夜明けの旗 松本治一郎伝の作品情報・感想・評価

「夜明けの旗 松本治一郎伝」に投稿された感想・評価

得意なタイプの作品ではないけど、最後の判決にはあ然となった。今はこの時よりもいい世の中になっているんだろうか。
「事件記者」のイナちゃんが出ていて、なかなか映らないから探しながら見ていた。

「名脇役列伝III ピラニア軍団・役者稼業」
@シネマヴェーラ渋谷
hrt2308

hrt2308の感想・評価

-
部落解放運動に命をかけた松本治一郎を描いた作品。
1976年作品なので伊吹吾郎が当然ながら若い。
彼の一直線の演技が正義漢にあっている。

それにしても差別の歴史は古い。
今もまったく解消されていない。
人間とはなんと愚かな生き物だろう。

檀ふみが初々しい。
現東映会長の岡田裕介が出ているのも貴重(演技ヘタだけど)。
山本麟一、室田日出男が軍部幹部として凄みをみせている。

こういう映画は現在でも作られなければいけない。
mro

mroの感想・評価

-
不正と戦う人々を描いてはいるがしかし松本治一郎という人を美化していることを肯定し切ることは難しいようである