ビリオネア・ボーイズ・クラブの作品情報・感想・評価・動画配信

「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」に投稿された感想・評価

5時間くらいに感じましたづら
主役のアンセルなんたらの魅力が1秒も分からなくなってしまったづら タロンエガートンはめちゃ良くてようやくキングスマンをみる足掛かりができたのはよかったづら 

ラストの本当の財産は仲間だけ は、素晴らしいかたづら

実話の重みが全くない不思議な経験でしたづら 再現映像でしたづら
bianca

biancaの感想・評価

3.5
アンセルエルゴートなので鑑賞。

ジョーもディーンも頭はもちろんキレるんだろうけど、
ほとんどが勢いと話術と度胸。

実態を伴わないのに、その先に何が見えていたんだろう。
そして、転落しはじめると、またその転落の勢いの止まらないこと。
上り詰めていく勢いもすごいけど、堕ちる勢いはもっとすごい。状況次第で物の見方は変わる、超えてはいけない一線土台のないものは崩れるのも早い。
彼らは一体何がしたかったんだ。
ハーバードを奨学金で通って卒業した人間がリスクを負って一儲けしようとしたばかりに人生全てを棒に振る話。
実話なのがやるせない。

金は人を狂わせるけどそれ以前に悪い大人や悪い人を見抜けるほどの環境も経験も無かったのが敗因な気がする。
友人に勧められて鑑賞

なんか終始主人公に共感できなくてうーん…って感じ

儲け方についてもなんにも分からなくてうーん…

主人公の言動もイキってる時もあれば急にしぼむ時もあるし…

成功談では無いので何を伝えたいのかイマイチ分からなかった

詐欺してもバレるよって話?
saru55

saru55の感想・評価

3.5
尺もちょうどいい小品。
うまい話には気をつけろ、ということ。
はる

はるの感想・評価

2.6
アンセル・エルゴート目当てで鑑賞。
どんでん返しとかを期待してたんだけど展開が思ってた方向じゃなかったな〜(「いい意味で期待を裏切られた!」的なことではない)
最初からどう見ても経営怪しいし誤魔化せそうもないし

実話に基づいてると知ってびっくり
n

nの感想・評価

3.0
アンセル・エルゴートとタロン・エジャトンのコンビがハマってた!
予想通りの展開、山場がイマイチ見えてこなくて単調に感じたかも。
胡散臭いあの人はやっぱり...?笑

ストーリー ┈ 6
テンポ感 ┈┈ 5
余韻 ┈┈┈┈ 5
映像 ┈┈┈┈ 7
音楽 ┈┈┈┈ 7
アンセル・エルゴートが好きで観てみた作品

はい、ちゃんとアンセルでした〜

彼の健全さと危ういほどの繊細さを併せ持つ佇まいが非常に良く生かされている

ただ個人的にストーリー自体がそこまで盛り上がってなくて淡々としているので好き嫌いが分かれるかもしれない
こもり

こもりの感想・評価

3.3
中産階級出身ぼんぼん私立高卒のふたりジョー・ハント(24)(アンセル・エルゴート)&ディーン・カーニー(25)(タロン・エジャトン)が起業し成り上がろうとする青春クライムサスペンスinLA,1980年代 実話系
最初から詐欺師でしかないのになんでジョーだけ善人のように描かれているのか謎。世界仰天ニュースに出てくるような再現VTRの方がクライムスリラーとしては面白いけど人脈だけはやたらあるパリピなタロンエジャトンが可愛いのでこれはこれで良い
タロン,グレンリベット,メーカーズマーク🥃 シャトーラフィットロートシルト1959🍷 🍸🍹 ハイネケン🍺 犬コーシャ ヤクで乾杯🎄 🎁ロレックス スパーゴでレーガンコスプレ ボンベイ・バイシクル・クラブ→ビリオネア・ボーイズ・クラブ ディーンの知り合い(ケヴィン・スペイシー) ジョーの恋人(エマ・ロバーツ)
oden8

oden8の感想・評価

3.6
あなたのものは誰のもの。

6/15はジャイアンのお誕生日。
"お前のモノはおれのモノ。おれのモノはおれのモノ。"
彼の名言と言えば、これが真っ先に思い浮かぶ。だが、この言葉の真意を知った時に彼の友への熱い想いを知ることになる。

この作品に登場する若者たちには、ジャイアンの様な"熱い友を想う気持ち"を持ち合わせているんだろうか。
実話に基づく物語。

エルゴートくん&エガートンくんの演技は実に眼福。ノリにノッてる感じがいい。彼らの人気がそのまま演技にも表れている気がしちゃう。
ケヴィンス·ペイシーは安定の役所を。最早、演技ではなく天然?自然体なんやないの?というレベル。怪しさが隠しきれてへんもんなぁ。

彼らが得たものは、お金は"希望"か"虚構"か。
彼らが追いかけていたものは"自分の利益"。
人は誰しもが"自分の利益"を追い求めて行動するが、それだけに尽力すると綻びが生じる。
彼らの繋がりは"友情"ではなく"自分の利益"であり、それは"虚構"に過ぎない。
登り方を誤ると、その先に待つのは凋落しかない。
ハッタリで勝ち得たものに価値なんてないのだ。

彼らにジャイアンの様な"わが心の友よ〜"の精神が、僅かでもあればハッタリも確かなものに変わっていたかもしれへん。
自分の持つ力の使い方を間違えてしまった、彼らがとても残念でならない。

"お金"に価値があるのではなく、"どの様にして獲たか"に価値があるのではないだろうか。

cast(役者·キャラ) 4
story(物語) 3.5 
architecture(構成) 3
Picture(画) 4
acoustic (音) 3.5
>|

あなたにおすすめの記事