武士道残酷物語の作品情報・感想・評価・動画配信

『武士道残酷物語』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

イヤなことしか起こらない。

映画の出来は、いいんだろうけど、

とにかく、イヤなことしか起こらない。

ちゃんと映画的には、段階を踏んで

次々と、レベルアップしたイヤなことが

起こり、つくづく…

>>続きを読む
三樹夫

三樹夫の感想・評価

3.8

昭和38年、建設会社の営業社員である主人公の婚約者が服毒自殺を図った。彼は以前読んだ先祖代々の日誌に記されていた先祖が体験したいくつかの残酷な物語を思い出す。この映画は慶長15年から昭和38年までの…

>>続きを読む
もえ

もえの感想・評価

3.8

それが武士道なのか。愛する人を犠牲にしても守るべきものなのか。

幕府だろうが会社だろうが、いかなる時代も使命を与えてくれるその概念なるものに忠誠を誓う精神の無垢さが、まさに残酷。

上の指示や命令…

>>続きを読む

まるでジャニーズ事件を彷彿とさせる主従関係を押し付けてのパワハラが、人権どころか命まで翻弄される封建的な専制主義の歪みだらけの人間社会の話。

今現在でも中国やロシアのみならず、160カ国以上の世界…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

「武士道残酷物語」

第13回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。日本人の奉公の精神が招いた悲劇をオムニバス形式で綴る作品。タイトルに「残酷」とあるものだから、どれくらい残酷なのかワクワクしていたら想…

>>続きを読む
奇妙な作品。7代にわたって演じるとは。最後はサラリーマンの悲哀の話になる。
現代に近づけば近づくほど主人公に腹立ってくる。けど萬谷錦之介は最高に色気があっていい。
各時代のさぁ次は何が出てくるんだ感は面白かった。

す日東建設の営業部員・飯倉進(萬屋錦之介)は、婚約者の人見杏子(三田佳子)が自殺を図ったと知らされた。
彼はかつて読んだ、先祖の日記に記された残酷な話を思い出す。それは、関ケ原戦後浪々の身であった飯…

>>続きを読む
pier

pierの感想・評価

3.4

婚約者が自殺を図った会社員の板倉。
板倉家の日記を遡ると、理不尽な死を遂げた先祖たちがいた。
萬屋錦之介の一人七役。
慶長から昭和までの7つの時代が描かれるせいか、その都度集中力が途切れる。
君主の…

>>続きを読む
代々続くサラリーマンの悲哀というか、残酷な悲劇。

これが武士道というなら自分は持たなくて良いです。と思った。

2023-405
Jun-60
>|

あなたにおすすめの記事