危いことなら銭になるの作品情報・感想・評価・動画配信

「危いことなら銭になる」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

止まることを知らない...
こんなキャラ付けはやっぱりこの時代に映える面白さという気がする、親しみと間抜けさと軽快さ、油断したところに毒っ気
ルパン見なきゃな〜

宍戸錠×長門裕之ってあまり見慣れないのでなんとなくむず痒かった..
tych

tychの感想・評価

3.4
1962年 カラー 82分。偽札作りで一儲けを企む組織と横取りを計画するチンピラ3人+武術家の女。ハイテンションに進むアクションコメディ。宍戸錠が乗るイキな三輪自動車 🚘赤いメッサーシュミットK R200、長門裕之の組立ライフルなど道具にも凝り、浅丘ルリ子もアクションを見せ、ルパン三世のような世界であった。だが、何と言っても偽札作り名人夫妻の左卜全・武智豊子の存在感が凄い。
しを

しをの感想・評価

-
心身共に疲れすぎててこのハイテンションについていけなかった 奇声を発して逃げる宍戸錠ウケる
Miver2

Miver2の感想・評価

3.5
宍戸錠や長門裕之や浅丘ルリ子をはじめとする俳優陣の演技と存在感、その掛け合いと物語の小気味良さを楽しむ事が出来る映画だったな。
あと気楽に観れる"娯楽"に徹してた映画でもあったなと観終わってから思ったりもした。

物語が描かれて行く中での登場人物達の掛け合いとあの小気味良さは観ていて楽しかった。
時にコントみたいだったし、破茶滅茶な所もあったりして、思わず笑った所も多数あって。

宍戸錠と浅丘ルリ子の掛け合いの面白さ最高だったし、浅丘ルリ子演じる女性の強さがまた良いんだよね。
でも宍戸錠演じる主人公が浅丘ルリ子演じる女性に対するあの塩対応には思わずちょっと笑ってしまったけども(笑)

使われてた音楽が凄く良かったし、キャバレーのショータイムが繰り広げられる所なんかは日活映画ならではの粋な感じだとか、素敵な物を感じたな。
それでいて破茶滅茶にやらかしてたから笑った笑った♪

物語が描かれて行く中での駆け引きや思惑が交差しながら展開する感じは観ていて楽しかったし、登場人物達のアクの強さと言えば良いのかな、それをしっかりと感じられる所がまた良かったなと。

宍戸錠の存在感最高だったし、思わずクスッと笑えてしまう所もある愛らしさを兼ね備えているあの感じがとても好き。

個人的には鈴木清順監督の映画で観てた俳優さん達が何人か出てる事もあり、そこは馴染みやすかったな。
ホント娯楽に徹してる映画だったけど、欲を言えばもうちょっと心に爪痕遺してくれる所があれば良かったけど...というのは正直ある。
映画を観る上で楽しいだけではない何かを求めている所もあるので、その辺は個人の好みだけど、そこはちょっと残念な所ではあったかな。

それでもあのドタバタ感や俳優さん達と演技や存在感、その掛け合いをしっかりと楽しめる映画だったので、観て良かったです。
Robby

Robbyの感想・評価

-
浅丘ルリ子=寅さんのリリィ、だった私には、最後まで彼女とわかりませんでした。
saodake

saodakeの感想・評価

2.5
長門裕之の計算高いってキャラが似合ってなくておもしろい。
浅丘ルリ子と宍戸錠の掛け合いも笑えた。
道で柔道してる浅丘ルリ子ってのもなかなか見れるもんじゃないね。
ストーリーは面白くないけど個人的には見どころたくさんあったな。
中平康の犯罪コメディ。浅丘ルリ子がふくよかでかわいい。とにかくほとんどリハしてない感じで即興で演出している感じだ。今から見るとギャグも中途半端でも銀座のオープンセットや東京の街並みは必見ですね。この手の映画は、松田優作の「探偵物語」に通じるものがありますね。
departman

departmanの感想・評価

3.9
「ゴジラが涙こぼすわ」 

センチメンタルとは程遠い
軽妙洒脱な82分

ゆるりと
ルリ子が
揺れている
Reo

Reoの感想・評価

-
ルパン三世のモデル?とかいう言説がある作品。違ってたら申し訳ない。テンポの良さとスタイリッシュさ、長門裕之の味。
hikkimaryu

hikkimaryuの感想・評価

3.8
日本映画にしては珍しく(?)、終始ただひたすら楽しい。
ただ、同じ日活の清順作品と比べるとぶっ飛んでは無いなぁ。
アクションの見せ場が足りないと思った。
>|