ちはやふる ー結びーの作品情報・感想・評価

ちはやふる ー結びー2018年製作の映画)

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:128分

4.2

あらすじ

待望の新入部員獲得に向けて奮闘する千早、名人を目指す新に立ちはだかる絶対的な壁、そして突然かるた部を辞めてしまった太一。かるたが繋いだ3人の幼なじみの運命が、今、それぞれの未来に向かって動き出す―。果たして、全国大会の行方は?

「ちはやふる ー結びー」に投稿された感想・評価

onem

onemの感想・評価

3.5
かるたと部活を通して登場人物が皆成長していく姿が、見ていて爽やかな気持ちになる。顧問が嫌いで集団退部した私の高校時代とは比べ物にならない。
まつき

まつきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・小泉監督やっぱりすごいや。演出とかキャラの描きかたとか、役者の魅力を最大限に引き出してると思う!そりゃぁ真剣佑氏も作品から「新田」の名前もらいたくなっちゃうよ〜。あと、若いって、青春って羨ましいって思った。一緒に観に行った人も全く同じこと言ってたし、近くの席の人も全く同じこと言ってた。

・上の句でも下の句でもそうだったんだけど、ちはやふる三部作って、小道具とか伏線とか上手に使って、笑えちゃうしめちゃくちゃ泣けちゃうし、満足度は本当に高いんだけど、見終わった途端ストーリーが全く思い出せなくなる。似た体験できる作品も、パッと思いつかないから、本当に不思議な映画。笑

・相変わらず百人一首の歌の内容とうまーく絡めた話だなぁ。

・三角関係のラストは、「おらもっとカルタで強くなりてぇ!」というちはやの悟空脳で終わってびっくりした。笑 私はとても好き。
近年の「ジャニーズ出しときゃ客来んだろ」的な金儲け主義のクソ邦画とは違い、ちはやふるシリーズは真面目に作られた信頼できるシリーズでした
「完結編を作る」という意思で、登場人物たちの物語をきちんと閉じていることもとても好感が持てる

ストーリー自体が良くできてるだけじゃなく、キャスティングがぴったり嵌まってて最高
一作目は「広瀬すずかわいいなぁ~」で見始めたけど、今作を見る頃にはキャラクター全員好きになっていた

このレビューはネタバレを含みます

結び制作発表からずーっと楽しみにしていた作品。訳あって大きな映画館での公開期間には観れなかったけど、地元の小さな映画館で鑑賞。



結ばれた!!

原作未読だけど、だから?か分かんないけど、時々ある原作をコマ送りしてしまったような展開や、逆に中だるみなんてものは3作通して全くない。と感じた。

太一が今まで報われなかったのは、あの試合のためだったんだ、と。太一のかるたが報われて本当によかった。

役者さんの演技も凄かった。これはもうほんとみなさん。演じるというより、生きてたし、今もみんなどっかで生きてそうな感じがする。

真剣佑くん前二作は、真剣佑くんご本人としての初々しさが映画にいきてる感じがしてて、だからこそ役者さんとしての場数を踏んでからの新はどうなるのだろう、、、?と思ってたんですけど、もう本当にそのままの新でした。
すずちゃんと周平くんの涙にはこっちが泣かされるよ...2人の表情が脳裏に焼きついてる...
萌音ちゃんも矢本くんも森永くんもみんな生きてたなあ、、、松岡さんも、もうとにかくみんなすごい。

この映画、受験期前に観ることが出来てたら確実に古典が好きになる、なりたかった。

もう一回観に行こうかなあ
aya

ayaの感想・評価

-
最近見た映画では1番好きな勢いで好きな映画🎟
続きがめっちゃ見たい!
nnn

nnnの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

「ちはやふる」映画第三弾。3人のカルタ幼馴染の行く末を描く。前二作品は視聴済。場面は千早の高校二年生時代の話から始まり、3年最後の大会を描いている。

脚本や話の構成はとても良かった。新しいキャラクターを入り混ぜながら、旧キャラの葛藤も描けている。カルタの勝負も最後の4人決戦勝負は痺れる展開に違いない。いや、正確にはカルタを把握している人からしたら、、、である。そう、何を隠そう自分自身がカルタの勉強不足であったのがそこまで評価を上げられない理由だ。

「上の句」を初めて見た時、カルタを弾き飛ばすアクションに手汗を握った。だが段々と目が慣れてきてしまい、そこまでカルタの試合の意味も把握していないため、やや鬱陶しく感じてしまった。また、太一のうじうじ悩んでいる姿が「下の句」から一向に好きになれない。「下の句」もあまり私は評価していないのだが、この話の展開が個人的にあまり好きになれない。急に部活に来なくなり、最後の最期で現れて実は修行して強くなってました、、、というのはあまりに都合がよすぎる。そしてその師匠、、、自分はあまり魅力的には見えなかった。新もここまで弱い人物であっただろうか。何か手ごたえの無い「脇役感」がにじみ出ている。どうしても初めて見た「上の句」の良さを中々超えることが出来ないままとなってしまった。非常に評価が高い作品と言われているだけあって、自分に合わなかっただけなのかもしれない。
mb35

mb35の感想・評価

1.5
エース広瀬すずに完全に救われた作品。主演が別の事務所ゴリ押しの女優さんだったら観に行かなかったですね。原作コミックは良いのにって原作ファンが言うのもわかります。あと主題歌も酷いですね。和テイストにオシャレに仕上げました感が滲み出てダサいの一言!
書庫番

書庫番の感想・評価

4.1
2018年03月23日 シネマシティにて鑑賞。

完成度の高い青春映画という括りで表現するには勿体ない良作。
シリーズ物としても申し分ない幕引きだし、ラストはちょっとゾワっとした。

新キャストがメインに負けず劣らず、作品世界に溶け込んでいたのも良かった。
特に賀来賢人の素晴らしさを讃えたい。

コメディー部分で確りと笑わせてくれるのも本シリーズの強み。
キャラの強みも相まった真剣佑と清原果耶のお約束は鉄板だし、緊迫の決勝戦の中でもちょいちょい挟んでくる(実力に裏打ちされた)松岡クィーン茉優のシュールさと毒舌は楽しみ過ぎた。
井D

井Dの感想・評価

4.1
ジブリ、他アニメに続いて是非、世界中の日本語クラスで見せて欲しい映画。卒業生組がそれぞれのエピソードからしっかり精神的に大人になる瞬間があって共感を呼んでいる。細かいアニメ交じりの演出や音楽もやり過ぎ感なく最適。広瀬すずの圧倒的な可愛いさも健在。素晴らしいシリーズ。
青春ものはあまり観ませんが、ネット配信で上の句をみてはまり、観てきました。
広瀬すずちゃん、上白石ちゃん、松岡茉優ちゃん可愛い。
何かに一生懸命って素晴らしい!
今青春謳歌中の若者にもいいけれど、
大人が見ても楽しめる作品だと思います。
>|