A Lego Brickumentary(原題)の作品情報・感想・評価

「A Lego Brickumentary(原題)」に投稿された感想・評価

ダイナ

ダイナの感想・評価

4.3
玩具業界の上位に君臨する「レゴ」の歴史・世界での愛され方に迫ったドキュメンタリー。レゴ社がマーケットを広げた背景や経営難に陥ってからの反省、そこからどう盛り返していったかのアイデア等、普通の業界ドキュメンタリーとしても面白い内容。しかし本作の魅力は「レゴの無限の可能性」を映している点にあります。遊ぶための玩具の認識だけであれば新たな扉が開かされることは間違いない一作。

説明書通りに組み立てたり自由に組み合わせて遊ぶだけに留まらないポテンシャルの高さ。建築や宇宙開発の基礎、療法のアイテム、玩具としてでなく色々な実用品として組み立てられたりと、様々な用途に向けて使われるそのポテンシャルの幅広さ。一つの物をどう活用するか、「応用」の本質的な魅力がこのドキュメンタリーで映されています。

ユニークなものが多いレゴイベントも注目したい所。ロボコン系は想像が容易いですが、中には「ビニールパックに入ったバラバラのピースを開けずに中で組み立てる競技」や「目隠しして組み立てる競技」とディープなものもあり、深夜番組で特集されてそうなアングラ感にワクワクさせられます。

組み合わせの計算に囚われた学者、映画学校中退してレゴ映画にのめり込むコンビ、エグいほど壮大なジオラマを制作するお母さん、弁護士から「レゴアーティスト」に転職した男etc、曲者勢揃いのレゴ活も面白い。レゴ沼を安易に覗いたら奴らに引き摺り込まれるぞ!

他にも様々な視点からレゴを紹介しており、レゴに対する興味が心の底から引っ張り出される内容となっていてとても面白かったです。多くに共通しているのは「頭の中」を表現する方法としてレゴを用いている事。創作の足がかりとして手軽に使える点や凸凹構造が持つ万人に優しい仕組みが応用しやすさに繋がっているんじゃないでしょうか。みんな楽しそうで久しぶりにレゴ買いたくなってきちゃいました。てか買うぞもう。レゴ沼にダイブしてやる。

観賞前に一点だけ注意事項。「レゴムービー」という映画のとても重要なネタバレ厳禁シーンを本作の序盤でさらっと映してしまっています。個人的には本作観る前にレゴムービーを先に観ておく事ををオススメします。
かみ

かみの感想・評価

3.3
U-NEXTの字幕がバグってみづらかった。
(この現象は私だけ…?)

内容としては、創業からの物語が知れて楽しかった。CUUSSOって言うファンのアイデアが製品化される日本初のウェブサイトもあったのだと初めて知った。(このサイトはすでに閉鎖)
あのでかいXウィング乗ってみたーい。
字幕鑑賞。
2022年7本目。

子供から大人まで幅広い世代に愛されているおもちゃレゴブロックのドキュメンタリー作品。
自由な発想で無限の可能性を秘めており、
改めてレゴブロックの奥深さと魅力を感じることができた。
ファンのアイディアを取り入れて実際に商品化するレゴ社の柔軟な姿勢は素晴らしいと思った。採用された方は絶対に嬉しいだろうなぁ。

いつかスターウォーズシリーズのデス・スター作ってみたい。

U-NEXTの字幕設定がおかしいのか、インタビューを受けてる方の名前が出た時に必ず左側に縦書きで(その時レゴを使って実演することがある)という謎字幕が出たのが気になった。修正を願う。
海風

海風の感想・評価

3.4
うわー海外のショッピングモールっていいな〜夢が詰まってるよね。私が子どもだったら海外に住みたくなってるよこれは。

バイトの先輩も言ってたわ
「クリスマスプレゼントは決まってレゴだった。俺が違うものをお願いしても、そんなお願いフル無視してレゴしか送られて来なかった。でも、俺レゴ好きだからまあよかったんだけどね」
めちゃ爆笑したわ、毎年レゴってわかってるサンタさんからのプレゼントは複雑すぎるだろ

まあそんなことは置いといて。
レゴがこんなにも大人にもうける物だと思ってなかった〜。なかなか奥深さを感じちゃった!
子供的には自分の親がレゴにハマったら神だね、いっぱいパーツ買ってもらえるのは最高や
うちにもし、子どもができたらレゴ買ってあげよ
で、一緒に楽しみたい(でもあんなガチにはなりたくないww)
けん

けんの感想・評価

3.9
レゴの与える影響を様々な観点から見たドキュメンタリー!

レゴがひとつのおもちゃから変化、成長していく過程は面白いですね!
ある人にとっては仕事で、趣味の人もいればアート作品にする人もいるという点はレゴの良いところですね😊
レゴを扱う映像の変化もとても興味深い!レゴに少しでも触れたことがある方は是非😎
よしと

よしとの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

U-NEXTで鑑賞できた。
古参のLEGOファンとしても、
充分に楽しめるドキュメンタリー。
844

844の感想・評価

3.8
レゴは子供のおもちゃ売り場に置いてあるから子供がいないタイミング狙ってコソコソ買ってたのに、
正面から大量にレゴ買うオジサン達を発見して、声かけて仲間に入れてもらうって流れマヂ最高。
そのままレゴの社員へゴーはすごい。
るい

るいの感想・評価

3.5
誰もが必ず遊んだことがあるレゴのドキュメンタリー
冒頭の子供が楽しそうにレゴを遊んでるのを見てると自分も子供の頃本当何故だか夢中になって遊んだよなって懐かしい気分になった。ストーリーテラーもミニフィグ(黄色い小さい人形)だし、歴史や説明がみんなレゴのストップモーションアニメでやってくれて、やっぱりこの作品ならではというか本当飽きないしむしろ楽しい。実物大のスターウォーズに出てくるXウィングファイターをレゴで作るプロジェクトは興奮したけどあれを作るのに下準備だけで2週間かかるって凄いな。エドシーランがレゴの歌を作ってたの知らなかったな。ロードオブザリングの裂け谷を作ったお母さんすげぇ、大人も子供も楽しんでる。やっぱレゴっていいな、数学的な面から見るレゴの魅力も面白かったな。
なにしろ観ていたら、レゴを触りたくなる。必死に組み立てていた子供の頃の記憶や、それに付随した思い出さえもどうしたって呼び起こされてしまう。

レゴのファンが子供に限らず幅広い世代に存在することや、セラピーとして役立つことは知っていたけど、それらを深掘りしたものを見ることで世界の共通言語と言ってもいいレゴの偉大さに気付かされる。

NASAの職員が、レゴから無限に万物を作れることを分子に例えていたことにもハッとさせられた。
○クリエイターみたいな作り方がついているものでも、クラシックセットに入っているものでも、自由に自分の好きなように遊んで良いんだよねって改めて感じた。正しい遊び方や、こうするべきみたいなものは一度忘れて、ただ単純に楽しむのが良いよね。大人も、子どもも。

○私の家の通信状況?視聴方法が悪かったのかな…字幕がかぶって読めないところがちょいちょいあったな。

レゴは踏むと痛いよ。

2021/9月
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品