新ゾンビの作品情報・感想・評価

「新ゾンビ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

最高の神クソ映画。
ゾンビの群れを満員電車の如く申し訳なさそうに掻き分けて銃を手に取りぶっ放す。
ラストは戦車で無双した挙げ句、ボスをを手榴弾で爆破。
怒涛の展開についていけず最高の一言。
顔が吹き飛んだり、切り刻まれたり、ハチの巣にされる素晴らしいゴア描写だらけのゾンビ映画!!


日本でもBlu-rayリマスターしてほしい傑作ゾンビ映画


納屋でのラストスタンドシーンは後世に残していきたい素晴らしいシーン
みんな二丁拳銃で撃ちまくったり、チェーンソーやソードで切り殺しまくったり、どこからともなく戦車まで持ち出してきて最高すぎて訳がわからなかったwww

コメントであったけど倒されたゾンビの数139体って多すぎww最高‼️


登場人物のエディスは映画史上5本の指に入るほどのクソ女だけど、口に鼻くそ投げ込まれるシーンや頭を四方に引き裂かれるシーンは気分爽快❗️w


オープンで村人やゾンビの血みどろシーンで盛り上がってから50分間ゾンビ不在の茶番劇を見るのがすこし辛いので要注意

ずっと題名思い出せなくて探しても見つからなかったんだけど、遂に見つけた!!
私のホラー映画ナンバーワン!
こんなイカれた映画は、後にも先にも出会ったことない。
アメリカではフィルムが回収され、ドイツではネガが焼き払われたという問題作笑

とにかく酷すぎて配信とかされてないけど、ニコ動とかではあるのかな?
時代を行き来するドイツ作のゾンビ映画。
フリがまさか?というのがことごとく当たる。

サッカー中に股間を強打したり、、
そこから変な液体かけられてゾンビになったり。

鼻ほじっている人のアップが映ったかと思えば、まさかのハナクソ拡大→ピン!
まさか!
くるくるくる、向かいのおじさん、パク!!
うおおおえ!みたいな笑

あと可愛い人が来てムフフに感じてる男性が映る。
まさか!
AV並の濡れ場!
うおおお、みたいな笑

あとは神父がマスタベしたり、最終ボスはなんとキリ○トっていう。。
しかもやられ方がまた、やばし。

是非みんなにみてほしい。僕は15歳の時に友達んちでバンド仲間集めてみたんですが、ポップコーンムービー過ぎて、最高の映画体験でした。
振切れ度、満点!笑
オラフ・イッテンバッハ監督作品。
邪神プリムトス復活の書物を主人公の父親が家の庭で発見し、その書物により死者が復活する話。

ストーリーは二の次。自由すぎる脚本、演出が面白い。最初1000年代インドで始まったかと思えば、次は第二次対戦下のロシア、現代ドイツ、黒死病の時代と縦横無尽に設定が飛んでいく。
観ていて、「今のシーンはいったい・・・?」「今出てきたあいつ誰・・・?」というふうに度々なった。

俳優の演技、カメラ、照明がチープなのに、死体損壊等の特殊効果にかなり力が入っている。やたら頭が爆発し、顔に刃物が刺さり、首が飛び、腕や手がもげ、内臓が引きずり出され、反り血が人物の顔にかかる。最後の20分間、ただひたすらゾンビを倒していく。二丁拳銃、ショットガン、剣、チェーンソー、果ては戦車まで。ゾンビ死者数計139人。ただひたすら倒していくだけなので、だらだらしている。
最後の大オチもトラッシュ映画的で笑った。

恐るべしジャーマントラッシュムービー。
Cem

Cemの感想・評価

4.3
夢?妄想?ゾンビはどうした?と、
ストーリーとか全く説明できないくらいにぶっ飛んでた!
めちゃくちゃ過ぎてゾンビ出ないシーンまで面白かったw
血みどろゴア描写も凄まじい!
後半、ハゲ親父とメガネ男の本気!ゾンビ殺しまくるの楽しい★
大好きなチェーンソーも出てきてテンション上がった⤴


これは高画質で観たいからBlu-ray欲しくなった!
ディレクターズカット版Blu-ray限定発売!
06/44をビデマさんでゲットです☆

装丁も豪華で、オリジナル版DVDにメイキング等付きまくりという、流石ドイツな特典付け過ぎの高価な逸品w

ドイツ語鑑賞
字幕なし



死者を復活させる堕天使プレミュトスというのがいるらしい…

さて、現代ドイツ。

マティアス(オラフ・イッテンバッハ)は最近、色々と幻覚を見ている。
サッカー中に股間を二度も打った時も、なんか見えた。

人が死ぬ、とにかく死ぬ、たまにキリスト、そんな幻想…

というのは置いといて、今日はマティアス父の誕生日なのです。

頭に果物を乗せたオバサンや、モジャモジャ頭、黒髪眼鏡女子、黒人が集まる。

そこへ、プレミュトスが乗り移ったマティアスにより、ゾンビが大量に侵入してきた!

武器集めが趣味なマティアス父は、親戚達と共にゾンビを必死に退けるのだが……



Killing tools:∞
Body count:139

これぞイッテンバッハ!な殺りたい放題が光る逸品でした♪

冒頭からシャベルが顔にめり込み、人体破裂、そしてピタゴラ死。

キリストの磔刑シーン等をパロしつつ、神父はオナニー♪

空想と幻想がわちゃわちゃして散らかってますが、ラストのグロゴア血祭りでなんなく帳消しです!

そのラスト(* ̄∇ ̄)ノ
もう『ブレインデッド』に対抗しまくり(笑)

頭も身体も吹っ飛んで、ゾンビは屁をし、チェーンソーはもちろん火を噴いて、血の海には上半分の頭部が落ちてるw

マチェーテやナイフが突き刺さり、ショットガンで人体は木っ端微塵!

あぁ~楽しい!!!

そこへ登場する覚醒したイッテンバッハは、皮膚ズル剥けで目がビカビカ光る、なんとも可愛らしい姿に☆

さらにラストはまさかのタンク登場( ´∀`)
律儀に一体ずつ撃たなくても良いのに…w

特典にはイッテンバッハのインタビューやメイキング♪
ドイツ語なのでさっぱりんこですが、殺り方や血糊の飛ばし方など凝ってるなぁと、改めて気付きました!

あとイッテンバッハは昔は痩せてたんだね、とw
でも私は今のムチムチが好き~

イッテンバッハらしい、ぐちゃゴア良作!
リョ

リョの感想・評価

2.2
10年前に中古でVHS買って以来観ました。序盤はとにかくグロいシーンが続くから箸休めのつもりか股関で痛がる古典的なギャグを盛り込んだ現代のシーンとグロい過去のシーンの行ったり来たりはちょっと目を離すとわけがわからなくなるし最後まで見るのが辛かったw
ルチオフルチ作品を観る前に目を慣らすつもりだったが(^-^;
源静香

源静香の感想・評価

2.5
この監督の映画全部クソおもんねーよ。
ちんこ怪我するとこだけ好き。
なぜだろう、楽しみにしていた後半でスッと眠りへ…多分色んな意味で心地良かったんだと思います。
オナ神父のシーンだけは脳裏に焼き付いてる。あと鼻くそ。
Haman

Hamanの感想・評価

4.2
金玉を強打して邪神として目覚める話。

前半のしっちゃかめっちゃかに時代を行き来するのがマジわけわかめ。回転する鼻くそのドアップとエグい出っ歯、それにかなり際ど目の濡れ場があったことしか覚えてない。ジャーマンゴアで濡れ場なんてまったく期待してなかったからすごいエロかった。よかった。

後半は完全にボーナスゲームのソレでグチョグチョ大虐殺の残酷ビックリショー。やっぱりゴア描写において臭そうってかなり重要だと思うんだけどホント臭そう。ニュージーランドには『ブレインデッド』在り、ブラジルには『シー・オブ・ザ・デッド』在りでドイツにはこのイッテンバッハの『新ゾンビ』在りって感じ。みんな臭そうでみんないい。

邪神になったイッテンバッハの目がピカピカ光ってるのめっちゃ好き。
>|