ちはやふる ー結びーの作品情報・感想・評価

ちはやふる ー結びー2018年製作の映画)

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ちはやふる ー結びー」に投稿された感想・評価

何度でもみたいけど、きっと次観るときにはまた歳をとっていて、もっと切ない気持ちで観なくちゃいけないんだろうな…

いつまでが青春なんだろう。いつまでも泣きながら身を震わせて何かに全てをかけていたい…

「世界には二度と取り戻せない光がある。
でも、一瞬を永遠に留めることができる事を忘れないで。」
普段は100円のものしかレンタルしないけど、今回は新作でレンタル!
1000年前の人が書いたものが今も受け継がれてるかるたってすごい。そしてこの作品をみると、何かに打ち込みたくなる。松岡茉優スタイルの強さも、カッコいい。

「チャンスにはドアノブがついていない」先生のお言葉メモ。
ゲル

ゲルの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「結び」ということで、綺麗な終幕。
「上の句」「下の句」とカルタに没入した高校生活は、風船が萎むように終わっていく。終わらないモノなんてないから、いずれ僕たちは進路を決めねばならない。
でもその時間はただ過ぎ去るだけじゃない、と本作は言うわけだ。千早のカルタに向けた「熱」が、カメラみたいに、その一瞬を焼き付ける。誰かに伝播していく。
そんなんを観たら泣かないではいられない。これは、好き。
Takahiro

Takahiroの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

部長が決勝のギリギリに帰ってくるってどうなんやろ。感動なんすかね〜。自分は結構イラッとしましたけど。
サコ

サコの感想・評価

2.5
綺麗に終わったね、
全部通して、かるたを知れたかな、
その前のその先を読む、
感じがいい、
感じは、壁の向こう
たつ

たつの感想・評価

4.0
実写版ちはやふるシリーズ3作目。

上の句、下の句も良かったけど結びも
綺麗にまとまった作品で面白い。
新たなキャラとしてプロなどのエッセンスも加わり、より一層キャラのバリエーションが濃くなった印象がある笑

でも、団体戦の競技かるたのシーンは
前作までに引き続き迫力もあり、
ドラマもあって引き込まれる。
ForN

ForNの感想・評価

4.3
熱中できることにカテゴリーなんて関係ないんだ!

文化系は基本的には熱くなれない。という勝手な固定概念が払拭された。

競技かるた独特の静と動。その臨場感がクセになる。

1000年以上前から歌われ続けている和歌。それが現代の青春物語と融合するストーリー性のギャップが好き。

「上の句」「下の句」そして今回の「結び」を通して、若手たちが役者として成長していく姿も微笑ましい。

過去と現代、静と動、挑戦と応戦、一瞬と永遠、男と女…
いろいろな対比が絡み合い生まれるドラマも素晴らしい!


花の色は 移りにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせしまに

また青春をしなきゃ!!
機内鑑賞③
ちはやふるシリーズの完結作
シリーズの中でも一番面白くめちゃくちゃ終わり方が好き
これぞ青春映画って感じのシリーズ!
その中でも今作が一番感動し一番熱くなれた
カイト

カイトの感想・評価

4.5
ちはやふるの最後の3作。
今作では個人戦では強い新入生や名人の大学生が新たに出てきます。
いろいろな問題を抱えながら成長していく水沢高校かるた部の姿は熱く胸を打ちます。
かるたを知らなくても楽しめるので観るときは1作目から観るとより楽しめると思います。
ユータ

ユータの感想・評価

3.9
今しかできないことをやる

青春は後戻りできないからね
あの頃のことを思い出すなぁ

ちはやふるの松岡茉優が一番好き♪
>|