マンイーター アンレイテッド・バージョンの作品情報・感想・評価・動画配信

「マンイーター アンレイテッド・バージョン」に投稿された感想・評価

最初の自然豊かなシーンいいね〜
行ってみたい!って思ったけど見終わる頃にはその欲も消えた笑
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.7
「ウルフ・クリーク」のグレッグ・マクリーン監督による。ワニ・パニ映画です。2007年制作ですが、日本公開が2012年とずいぶん間が開いて入ってきましたが、ミア・ワシコウスカやサム・ワーシントン等その後ブレイクした俳優が出てるのでようやく入ってきたという感じですね。
ストーリーは観光客を乗せたオーストラリアのリバークルーズ船が帰還途中に打ち上げられた照明弾を目撃し、その現場に向うも何者に襲撃を受けた船は破損し、一行は川の中島に避難するが…というものです。
巨大なイリエワニの縄張りに入ったがために彼らは次々と襲われていきますが、ワニの登場シーンはそんなに多くないですね。水辺にいた人が物音がしたと思ったらもう消えてたり、ボートごと吹き飛ばされて沈んで消えたりと直接的な描写はそんなにないですね。中盤巨大ワニが初めて姿現しますが、CGも造形もクオリティ高いだけにもっと登場シーン多くしてほしかったですね。
観光船の船長のヒロイン役でラダ・ミッチェルが出演してます。上記二人と言い結構豪華キャストですね。サム・ワーシントンはジャケットでは中心にいますが脇役です。地元のDQN役ですぐ退場するかと思いましたが、結構活躍しましたね。でもアッサリやられちゃいましたな。登場人物も観光客ら10名以上いる割に犠牲になるのは3、4人くらいと少ないのはちょっと物足りなかったな。この手のは生き残るのは主人公とヒロインだけぐらいがちょうどいいのに。割と勝手なキャラが多いですが、パニックになって混乱してるだけでそこまで悪い奴がいないのはちょっと新鮮でしたね。観光客達の中でも常識人だったエベレットが最初の方で退場したのは残念でしたな。ケイトの飼い犬ケビンが可愛くて演技も上手くて良かったですね。生き残ると思ってただけに終盤の展開は一番衝撃だったかも。
終盤のワニの巣の中での死闘は主人公が旅行ライターで戦闘馴れしてない人で更にロクに武器がない状況での戦いだけにとてもハラハラさせられて楽しめましたね。ワニの暴れっぷりも今までが嘘のように派手でしたし、あの倒し方も中々新鮮でしたね。いくら隙間があったとしてもあのぶつかられた衝撃で死にそうだけども。
最初にワニ被害などの記事が貼られてた場所にワニ退治の英雄として記事が貼られるオチは好きですね。その後のエンドロールの音楽がほんわかし過ぎていてギャップが凄かったですが。
かなりオーソドックスなワニパニ映画でしたね。ワニ映画の中では充分楽しめる部類に入る映画だと思います。
ワニもうちょいリアルに出来んかったかね。でも嫌いじゃなかった。
クロールほど内容はなかった。
せんちょう船長美人やなあ。
サム・ワーシントンの今と比べるとすごいね。。。
大自然に囲まれたクルーズに出発する直前、壁一面に貼られたワニ関連の新聞記事から悲劇を暗示させる不吉さが漂う。最初の犠牲者が出たときの「いつの間に?」という大胆なあっけなさに比べると、実際に捕食されているシーンが野暮に見えたりもする。

それほど特筆したい箇所はないのだが、こういうワニ映画における「最終的なワニの撃退方法」の統計とか取ってみると面白そうだなと思いながら観ていた。すべてが終わったあとには、冒頭の新聞記事に新たな歴史の1ページが刻まれて幕。そこからのエンディング曲には思わず脱力。
gia

giaの感想・評価

3.5
パニックマーケット以上ロストバケーション未満という感じ。

ワニ系は大体ワニがチープな動きだったり襲われるシーンが適当なものが多いけど、これはしっかり作り込まれてて迫力がありました。
alen

alenの感想・評価

3.9
わたし的3大動物パニック映画です、
あの夜の綱渡りのシーンがスリルすぎて、見ながら自分がワニに襲われたらちゃんと渡れるかなとか考えてた、、
KCUFUMI

KCUFUMIの感想・評価

4.0
オーストラリアのカカドゥ国立公園の遊覧船からの絶景が素晴らしい✨
クルーズを楽しんでいる所で、いろいろハプニングが。ワニもわんさか。

そんな中で絶体絶命のシチュエーションスリラーが始まります。
そして、サイレントアタックで人が消えていく…
正体は超巨大ワニ🐊✨
巨体から繰り出されるデスロールは迫力満点🐊✨

ストーリーはシンプルだけど、ワニの生態が良く表現されていてリアルで面白くて怖い。
CGだけど巨大ワニの姿も動きもめちゃくちゃリアル。状況もリアル。
ド迫力でスリル満点のワニワニパニック🐊✨

乗客の若い娘が売れる前のミア・ワシコウスカでビックリ‼︎ キャストも豪華。

コメディ要素やグロ要素は無し。
真面目なワニ映画。
2020年28本目
サム・ワシントン雑魚!!
この手のB級サバイバルものは大好物
王道を征く素晴らしいワニ映画。

ストーリーはシンプルながら
水面から音も無く襲撃される恐怖。
ワニの生態をフルに活用した演出は
観ていてとても楽しかったです。


ワニ観光ボートが案の定襲われて
逃げた小島は満潮になると沈む。
残された時間はあと僅か、
決死の脱出が始まる…。


この作品の素晴らしいところは
ワニの生態が良く表現されていること。
サイレントアタックやデスロールなど
ワニの恐ろしさが際立ってます。

また、登場人物に軍人とか専門家とかの
チートキャラや頭を吹き飛ばす爆弾とかが
一切登場しません。
ただの観光客が巻きこまれただけなので
都合の良いことなんてないのです。
だからこそパニックが映えて
とても良かったです。

一部「そうはならんやろ」となりますが
それでも十分楽しめると思います。

他人にワニ映画を勧める時の1本として
筆頭となるでしょう。
(そんな機会はないですが…。)

ちなみにエンドロールで何故か
謎ファンシーな歌が流れます。

無駄遣いのワニ映画
在庫処分しきるまで


あと6本。
小粒な凶暴動物パニック。出演者が意外だ。

アバター前のサムワーシントン
アリス前のミアワシコウスカ

主演はドラマ「エイリアス」でなかなかよかったマイケルヴァルタン。なかなか爽やかなイケメン。

ストーリーは想像通り恐怖のジャングルクルーズといったところ。

ジャングルクルーズ中に人食いワニが登場して大パニックに。

「ジョーズ」や「ピラニア」と同じ感じ。

観てる間はけっこう怖いけど、ジャングルに行かない限り思い出さない類の映画😅