ファンキーハットの快男児の作品情報・感想・評価

「ファンキーハットの快男児」に投稿された感想・評価

50分ちょいの尺ということもあるだろうが、なんともスピーディーで無駄のない展開。マンガ的というかアニメ的というか、戯画化された芝居もそれにハマって心地よい。
娯楽映画とは、こういうもの!そのように感じられる快作!
服を着ていた千葉真一がワンカットでいきなりブーメラン水着姿に変化(脱衣)、と同時に鉄棒で大車輪ぐるぐるかましてすげぇなぁと思ったその矢先にプールにダイブ、と目まぐるしい状況の変化に脱帽ですね。その4分後にはプールサイドで犬とボクシング風のジャレ合いをしており胸キュンです。セリフがいちいちわざとらしくてくさいのなんの、時代なんでしょうが、筋は先が気になる探偵ものですし展開も無理なく世事を扱いつつ短いながら傑作だと思いました。
T兵衞

T兵衞の感想・評価

-
「チッキショー おかちめんこのおたんこなす〜」
日本が元気だった時代の映画という印象
ニシ

ニシの感想・評価

2.6
若き千葉真一の痛快活劇。
当時流行の太陽族?風ルックがカッコイイ!
渋谷(渋谷駅構内、東急百貨店内、渋谷パンテオン前)
下高井戸
tapes201

tapes201の感想・評価

3.1
国内版DVDにて再見。二作目のほうがいいですが、相変わらずのドタバタハイブロウ笑。エンドロールが、走り去っていく車と思いきや、カメラ積んだ車のほうが下がっていくという。なんでもないことかもしれないけど軽く衝撃受けたっす。若き千葉先生(当時22歳)の鉄棒演技もバッチリ拝めます。
okke

okkeの感想・評価

-
2014年6月 シネマヴェーラ渋谷にて 併映『新幹線大爆破』
併映だし、タイトルがこれだし、全く期待せずに見たところ、いい意味で期待を裏切られた。
おもしろかった。笑った。

53分という短編ながらアクション・サスペンス・コメディ織り交ぜて、テンポ良く無駄なく、うまく出来たストーリー運びになっている。
愉快痛快!
(わたしが昭和の感じが好きなので特に楽しめたのやもしれないけど。)