ラスト・キングスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラスト・キングス」に投稿された感想・評価

BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.4
この時代の良き映画。
クリストファー・ウォーケンの渋さが楽しめる作品
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.2
クリストファー・ウォーケンの存在感に助けられてる笑。この手の金持ちお坊っちゃま達が オロオロするのは 楽しい。そりゃあそうなりますよね、普通。
コア

コアの感想・評価

-
記録

大物と小物の差ですなw
クリストファー・ウォーケンあってこその良作です。面白かった!
ロアー

ロアーの感想・評価

3.4
ショーン・パトリック・フラナリー目当てで昔観たものの、どういう話だったかな?って、忘れちゃったので再鑑賞。
仲間の妹を誘拐した犯人を見つけるため、元ギャングのボスを誘拐した幼馴染の青年たちが、逆に誘拐した元ギャングに翻弄されるお話です。

仲間の中に真の誘拐犯がいる!って元ギャングに囁かれて、仲間たちが疑心暗鬼になるストーリーとか結構面白かったけど、ギャングの手下の話とかがちょっと冗長気味だったので、もうちょいシンプルで良かったのでは?って思ってしまう映画でした。

ちなみに元ギャングはウォーケンです。いやもう、絶対無理でしょウォーケン相手なんて。誘拐する前からチビッちゃうでしょあのお顔。
「ハイネケンの誘拐」と同じようなシチュエーションですね、アレも、もう無理でしょアンソニー・ホプキンス相手に、っていう案件なので。

だってね、ライオン相手に子猫が何匹挑んでも勝てっこないんです。
元ギャングのボスだし人生経験も豊富だし、こんな子猫たちの考えや性格なんて全部お見通しなんです。
なのに、子猫たちがやり過ぎて一線越えちゃったのでこんなことに・・・しかし、一番の被害者は単に巻き込まれただけのウォーケンなので、怒っても許されると思います。

「ビッグバン・セオリー」のレナードが出てたので、前に観た時よりアイラのキャラが2倍くらい情けなく感じられたのと、どうして忘れていたれたのか過去のシーンで出てくるロン毛ウォーケンの何コレ感のインパクトを再認識できたことが、再鑑賞の収穫でした。
getback

getbackの感想・評価

3.8
誘拐犯グループの仲間割れ、誘拐された元マフィア系の人間の考察の良さ、掻き乱し方、誘拐犯の掻き乱され方、そして最後に分かる本当の正解。目が離せなかった。
あいか

あいかの感想・評価

3.8
クリストファー・ウォーケンがすてき

心理描写がとても巧妙でした
さすが!の一言

アヴェリーかわいい〜〜っ!なんて思いながら見てたらE.T.のエリオットくんだったのね…
ほんのり感慨深い
2007.3.9
クリストファー・ウォーケン渋いなぁ!
ストーリーが二転三転して楽しめる
Yukimin

Yukiminの感想・評価

3.1
ショーンパトリックフラナリー目当てで鑑賞。オチはどうなるんだろう?と思いながら観ていましたが、途中から想像とは違う展開に。話の内容は火サスとかにありそうな感じですが退屈はしないで観れました。若いショーンパトリックフラナリーがチョットだけリバーフェニクックスに似てました。
あるか

あるかの感想・評価

3.5
みんなで暇つぶしにポーカーするシーン好き!

マックスとエリースのいちゃこら
スクショが止まらないんだ
何でそんなに睫毛長いんだ
and胸毛…
>|