舟を編むの作品情報・感想・評価

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「舟を編む」に投稿された感想・評価

過去鑑賞
これ凄い面白かった。
国語辞書編纂の仕事。辞書がどういう風に作られるのか知らなかったから勉強になりました。
辞書を作る、言葉を紡ぎ出す仕事しているのにラブレターを書こうとしても書けず難しい言葉を巻物に書いたのが印象的だったな。一冊の辞書、最初から作ると10何年もかかるとは終わりのない仕事ですね。
とても良い映画!

少し前までは、手書きで文章を書き、色々な言葉を用いる様に心掛けていたけれど、いつの間にか会話も文章も雑で単純で美しさのない同じような言葉ばかりを使うようになってきてしまっているなぁと反省…

言霊というように、用いる言葉には魂が宿り、その人となりを体現する。
そんなひとつひとつの言葉の意味を教えてくれる辞書の作製という、途方もない時間を掛けて作業、当に言葉の大海原を渡り編んで行く姿を描いた作品。

とても地味だけれども、じわ〜っと身体に染み渡る心地良さがあった。

俳優陣も非の打ち所がないほど素晴らしく、松田龍平や宮崎あおいは勿論のこと、終盤から登場する黒木華も良いし、八千草薫の存在感と作品全体を柔らかに包み込む感じは流石の一言。ほんの一瞬の編物のシーンだけで、この作品を端的に表現しきってる。
人の繋がりも言葉も、この作品のように編まれ紡がれて、連綿と続いてゆくものなんだろうなぁ
ナズナ

ナズナの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

アニメ全話観てから鑑賞。(かなり前だからうろ覚えではある)オダジョー27歳の時のキャラが若々しくて新鮮だった。アニメのキャラに近くてとてもよかった。アニメだと11話だからやっぱりそっちのが分かりやすかったけど、詰め込みすぎには感じなかった。最初の方ちょっと台詞が聴こえづらい部分はあったかな。下宿のセットが作り込まれていてよかった…古き良き。欲を言えばオダジョーが娘と戯れるとこ&12年後の彼女(奥さん)も見たかったな~。落ち着いて上質な素敵な映画でした。
ひろみ

ひろみの感想・評価

3.7
ラブレターが読まれる部分入れて欲しかった~
でもあの雰囲気がとても好き!
人物もハマってて良かった

ずいぶん前だからおぼろげだけど、原作は細かいエピソードとか笑っちゃう部分もたくさんあったからもいっかい読みたくなった
だりあ

だりあの感想・評価

3.8
辞書を作る人々のドラマ。

「右、を説明できるか?」
「西を向いた時に北」
なるほど目から鱗である。

馬締という主人公の姓も面白い。
そして尋常ならざる労力も描かれ、最後まで楽しめた。
ryu

ryuの感想・評価

3.4
おだやか
休みの日に見たくなる
時間の流れる音が聞こえてきそうな、独特な映像。いいですね。
仕事に対するふつふつと湧く情熱を描いてる
主人公が物静かに周りを巻き込んでいき、スローなテンポで進んでいくだけあり、後半少し飽きた
mii

miiの感想・評価

4.0
今更ながら鑑賞。
辞書を手にとってみたくなった。
登場人物みんなが愛おしくてたまらない!◯◯の語釈のシーンが好きすぎて泣きながら繰り返しみてしまった。むずきゅん。
松本先生の言葉が色々深い。
映画館で見たかったなあ。
>|