ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春の作品情報・感想・評価

「ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春」に投稿された感想・評価

だいき

だいきの感想・評価

3.8
つまらなそうなパケ写&タイトルですが平均点はゾンビ物にしてはいいなと思い鑑賞しました。
ハーフゾンビ(喋れるし、理性もある)の主人公2人のロードムービーでした。
彼女に会いにいくのが大きな目的でしたが、彼女は出演シーンが少なく特に魅力がある訳ではないのでその部分については個人的にはふーんな感じでした。
それよりも道中で出会ったゾンビのチーズ、車に乗っけてくれたクリフおじいちゃんとの旅が良かったです。やっぱりロードムービーはいいものですね。
おじいちゃんのあのシーンは場所が場所なだけに「ノッキンオンヘブンズドア」を思い出しました。

主人公がゾンビなだけあって道中の敵は感染していない人です。そこのバトルもなかなか楽しめました。
一ゾンビ映画ファンとして、これからもこういった新たな視点からのゾンビ映画が作られ続けてほしいものです。
Yuri

Yuriの感想・評価

4.3
みんな好きで泣けます。
ブレントの首のアザが切ない。
中でもチーズが一番気に入りました。
別の視点からのゾンビ映画。
初めて観た時は感動をおぼえた。
これはゾンビ系の映画を観たいという人には必ず勧めている。
あっという間に時間を忘れるくらい楽しい映画だった(笑)
半分ゾンビなんて
面白いね~
音楽もストーリーもビジュアルも1980年代の映画の雰囲気出てたけど意外と最近の映画でした。昔の映画の雰囲気を再現してる映画はよく見かけるけど80年代のは珍しいような気がしてます。

体はゾンビだけどそれ以外は元のままな(記憶とか人格とか)ハーフゾンビが人間だった頃の彼女に愛に行く話でして、感染型ゾンビものの世界観での恋愛ロードコメディでした。

主人公がどうにも好きになれなかったこと以外に大きな不満はなかったです。ツボ付近にくるけれどツボ直撃はほとんどなかった感じではありましたが…(・・;)

逃げ遅れた主人公が走行中の仲間の車を走って追いかけるシーンで、仲間たちが主人公を助けるため、あるものを投げるのですが、そこは爆笑しました( ・ㅂ・)و ̑̑
自分がゾンビになっちゃうという映画ですがとても面白かったです!
でも、何かが足りない気がします...。
これってハッピーエンド?
この後どうなるの?
など、取るに足らぬ些細なコトにいちいち捕らわれていると時間の無駄に終わってしまうでしょう。
…いや、無駄も悪くはないですな。ロードムービーってそんなもんかも知れません。

ただひたすら、個性的なキャラ達の動きを楽しめば良いと思います。♪

コメディゾンビ映画のパンデミックって、知らん間に収束してるのが多いですな。(笑)
kana

kanaの感想・評価

3.5
小腸で人引きずるのは初めて見た
なんかわからんけどめっちゃ映画みちゃう〜〜
しんご

しんごの感想・評価

5.0
ゾンビになった主人公はね
好きな女の子のことが忘れられないの。

でも死んでる。

どうせ無理だよって言ってる主人公に相棒ゾンビが言うの

「愛ってのは宇宙で最強のパワーだぜ」

そんなん言われたら
あきらめるわけないじゃん。
ゾンビのくせに。かっこいいぜ本当。

宇宙で最強のパワーに動かされ
狙うのは脳みそ
ではなくあの子のハート

渡しそびれた指輪をにぎり
恋人探しの旅に出る。

最高にラブアンドピース。
腸とかとびでるけどさ。
半分ゾンビが恋人探しする
ゾンビ二人のバディムービー。

設定だけでなく笑わせる気満々で
頭空っぽに楽しめるコメディで候。
>|