カミカゼ野郎 真昼の決斗の作品情報・感想・評価・動画配信

「カミカゼ野郎 真昼の決斗」に投稿された感想・評価

ハイテンション具合がすごいね!オープニングからバッコンバッコンなテンションなのでこっちも血肉沸き踊る。千葉真一のこのなんとも言えない前のめりな適当さ、熱々さで押し切る感じ、今時見ないから新鮮だけどちょっと一辺倒であきちゃう。なんかこうやたらにデカいチキンカツみたいな。台湾が舞台なのでたのしみにして見てみたけど途中でリタイアしまぴた。やっとU-NEXT退会できた…約1年間使ってたらしい。これからはどんな映画をせめようか思案中💭

ところでこのジャケ写の健さん、ジョンウェインに似てません?テンガロンハットかぶせたら駅馬車とか若い頃のウェインぽいと思うんだなぁ
「トゥルーロマンス」の劇中ポスターでも有名な深作作品。
「ファンキーハットの快男児」的系譜であり、千葉真一のアクション、大味な展開が炸裂。まさにカミカゼ野郎の名に恥じない、身一つを危険に晒しながら、コメディタッチでさらっと解決に至る手軽さ。
高倉健が合間合間にシャンとした雰囲気を作り出すのだが、秒で強引なまでにB級的雑さ、荒さに引っ張る千葉真一は、カミカゼ野郎でしかない。
みたらいって聞いてトイレじゃなくてみたらし団子を連想する(そういえばみたらし団子の純粋な方食べたことない)

千葉真一勝手に好きじゃないと思ってたけど最近クセになってることに気づいた
面白かったんだけど、明日には忘れている映画。これでいいのだ。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.5
日本を代表するB級映画に勝手に認定。本人たちはいたって真剣にA級やってるのがまさにB級。ダサかわいカッコいい。カミカゼ野郎。御手洗って名字だからトイレさんって呼ばれてる感じも好き。
otomisan

otomisanの感想・評価

3.8
 千葉が三枚目で主役を張って名代の高倉健がワキ方とはなかなかいい感じ。カミカゼ野郎が台湾で大暴れと聞いて空撮風景満載を期待したが、大陸反攻の頃ゆえOKが出なかったか。それでも国内空撮のチラリ見ちらほらで+0.3。
 ところで、カーチェイスの最中、田舎道の脇を軽鉄道の線路が伸びてる場面があって腹にどんと来た。察するに、台湾糖業とかの事業鉄道の線路であろうかと。せめて列車が見えるとか、西部劇張りに走る列車も巻き込んで撃ち合いとかありゃあなあと思った。+0.5-0.2
プレイボーイの主人公が台湾を舞台に事件に巻き込まれていく様をテンポ良く描いた作品。千葉真一のキザっぷりもさることながら、ヒロインである台湾の女優さんの日本語が流暢でびっくり。タキシード仮面ばりにおいしいところを持っていく健さんもグッドだった。
現在とは違う台湾の街並みを楽しむのも良いかも。必見です。
深作欣二、千葉真一、高倉健というドリームチームなのにほとんど話題にならない本作。でも人気ドラマ『キーハンター』の原点と言われるだけあって、アクションとミステリーとコメディが絶妙に絡み合い、テンポ良い快作となっている。千葉真一が体を張りまくったアクションを見せ、高倉健がやや出番が少ないながらもフォローする。いいコンビである。舞台となる台湾のロケーションも見どころの一つだ。古き良き時代のアクションコメディと言っていいだろう。

と褒めたものの、DVDは画質がすごく悪い。退色しているうえに点滅しっぱなし。不良品かと思ったぜ。普通、ソフト化する時にニュープリントするもんだろ(ネガが見つからなかったのか?)。どうりで近所のTSUTAYAの高倉健コーナーにも置いていないわけだ。レビューをあまり見かけないのもそのせいかもしれない。面白かったけど、0.2マイナスして3.6。
千葉真一主演の映画を初めて観ましたが、なかなかの
ナイスガイぶりで好印象。
「ブリット」以前の映画として、あのカーアクションは
画期的だったのでは。