ちはやふる ー結びーの作品情報・感想・評価・動画配信

ちはやふる ー結びー2018年製作の映画)

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ちはやふる ー結びー」に投稿された感想・評価

リュウ

リュウの感想・評価

4.5
学生にこそ見てほしい。大人が見ると懐かしい青春時代を思い出すし、感情移入しちゃうと思う。大事なことがたくさん詰まってる映画。青春はやっぱりいいな〜
また見たくなるだろう作品ですね。

とにかく、太一に感情移入してしまい、太一の気持ちが分かるからこそ感動した。
部活と進学、どちらを選ぶか悩む姿はほんとに分かる、、、「部活を選んで何も残らなかったらどうしよう」って考えるのも共感した。でも、そこで先生が太一にかけた言葉はすごく心に響いた。
周防さんとの出会いも太一に影響を与えていたし、人との出会いって大事だなーと改めて思った。
そして〈上の句〉以上に太一がカッコ良すぎる!

しのぶちゃんのキャラも面白すぎるし、これまでの2作よりもコメディ要素が多くて面白い!

とにかく見てほしい!青春映画の傑作だな!!
ANA

ANAの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

出演者みなかわいらしい。
かるたのシーンは手に汗握る。
最後の運命戦のシーンはかっこよかったーー!!
勝利後、太一に飛びつく千早がかわいいし☆
二回目!面白かった☺️歌人の背景大事にする覚え方いいね!アニメ一期以来なぜか和歌がマイブーム!映画は、上下に引き続き、改めて見直しました☺️!

アニメ→漫画→実写という流れではまりました!どこからでも楽しめると思います!
漫画のほうが詳細ですし、実写の方は動きがあって見いっちゃいます。キャスティングもロケ地も最高!(2020/5/24)

一回目!テレビで見た!(2019/3/30)
高三になって新入生も部活に入って最後のかるた大会に臨もうとしていた瑞沢軍団だったが、部長がお忍び受験モードに入ったため部内で困惑が広がる

最後のサプライズ登場は相当いろんな関係者巻き込んで仕込みやってそう
YA

YAの感想・評価

3.6
・動画コメントの演出は要らないかな
・河合塾提供
・クイーン大学
・名人のキャラ大荒れ
・1年生二人の来年のプレッシャーはド級
・屋上の扉が伏線だったとは、三部作の醍醐味
おか

おかの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原作では太一が告白するも、千早にフラれるけど、映画ではそこが違うくて、そこ違っていいの?!と思ったけど、菫ちゃんがただ嫌なやつにならなくて、よかった。

しのぶちゃんの感じと松岡茉優の演技がすごくしっくりきた。

漫画でも映画でも新が大好きすぎた
メッシ

メッシの感想・評価

3.0
高校競技かるた完結編。

長々とついつい見てしまったが、野村周平の周到なツンデレ大作戦で広瀬すずを真剣佑から奪ってしまおう、という物語だった。

登場人物出し過ぎで描ききれていない感が少し不満。

松岡茉優が登場したシーンの空気感は良かった。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

末次由紀の大ヒットコミックを広瀬すず主演で実写映画化した「ちはやふる」シリーズの第3作目である本作。率直に言って、とても面白い作品でした。綾瀬千早を演じた広瀬すずをはじめとした前作からのキャスト陣は相も変わらず魅力的で心惹かれるものを強く感じましたし、花野菫を演じた優希美青や我妻伊織を演じた清原果耶などといった新たなキャスト陣もまた目に残るものがあり高評価。キャストに関しては申し分はないかと。そして、3年生となった綾瀬千早、野村周平が演じる真島太一、新田真剣佑が演じる綿谷新らを軸に描かれる物語は大まかなあらすじをなぞれば単純なのだが、青春のど真ん中を突き抜けるほど素直で正直なストーリー展開に思わず心を揺さぶられましたし、新入部員が入り高校三年最後の全国大会を目指す瑞沢かるた部の面々が織り成すひとつひとつのドラマは目に焼き付くほど印象的で、何よりも登場人物らの表情から喜怒哀楽がハッキリと伝わるほど、それぞれのキャラクターが生き生きとしていた。とくに、広瀬すずの泣きの演技には目を奪われましたし、ただ単に泣くのではなく、豊かな表現力で毎回違った演技を見せてくれたのでただただ"すごい"の一言。綿谷新と我妻伊織の突拍子もないユニークな掛け合いに思わず笑わされましたし、見どころ満載で最後まで楽しめた。本作はとても素晴らしい映画ですね。観るべき作品だと思いますし、何度でも楽しめる最高の娯楽作品といったところ。
今回は主題歌がPerfumeの『無限未来』に変わってて、これまた良い歌。

まずは役者陣が良い。
新入生の優希美青は顔芸が良いw
「おにぃ、付き合ってや」の清原果耶。
声が小さい賀来賢人。

“手”観ショットが新しい。
全作通してスローモーションがかなり効果的。競技かるたを格好良く映した事で観客を鷲掴み。

「送り札」が後輩を送るって事にも重なってて上手いあたり。

ただ、これは、僕が普段観てる映画がそもそも何も言ってないって問題もあるだろうけど、2回目観た時、何か説教臭く感じでしまった。
「2度と取り戻せない光がある」「青春とはかけがえのないものだ」的な事を言ってるんだけど、「うるせーよ!そんなもん俺には無かったわい!」って、映画のメッセージに「?」となる。こいつら全員、喰い殺せ!
更に、全体的にウェット過ぎる。お前ら真面目か!

『繋ぐ』は、『ちはやふる』キャラクターが暴れてる感じで、とっても楽しい。

「青春は輝かしい日々」って考えには同意出来ないから、基本的にこういう青春映画は苦手なんだけど、『ちはやふる』シリーズは結構好き!
コオジ

コオジの感想・評価

4.2
上の句、下の句に続き、この結びも鑑賞。
サブタイトルがいい味出てる。
とりあえずめちゃめちゃ良かった。
青春一直線、泣きはしないが、心が熱くなる一作。

太一が離脱してから強くなって帰ってくるところとか、ドラゴンボールのブウ編の悟飯と重なって、めちゃめちゃカッコ良かった。

エンディングのアニメーションも良かったし、ラストのシーンはきれい過ぎて鳥肌が立った。
>|