神様のカルテの作品情報・感想・評価

「神様のカルテ」に投稿された感想・評価

イシダ

イシダの感想・評価

3.8
櫻井翔さんが提案してこの髪型になった、とのエピソードがありますが、そうでなければ本当に原作の変人さが全くと言っていいほどに伝わらないものでした。
原作と映像化のズレ。少し悲しくなりましたが、決して悪いとは思いませんでした。
ただただ原作があまりに秀逸だったと脱帽させられます。
この作品は本屋大賞二位、夏川草介さんのベストセラー小説を櫻井翔さんと宮崎あおいさんのダブル主演で映画化したもの。
原作を読んでいますが、多少変更はあるものの、ほぼ原作通りに映画化されている。
櫻井翔さんが主人公の栗原一止を格好つけずに真摯に演じ、宮崎あおいさんは相変わらずの演技の上手さで榛名をキュートに演じています。
独身男性諸君は、さり気無く内助の功を発揮する可愛いハルさんみたいな奥さんに憧れるのではないかと思う。
映画は、地域医療に根差した総合病院に勤める医師が日々出会う患者達や、周りの人々との生活のなかで、「医療」のあるべき姿を、大上段ではなく、優しさと癒しのなかで見出していく姿を感動的に描いく。
それにしても、一止の勤める24時間365日OKの「本庄病院」の対応は「凄い!」の一言に尽きます。
35時間勤務は当たり前の病院スタッフの人々には、ただ頭の下がる思いです。
最先端技術の医療で多くの人々の命は救うことは出来ると思いますが、果たして患者の心まで救うことは出来るのだろうか?
言い古された言葉ですが「医は仁術なり」と思います。
柄本明さんが演じる古だぬき先生に「ばかだなあ、後悔するよ!」と言われながらも、一止が決断した選択に拍手を送る人は多いと思う。
原作を読んでいても、「門出の桜」や「安曇さんからの手紙」のシーンでは涙を我慢することが出来ませんでした。
そして今、多くの医療従事者の方々が一止のように最前線で新型コロナウイルスと戦っていることに改めて感謝の思いを新たにします。
櫻井翔演じる変わり者の医師、栗原一止。365日24時間患者を受け付ける病院。だが患者が大勢重なったりしたら病状によっては断る場合もある。一止の奥さんが宮崎あおいちゃんで一止の変わり者と比較するとキラキラな透明感がある。
血がドバ~や手術バーンみたいな派手さはない。ひたすら淡々と患者さんとのやり取りって感じかな。医療ドラマというよりヒューマンドラマ。医療ドラマと思って見ると肩透かしくらわされる。
静かなドラマでした。終末期の患者さんとどう向き合っていくのか?患者の過ごし方。
過酷な医療現場、終末期医療とは、、。
お互いに居場所になり
一瞬でも心を救ったり救われたり
することが出来たら、幸せだと。
胸が熱くなりました。

辻井さんのピアノと風景も素敵でした。
原作を読みたくなりました。
an

anの感想・評価

4.5
はぁーーー好きだなーー
昔、映画館に見に行った時は周りがみんな涙してるのによくわからず退屈だった気がするけど私も成長したんだなぁ、、
けどやっぱり原作読まなきゃこんなに好きになってなかったんだろうな〜
M

Mの感想・評価

-
まず小説が大好き
そして映画も大好き

台詞、人物設定、音楽、全てが好きで愛おしいこんなバランスが良い愛おしい映画に出会えて嬉しい
原作を読んで、本の人物のイメージと映画のキャストが私の中で合致してくれないケース。
でも優しさが溢れる大好きなストーリーだな。
姫が子どもができたことを報告するシーンがとても可愛い、幸せな気分になりました。「医者の妻です、なにか?」というところが全くない宮崎あおいさん演じる姫がとても素敵。
私の看護師人生に多大な影響を及ぼした作品。

公開前、現役看護師130名を招待して試写会をしたとニュースで知り、同業者としては観ておいた方が良いのかなとの軽い気持ちで映画館に足を運びました。

感想は、私の拙い語彙力ではうまく伝えることができません。
けど、間違いなく言えることは、あの作品に出会えたから看護師としての今の姿勢があるということ。

医師や看護師に求められるものは高いスキルと豊富な知識であることはもちろんですが、一番大切なことはそこじゃないんだよってことを教えられた気がしました。


上映後、泣き腫らした自分の顔を鏡で見ながら「私は絶対に優しい看護師になる」と誓った決意は、今も一切揺らぐことなくに心の中にあります。(プライベートの私は全然優しくなんかないすけどね)


看護師には「医療ドラマは嫌い。だから観ない」って人が多いのですが(色々と非現実的なので)、これは「実話をもとにしたんじゃないの?」ってくらい現実的で、ストーリーに厚みがありました。
数少ない「出会えて良かった」と心から思える作品です。
前に観ていたのを記録忘れ!
辻井伸行さん作曲のテーマがとっっってもいい。
映画の舞台の長野県をイメージして作ったそうで、とっても優しい曲。
思い出しても泣ける(笑)
原作も読んだし好きな作品!
>|