トレッキーズ スター・トレック万歳!の作品情報・感想・評価

「トレッキーズ スター・トレック万歳!」に投稿された感想・評価

M少佐

M少佐の感想・評価

3.6
 「長寿と繁栄を」

誰もが1度は耳にしたことがあるであろうアメリカのSF テレビドラマ
「スタートレック」「宇宙大作戦」
そのファン達の熱い暑苦しい理解出来ないスタートレック愛を吐露する作品。
もちろん所々に本編の出演者も登場し作品の思い出や素晴らしさを語ってくれる。
しかし、この作品はトレッカーか、重度のオタクしか楽しめない作品だと断言出来る。
そうでないと知らない役者さんと変人の語りを延々と見せられるからだ。
コスチュームに拘る人、カードコレクションにハマる人、自宅を職場をスタートレック一色に染め上げる人…
歴史だ文化だ哲学だ宇宙だ!と声高に叫ぶ人達。

何かに熱中して周りから変人扱いされたり、拘りを捨てずに邁進している人なら共感出来る作品。

トレッカーでオタクの私は楽しめました。
勧めにくい!
2018#56

スター・トレック大好きだけど、彼らのようにはなれない。
GaPTooth

GaPToothの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

世界中からファンが集う[スタートレック大会]
スタートレックが好きすぎて、自家用バンをエンタープライズ風に改造した親子、スタッフにTOS風制服を強要する歯科医師、改名までした人たちが、自慢のコレクションを紹介し、いかに自分がスタートレックを愛しているかを語っている。

今は確立されて〔宇宙人👽ポール〕でペグ兄とニックが話していたクリンゴン語も、この撮影当時はまだ開発途上だった様子が記録されているのが、実に興味深い。

カーク艦長を筆頭に、スポック、スコッティ、Dr.マッコイ、チェコフらの感動秘話も収録されていて、[スタートレック]の影響力の大きさに驚いた。

タイトルの[トレッキー]は、スタートレックの熱狂的なファンのことを呼ぶのにマスコミが作った言葉。侮蔑の意味を持つ言葉なので、正真正銘のスタートレックのファンは[トレッカー]と名乗る。
なので、本当にスタートレックが好きな人は「私はトレッキーです」とは名乗ったりはしない、というのには納得した。

会場には、TOSクルーの等身大スタンドアップ・パネル(よく映画館内に置かれているやつ)が誇らしげに飾られていた。やはりファンは欲しいんだな…と。
私も前職を退く時に、オフィスに置かれていた〔マイティ・ソー/ダークワールド〕と〔キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー〕のスタンドアップ・パネルを貰ったので…気持ちは分かる。
え

えの感想・評価

-
大学の課題で

トレッキー( トレッカー )の熱意、笑っちゃうくらいすごいけど、なにかしらのファンってこんなもんだよな〜と、自分を省みて思う。