軍旗はためく下にの作品情報・感想・評価

「軍旗はためく下に」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.2
東京・渋谷ユーロスペースで、現役日藝生の企画・運営による映画祭「映画と天皇」にて鑑賞。戦争における苛酷な現実と不条理を描き、そして天皇の戦争責任をチクリと刺す映画なのだろうか。

昭和27年、「戦没者遺族援護法」が施行されたが厚生省援護局は、富樫軍曹の未亡人サキエの遺族年金請求を却下した。「戦没者連名簿」によれば富樫軍曹の死亡理由は「敵前逃亡による処刑」であり、遺族支援保護法では軍法会議により処刑された軍人の遺族は扶助の対象外だから。

しかし、処刑や軍法会議の記録などは何ひとつなく、そもそも富樫軍曹が敵前逃亡したかどうかも定かでない。サキエの執拗な追求に厚生省は、当局の照会に返事をよこさかなった者が4人いて、何か知っているのではないかとサキエに伝える。真相を明らかにすべく、サキエが4人に会いに行き、過酷で理不尽な夫の戦争を追体験する。

この映画を見ている最中、ドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』がオーバーラップして仕方なかった。特に千田少佐との場面では、その上から目線の物言いに歯がゆくなり、『ゆきゆきて、神軍』の奥崎謙三ならタダじゃおかないぞ、と思った。

ところで、元外交官で作家の佐藤優氏のトークショーがあり、彼は『羅生門』に似ていると話していた。サキエに話をする者達は言いたくないこと、自分にとって都合の悪いことは話さない。しかし、複数の人に話を聞いていくうちに矛盾点が出てきて…、みたいなことは『ゆきゆきて、神軍』でもあったと思う。

奥崎謙三が戦争の理不尽に怒り行動し、天皇の戦争責任を追求するのに対し、サキエは戦争の理不尽を知り、夫・富樫軍曹の天皇への思いを知りながらも、それらを飲み込み、胸の内に秘めることにしたように見える。

観客は奥崎謙三に対しては、痛快に感じるか、鼻白むかだろうけど、サキエに対しては彼女のやるせない気持ちに共感する。

佐藤氏は、本作について「天皇神話に包摂されているという日本の在り方を(作品外のところで)見事に示している」という。戦争を批判し、天皇をチクリと刺すようなことを描いていても、この映画を見た人が天皇の戦争責任を追及する行動に出ることはない、と。

そういえば『ゆきゆきて、神軍』を見たとき、原一男監督が上映後のトークで「公開当初、凄く深刻な内容なはずなのに何故か笑いが起きていて意外に思った」というようなことを話していた。

佐藤氏の言いたいことは、我々日本人の無意識には天皇が存在していて、天皇をなくすことはできない、ということだと思うけれど、それはこの映画祭「映画と天皇」のテーマなのかもしれない。

●物語(50%×4.0):2.00
・『ゆきゆきて、神軍』を見ていなかったら驚愕したかもしれない。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・深作欣二監督の代表作という話も。やっぱり凄いです。

●画、音、音楽(20%×4.0):0.80
・迫力アリ。
Atyang

Atyangの感想・評価

4.8
眼が画面に釘付け
年の瀬に今年最高の映画に出会った

ゆきゆきて神軍で話されていた
戦場の映像化といったような内容

極限状態において浅ましさが剥き出しになった兵士の振る舞いをどうして批判できるだろうか

戦後保身に汲々として責任転嫁ばかりしている人間が社会的地位相応に偉いのか

天皇の話も僅かに出てくる
しかし自分にとっては国家システムの恣意性こそが最も心に訴えかけてくる問題だった
movko

movkoの感想・評価

3.0
いろいろ涙目。

別件で、戦後取材を重ねていた方が、人間かなり嘘をつくと仰ってて、これも羅生門案件。
kyoko

kyokoの感想・評価

4.1
「映画と天皇」映画祭@ユーロスペース
連日大盛況の模様。

終戦後、夫富樫(丹波哲郎)の死を知らされた妻サキエ(左幸子)。敵前逃亡したとして処刑されたという死の真相をつきとめるべく生存者を訪ね歩くサキエの執念を描いた作品。
人肉にまつわる話などもあり、すぐに「ゆきゆきて、神軍」を思い出した。

劇中何度も実際の写真や映像が挿入されたり、戦時中をモノクロ映像にしていながら凄惨なシーンはいきなりカラーに切り替えるなど、かなりセンセーショナルな演出で、同時に印象深い台詞が多い作品だった(さすが新藤兼人の脚本)。

演芸場で相方(ポール牧)とともに、終戦を信じない帰還兵のコントを繰り広げていた秋葉(関武史)は楽屋でサキエに壮絶な飢餓体験を語る。それをポール牧がなんとも言えない表情で聞き入る。過酷な戦争体験を持つ者と持たない者。もしかしたらコントラッキー7としても同じようなことがあったのかもしれない。

マラリアに冒された寺島(三谷昇)が極限状態でおこなった行為は、生きることへの執着そのものだが、満天の星空を見上げながら呟いた言葉には涙が出た。
結局現代社会になじめないまま朝鮮人部落で生活する寺島のような帰還兵は実際多かったに違いない。

富樫の最後は涙するどころか息をすることもできなかった。富樫があの瞬間何を言おうとしていたのかは本当のところは分からないままだが、その解釈はかなりデリケートなものになる。

それでもなお「終わらそうとしてもそうはいかない」という監督の凄まじい反骨心がむき出しの映画だった。

日藝の学生さんたちのおかげで、またすごい作品を観ることができた。
てふ

てふの感想・評価

4.0
敵前逃亡の罪により銃殺された軍人の妻が、戦友と上官を訪ね事件の真相を追及していく。そこから浮かび上がってくる、戦後社会が目を背けてきた国家体制の大きな欺瞞と戦場の惨劇。朝鮮部落で豚を飼育する男など、彼女が訪ねる者たちも皆、戦争の傷跡を引きずりながら生きていることが印象的。

ユーロスペース 映画と天皇にて
r

rの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

どうしても観たくてTSUTAYAで探したが、扱っておらず、たまたまyoutubeに上がっていたので、とてもラッキーだった。
邦画は古い作品の方が良い。本当に傑作だった。深作欣二監督といえば仁義なき戦いなどが有名だと思うが、ぜひ日本人ならこの作品を観てもらいたい。
この時代の日本のいかれ具合といったら、ナチスやソ連に十分並ぶ気がする。太平洋戦争といったら、地獄の暑さとマラリアと飢餓は鉄板。人肉食を取り扱うシーンを初めて観た作品だった。
.
物語の切り口がまず面白い。妻の手元に届いた戦死通告には"死亡"の文字。"死亡"と"戦死"には大きな違いがあり、なんと夫は軍法会議にかけられ処刑された、という。真相を知りたい妻は当時の関係者に話を聞きにあたるが、これが本当によく出来ている。ミステリーとしてもおもしろい。
個人的に、この時代の日本兵の食料といったら、芋なんだけど、その芋を盗んだら躊躇なく銃殺って、、スターリングラードのソ連軍や、ジョニーマッドドッグで、戦闘中に戻ってきた兵士を銃殺するシーンと同レベルよ。当時の日本は、飢餓の影響ももちろんあったからだと思うが、味方の兵士を割と平気でぶっ殺す。アメリカ映画とかでは理解できない視点だ。
.
冨樫軍曹が最後に部下の肩を掴んで、「天皇陛下ー!」と叫んで処刑されるシーン。涙が止まらなかった。感動の涙じゃない。悔しくて悲しくて、やっぱり太平洋戦争は、他の戦争映画とは違って、負けるのも殺されるのも、「日本人」だから、感じる思いが違う。そして、日本という国がわからなくなる。日本の歴史も、現在も学校の教科書で習わない部分に本当の日本がある気もした。処刑シーンも含め、イかれた日本を写してくれてありがとうという感じ。
.
あと余談だけど、米軍の捕虜を殺すシーン、日本によくあった、刀あるあるエピソードなのかなあ、失敗して憲兵に銃殺させるなら最初から刀でぶったぎろうとするんじゃなくて銃殺しろよ、と思った()

このレビューはネタバレを含みます

戦場での記憶はモノクロで語られるが、決定的な場面には色がつく。人肉の旨そうなピンクや吹き出す血液がなかなかどうして鮮やかで。また上官殺しを決意した丹波哲郎や人肉を食ってしまった三谷昇の視線が観客へ向けられるおぞましさ。お前らだって無関係ではないんだぞ、と言いたげだ。
戦後四半世紀。理由の分からない軍規違反で処刑されたために戦没者年金の対象とならない富樫軍曹の妻サキエ。詳細を求めて4人の元兵士へ話を聞きに行くが。

当初は羅生門のように証言の内容が全く異なり、無謀な上官へ従わず味方を救った英雄なのか、殺された芋泥棒なのか、戦友を食ったのか、狂った上官を殺したのかと様々なストーリーが語られるがどれも筆舌に尽し難く戦場で人間性が破壊される様を描き、生きた語り手も心は既に戦場で死に残り滓のようになっている。

そんな中で唯一悪びれもしないのが戦犯としての追求を免れ悠々自適に老後を暮らす千田少佐。戦争についても国がやったことだから仕方がないと個人の責任から目を反らす。戦中に名誉と誇りを題目に唱え死を命じた立場でありながら。しかしこんなのは氷山の一角に過ぎない。末端の不名誉な死は無視される一方でA級戦犯が総理大臣になる不条理が説かれる。現在そのA級戦犯の孫が総理として戦前回帰歴史修正に躍起になっている。

軍人勅諭の場面から始まる本作は神輿として担がれて戦後のうのうと存在し続ける天皇も糾弾する。「天皇陛下に夫を追悼されるわけにはいかない」とは踏みつけられ無視される下々のせめてもの反骨か。今は天皇に対しては賞賛以外はパロディでも許さない不敬罪めいた空気があり表現の劣化を感じる。

世捨て人になっていた事実の核心を握る寺島上等兵がゴミ溜めのような朝鮮人部落に住んでいたこと。それも開発によって潰されつつあり、人々は戦争を忘却の彼方に追いやっていること。そうした過去を蔑ろにして時計を進めることに対する戦中派の切実な危機感が作品を貫いている。そして本作から45年を経た今、それは現在進行形で勢いを増し続いていることを痛感せざるを得ない。
だびー

だびーの感想・評価

4.1
戦争それ自体がもたらす悲惨さは勿論のこと、同時に生き残った人々の心にどれだけの傷を残すのかということ。高度経済成長の中で戦争の記憶を忘れる、もしくは知らない人々と、いつまでもその記憶に囚われ続ける人々。三谷昇が演じる寺島が住んでいるスラムのような場所が終盤になって「朝鮮人部落」だと言われ、ハッとなる。
新文芸坐『映画を通して反戦と平和を希求する映画祭』の一本として。
 
完全な第2次大戦モノではあるけど直接の時代設定は戦時中ではなく、終戦後26年を経た1972年に、ニューギニア戦線で脱走兵として処刑された日本兵の寡婦が夫の死の真相を求めて生き残りの軍人を訪ねて回る話。段々と明かされる戦場の実情の描写は、最近で言えば塚本晋也監督がリメイクした「野火」に近いものだけど、当時の絵と画質と俳優の演技により一段と凄味の増したものになっている。
 
実際この作品のポイントは、戦争時から今ほど時間が経っておらず、制作者・演技者が同時代を体験出来ていたことだと思う。その時点での彼らにとって、このシナリオ、演出にリアリティがあり、映画として表現できた。自分はこの映画よりも後に生まれているけど、子供の頃にはまだ周りに戦時を体験をした人が居たし、話を聞くこともできた。だから映画としても時代性も含めて受け取ることができる。

ただ、作品内であからさまに提示される反戦の主張や日本軍の描写、それに伴う戦後的な政治的スタンスが現代とは大きく異なっているので、同じものを撮ることはできないし、今後表だってソフト化されたり、若い世代に受け入れられることはないと思う。
 
そのことが(作品の中でも既に示唆されている通り)、いかなる経験であれ世代の制約を超えて伝え続けることができない、という残酷な事実を表しているのかな。