楽しむ。
約束の6日目がやってきて、生活の援助を申し出るエドに「幼い頃から、白馬にまたがった騎士(王子様)が助けにきてくれることを夢見ていた」と、エドが自らを幸せに迎えてくれないと失意したことを間接的に告げて、ビビアンは契約金を受け取らずにホテルを出る。エドは顧問弁護士の反対を押し切り、造船会社との買収を友好的な業務提携に変更する。故郷に戻って高校をきちんと卒業しようと決心したビビアンがアパートを出た時、赤いバラの花束を手にしてエドが迎えに来た。
makipiano

makipianoの感想・評価

4.5
セリフを覚えるくらい観ていても、何度も何度も観たい。
頑張ったジュリア・ロバーツに拍手✨
そして、ショッピングのシーンが、猿の惑星のショッピングのシーンに似ているような気がするのは気のせいか...😅
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

4.0
シャンパンにイチゴ。おしゃれなお酒の飲み方だ!と子供ながらに思っていた。ジュリア・ロバーツが来てた茶色のドットのドレスが好きだったなあ。
アミ

アミの感想・評価

4.9
もう大大大好き!!!!
嫌いなわけないもん!!!!

リチャード・ギアさんそんな目で見ないで。そら惚れる(笑)
粉雪

粉雪の感想・評価

-
とにかく大ヒット。一気にジュリアロバーツがスターに。音楽が良かった。内容はシンデレラストーリー。
Tako

Takoの感想・評価

4.1
キャスト、音楽、ストーリーが最高。
めっちゃ王道なシンデレラストーリーだけど、何度も観たくなる。
ジュリアロバーツがおしゃれになっていくシーン素敵すぎる。口をあけて笑うとことか愛くるしい。
けど、個人的にはノッティングヒルの役の方が好き。
あとホテルマンみんな素敵すぎな、いい味出してる。
この映画見てジュリア・ロバーツが大好きになった。ビビアンがどんどん綺麗になっていくショッピングのシーンに憧れた。
ジョン

ジョンの感想・評価

2.9
昔観て覚えてること

ジュリアロバーツ、綺麗だけど少し口元がデカい。
さりげなくレッチリの『Show Me Your Soul』が流れてる。


「こういう映画が女をダメにする」みたいな精神科医の言葉を小学生時代に聞いた覚えアリ。
「美しい宝石は手放すのが辛いものです。」


ここまでに甘く、美しく、身も心も捩れるような甘美な物語があるとは。

最初の映画のような出会いから虜にされて、エドワードの反則的なまでの魅力とpretty woman を完璧なまでに体現するヴィヴィアンに終始釘付け。

随所に見られるエドワードのヴィヴィアンへの配慮ある台詞にはただただ素敵の一言。

作品における全てがおとぎ話のようで、けれどどのおとぎ話よりも甘美でいて心を捉えて放さない至高の現代をモチーフとしたラブストーリーでした。
美しい人は美しくあるべきだな〜と思った。
身なりをきちんとすることで人に丁寧に扱ってもらえる、というのがよくわかる。
>|