死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケットの作品情報・感想・評価

「死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット」に投稿された感想・評価

まじでおもしろい。
コメディ!!!!
ホラーがしょうもなすぎてコメディとかじゃなくて、
最初からコメディ!!!!
むしろコメディすぎて逆にホラー
めっちゃ笑った
2018/11/4 国立映画アーカイブにて35mm劇場公開版鑑賞。
2018/11/17 DVDでディレクターズ・カット版鑑賞。

直近『プレスリーVSミイラ男』を見て、キャンベル熱が高まっていた中での鑑賞ということもあり、見事に気持ちが爆発!!

初見は中学生の時だったが、当時は「ホラーじゃないじゃん!スプラッターじゃないじゃん!はらわたじゃないじゃん!」ということで、シリーズ最低の烙印を押した。
しかし、様々な映画体験を経て、ブルース・キャンベルの魅力を理解した今ならわかる。これ最高やん…!!!

作品の半分はキャンベルの1人舞台。あと顔芸。
キャンベルが殴られ、キャンベルが分裂し、キャンベルがキメ、キャンベルが世界を救う。これらをサム&アイヴァン・ライミと共に、くだらないことを言いながら仕上げていったのが目に見えてわかる。いつまでも変わらないぼんくら精神…。この映画は俺だよ!笑

また、中世的で勇壮なスコアも、キャンベルのヒロイズムを盛り上げるのに貢献している。お家に帰りたいだけのクズ男の話だったはずなのに、クライマックスの演説では拳を突き上げたくなることこの上なし!
もちろん、ダニー・エルフマンの「March of the Dead」も素敵。ファンタジー感を演出するのに一翼を担っているし、“はらわた感” がギリギリ保たれているのも、この曲のおかげかと。

なお、DVD収録のディレクターズ・カット版だとラストが異なるが、個人的には劇場公開版が好きなので、続けて観れたことと、最後まで “キャプテン・スーパーマーケット” を貫く設定に、全俺が歓喜した!

『死霊のはらわた』であって、『死霊のはらわた』でない、究極の中世ファンタジック・ホラー・アクション・コメディ・キャンベル・ムービー!

ちなみに今回の鑑賞料金は何と!520円!!
国立映画アーカイブ様、ありがとうございます。
わかってたけど、最後まで観た。

色々なんやかんやあって
応援しよう、みたいな気持ちになった。

おすすめはしないけど
個人的には満足した。
中庭

中庭の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

国立映画アーカイブにて、35mmフィルムで鑑賞。観客が爆笑していたところまとめ↓

・捕虜が突き落とされる死の穴から人体いくつ分だよと言いたくなる大量の血が噴き出した後、次に落とされるアッシュの方へ振り向く横並びの観衆たちの顔が延々とドリー撮影されるカット。
・死者の書を奪うための防具準備で、装備品がガジェット的にアッシュの体に取り付けられていくのが、いちいちアイテムを画面中央にとらえた固定→急激なクロースアップという画一的なショットで延々と繋げられていったシークェンス。最後は顔のアップで決め台詞。
・馬から落ちたアッシュを追う、地を這うカメラアイと逃げるアッシュを何往復もしつこく交互にモンタージュした一連のくだり。
・ミニアッシュとの攻防で、熱した鉄板に顔の皮膚が張り付いてしまったアッシュが、スコップでそれを剥がすところ。
・肉体を分けた分身が生まれ落ちる直前、しゃがみ歩きのまま画面に突進してくるアッシュの姿をストップモーションで表現した場面。
・トランポリン。

腹が引きつるほど笑った映画体験はこれが初めてだったかも。とか言いたくなる。
ほし

ほしの感想・評価

4.0
ギャグ氾濫につき停滞すれどこのぐらいでいい。義手製造の適格なデクパージュがあるから何をしても許せるのだ。サム・ライミをどう評価するかで分裂したのが『スウィートホーム』の悲劇。
物凄い久々観たら、そうか「死霊のはらわた2」から続いてる話だったんだと思い出した。でも、その辺りは実は観てようが観てなかろうがどうでも良かったので忘れてたんだなぁというのも思い出した笑

いやーバカ娯楽映画だよねぇ
やっぱりこういうのは何の説明なくてもオモロイもんねぇ
僕が映画に求めるのは、ストーリーは何であれ、何の説明なくても楽しませてくれるテンポとそれなりの説得力なんだなぁと改めて思いました

「死霊のはらわた2」も公開時に劇場で観たっきり観てないから久々観たくなりました
icdtr

icdtrの感想・評価

-
観終わったあとの「一体何を見せられていたんだろう…」感が気持ちいい
サムライミの演出は本当にワクワクする
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.8
というか2も見てない気がするけど怖いやつだと思って構えてたら完全にふざけたやつだった。
ブルースキャンベルさんがとにかくくどい。
オマージュ的なやつも大ネタばっかでむしろ清々しい。
ガリバーからシャム双生児化するくだりが筋と関係ない完全にお遊びで良かった。
TheDude

TheDudeの感想・評価

4.3
🎃ホラー映画🎃
ハロウィン前夜 3/3

死霊のはらわた2の直後の話
アッシュが中世に飛ばされます

この映画を楽しめるかどうかはブルース・キャンベルが好きかどうかが全てだと思う。キャラのアッシュのことではなく、俳優ブルース・キャンベルのことです✨アッシュはただのクソ野郎なので気にしないでください笑
ブルース・キャンベルのエネルギーをライミが見事に捉えカメラワークやパペット等を駆使し膨張させてるのが本当に楽しいです‼️
ストーリーも他のキャラもペラッペラに薄いので、更にブルース・キャンベルが強調されます

上記したが、アッシュは本当に嫌な奴です。だからこそ彼が様々なクレイジーな状況に追い込まれるのがとても面白い🤣もっと嫌な目に合うのを期待してしまいます

文句があるとすればレイプをほのめかすストーリーポイント😞どんなアホ映画でもなんか気分が悪くなってテンション下がるなぁ…
それとラストアクトも少し長く感じました

まぁでもそれ以外は友達と酒を飲みながら見るのに最高な映画だと思います‼️
Kohl

Kohlの感想・評価

3.4
もはやホラー要素は微塵もありませぬ笑、アッシュさんことブルースキャンベル暴走映画。
ネクロノミコンを入手する道中が基地外の極みで、ミニアッシュが出てきたり、顎がのびちゃったり流石にサム・ライミのエキセントリック感について行けなくなっちゃう。
>|