神様のカルテの作品情報・感想・評価

「神様のカルテ」に投稿された感想・評価

凸

凸の感想・評価

3.7
病気やケガの治療だけじゃなく、不安や孤独で押し潰されそうな患者さんの心を支えるのも医者の仕事なんだな
医療関係者ってすげぇ
宮崎あおい天使すぎ。

栗原先生と東西さんのやりとりが楽しくてすき。
Kaorinon

Kaorinonの感想・評価

3.0
最期をどう看取るか、どう向き合うか。胸にズシッとくる内容だけど櫻井翔くんと宮崎あおいちゃんのほんわかした雰囲気に包まれるような温かい気持ちになった😊 WOWOW録画
メイ

メイの感想・評価

-
原作を先に見ていて見たけどイマイチ入り込めず
キャラではあるがいい奥さんすぎた
奥さんのキャスティングが良かった
m

mの感想・評価

-
原作未読。あおいちゃんとカメラ似合う。翔くんの髪型慣れない、、途中ちょっと飽きた。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

2.4
宮崎あおいはやっぱりすごいんだなーって思った。
演技だけでウルッとさせられる!

話自体は、見ている最中はまとまってないなーって印象。
自分の役割を考えるようになったきっかけの患者が何で安曇さんなのか、とか弱い気がする。

あと加賀まりこはどうしても病人には見えない。
あんな元気で目力強い病人いない!
弱弱しい場面でもアイラインひいてるんかなーーって、そこが気になって気になって。
無力な自分を認めないと続かないよ、この仕事・・・・

はい、ごもっとも。
ザン

ザンの感想・評価

3.9
救急や末期がん治療で生死を扱う医療臨床現場の激務に立ちながらも、ほんわかした人柄と風貌が周囲を癒す。同居人たちとの交友はよくわからないけど、夫婦愛があたたかい。何度も言うようだが、私は妻のいる身で。
seckey

seckeyの感想・評価

-
栗ちゃんが泣いた朝、やっぱり私も泣いた。‬
‪.‬
‪心は殺せないのに、殺さずにちゃんと傷をみたいのに、時間がそれを許してくれない。何も感じないように、何も感じていないフリをして、そうやってまた朝になって夜になってを繰り返すことに、未だ納得がいかない。でも慣れてはいる。気がつくと適応していることに少し寂しくなる。‬
‪.‬
‪こんなに優しい人達を “生きづらそう“ なんて言うな。”不器用“ なんて言葉で片付けるな。消耗しないように損をしないように、毎日武装してる私は栗ちゃんみたいに捨て身にはなれない。当たり前だ。自ら傷つきにいってしまう姿を見て、胸がぎゅっと締め付けられた。こんなの無理だよ。‬
‪.‬
‪みんな同じくらい迷って同じくらい傷ついてるんだな。だけどそのままにしてもいいんだよって、そんなんじゃ死にゃしねぇよって、大先輩に言われてるみたいな映画だった。‬
Skyler

Skylerの感想・評価

3.7
まず度肝を抜かれたのはストーリーでも役者の演技でもなく主役の髪型。サザエさんみたいで可愛いんだけど何故にアイドルをこんな髪型に?
そこが最初に気になってしまったので少し集中力が削がれたかもしれない。
観ているうちに慣れて来たけど。

ストーリーは概ね良かったと思う。
主演夫婦、病院の同僚、同居人、皆んな良い人で全てが優しい映画

演技はともかく主演一止が、夏目漱石の世界から抜け出せない、目の前の患者を見捨てられない医者、自分がいないと壊れてしまうと思わせるような旦那様像、医者にはなったが未だ変わらず人生の意味を模索し続け、社会的地位など関係なく友人を愛する事のできる人、沢山の魅力が詰まったステキ過ぎるキャラでそこは大いに共感した。

宮崎さんの榛名役は、舟を編む、ラストレシピ 等と似たような奥様キャラで固定化されてしまって既視感がすごい。でもハマってはいるし一止の内面を支える奥様はハマっているのでまあ良しです。ファッションも好み。

原作未読なので、患者の手紙にも感動し医療のあり方も問う良いストーリーだったと思う。
テンポの悪さもさして気にはならなかったけど、もう少しテンポ良く仕上げ同居人との絡みをもう少し描いて欲しかった。
>|