ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春の作品情報・感想・評価

「ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
もう映画界では、ゾンビは目的ではなくて手段として主流なのね・・・なんかさみしいね・・・でもロメロとか最初からそうかそう言えば。でももしこの映画が普通のラブ成就ものだったらきっと面白くないよね。ゾンビだから良いんだよね。
最後の爽やかな感じだけは良いですが、いかにもB級っぽいギャグがあまり笑えなかったし展開もかなり雑。予算も演技もテレビ映画並みのクオリティ。まあ好きな人は好きなのかもしれん。
T兵衞

T兵衞の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ハーフゾンビというゾンビでありながら理性の残った男によるトゥルーロマンスみたいなファンタジックな恋愛映画。
こんな俺も無条件で受け入れてくれ!という男の願望とそれを寛大な心で受け入れる女性といういつものパターン、という意見を見て下方修正というか素直に感動出来なかった。いい話だと思うけど。ゾンビという設定は彼らの劣等感のメタファーなんだろうけど、流石に都合良いかもなぁ。シェイプオブウォーターはあの関係に必然性を感じましたけど。
rikako

rikakoの感想・評価

3.3
おもしろかった。話は友情とか展開とかベターかもしれないけど、主人公がゾンビってことで全然ベターではない。B級最高!ゾンビに関わる人らものほほん優しい。ゾンビがリアルに現れてもこんな風にして共存出来ていく流れになるといいのにね。
わちを

わちをの感想・評価

2.5
B級〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
それがオチでええんか?アイツはその後どうしたんや?その設定必要あったか?????

ツッコミどころ満載だけど濃いキャラ多くて好きです
特に主人公の親友
レトロ

レトロの感想・評価

3.0
死体袋から目覚めたマイクは、人間としての知性と記憶が欠けていない数少ない「ハーフゾンビ」である事を同じハーフゾンビのブレントに教えてもらうが、その中途半端さに心打ちひしがれてしまう。そんなマイクだったが、ポケットから恋人に渡す予定だった婚約指輪を見つけ、少しだけ元気を取り戻す。こうして、ハーフゾンビとなった彼はゾンビハンターに追われつつ恋人を探す旅に出る…
ゾンビになってしまった自分を受け入れてくれるのか?と悩む🤔人間とはまた違う葛藤が生まれるのが面白い👏…のだけれども❗そんな事は頭の片隅に置いてきぼりになるくらい、主人公よりも脇を固めるブレント💀や完全なゾンビであるがペット扱いのチーズ🐕クリフじいさん👴にゾンビハンターの長身野郎😎の色が、まあ濃いこと濃いこと
そのため、本筋は彼等のハチャメチャ具合に完全に喰われていましたよ😙
グレン

グレンの感想・評価

3.5
半分ゾンビの恋物語と友情コメディ映画!

目が覚めたらゾンビになってた!けど意識もあるし普通に会話が可能なイレギュラーなゾンビモノ

コメディ要素多めで、しょーもなくて結構笑える!
何も考えずに観れる!と思ってたら、そういうことだったん?!っていうストーリー性もあるので、わりと楽しめるはず!
ゾンビになった主人公達のどこか憎めない旅

ゾンビ物は戦う映画ばかり見ていたので変化球で楽しめた。
ゾンビ映画でほっこりできるとは思っていたので非常にgood


主人公や親友ゾンビやペットのゾンビのキャラが見事に緩急をつけてくれるので飽きずに最後まで食いついて見た。
ふと目を覚ます黒縁メガネ
身体はゾンビ頭脳はまとも
脳の片隅遺るのは
プロポーズ決心した想い人
死ぬ前に(死んでるが)もう一度この気持ち
腕がもげても伝えねば

そんなハーフゾンビの爽やかバディ青春ロードムービー。

全編通して濁り一切無しの清涼ゾンビ。
笑って、涙し、旅を続け、腸を出す。
君に届け・オブ・ザ・デッドここに完成。
(君に届け未読)
主人公がゾンビになって、
でも意識もあってめっちゃよく喋るんだけども
恋人に本当の想いを伝えたくて
同じゾンビの親友と大冒険をする映画。

THE青春ロードムービーがゾンビ味になっている感じで、
最後もご都合主義だし放り投げてるけど
映画は辻褄を合わせないと破綻するとは思わない主義なので
全然全部OK。
クリスのストーリーなど途中の緩急もよくって、
親友が特にいい味出してた。いい映画。
>|