最後の命の作品情報・感想・評価・動画配信

「最後の命」に投稿された感想・評価

ちまき

ちまきの感想・評価

3.1
原作読了。中村文則作品が好きで、何が映像化されてるんだろうか、と思って調べてみたらまさかの映像化済み。しかも柳楽優弥と矢野聖人。これは観ないと。

小説やら漫画やらの映像化は、原作の方が面白い事は大前提。もはやこれは分かりきった事なので、全くの別物として最近は楽しむようにしてます。

主演の柳楽くんの陰の演技はやっぱり好き。矢野くんの一見まともそうに見えて実はまともじゃないような演技も好き。

個人的には一つの作品としてとても楽しめました。
原作と比べるとやっぱり原作の方が好きだけど、映画の方が軽いかな。原作は文字で入ってくるので自分でどうしても想像しなきゃいけなくて余計に入り込んでしまうから圧倒的に感じる鬱度が高い。

あと、矢野聖人くん演じる冴木裕一の幼少期を演じたのが、板垣李光人くんだったけどめちゃくちゃ可愛い………面影ありまくりだけど、めちゃくちゃ可愛い……天使かて……。
「去年の冬、きみと別れ」と「悪と仮面のルール」に続き、3作目の中村文則原作映画。ほんとうに、この人の映画化作品にはハズレがない。ダークな世界観と一段深く引きこむセリフ、そして希望を残すラストには、原作への誠実さを感じた。その上で映画的手法を駆使し、柳楽優弥の善と悪のあいだで揺れる演技も素晴らしかった。
カノン

カノンの感想・評価

2.8
序盤から中盤にかけては嫌いじゃないが、途中からは主題がどこにあるのかよくわからなかった。
あと、わりと会話劇。
女が急に自分のこと語り始めるのに面食らう。
miwa

miwaの感想・評価

3.0
ケイトとサイキ、2人の関係が尊く良かっただけに、走って助けに行ってあげてよ〜(走れば間に合いそう)と思ったけど、柳楽くんにはやっぱり引き込まれるしよかったです。
snowapple

snowappleの感想・評価

3.5
人の心は、どのくらい弱いのだろう?
同じ出来事でも、なんとも思わない人間もいれば大きな痛手を追ってしまう人間もいる。
性的なことに関しては、尚更…
被害者が全てを打ち明けることも出来ず、当人以外にしかわからない痛みを勝手な想像であれこれ言う人もいる。
同情してくれる人さえ何をもって慰めてくれているのかさえわからなくなることと思う。
そんな中で心の傷など死ぬまで癒えることなどないのだろう…
忘れたくても忘れることのできない傷を背負いながら生きていかなくてはならない。
人の心はどのくらい強いのだろう…
こりの

こりのの感想・評価

3.0
観ながら下等なじじい死ねという言葉が頭の中に渦巻いた

ただ、登場人物が少なく余計なものが削ぎ落とされているため、ひとりひとりが濃くうきでていた

とはいえ、こんな胸が悪くなる映画とは知らず観てしまったが、中村文則原作となればハッピーな映画ではないと予測できたはずか
kazata

kazataの感想・評価

2.0
(『浅草キッド』は未見だけども…)今やすっかり演技派俳優として定着した柳楽くん主演×中村文則原作なのに、今の今まで「こんな映画あったんだ」と全く知らなかった本作をウォッチ!

過去のトラウマに苦しめられた男女3人の悲しきサスペンス……だか何だか知らない(原作未読)が、典型的な"ザ・説明"映画に感じられてイマイチ乗れず。

トラウマになったホームレスの集団レイプシーンと同じぐらい、高校時代の冴木と香里の"互いの同意のもとでのレイプまがいのセックス"が物語的に超大事なはずなのにオフ(昔話で処理…)になっている時点で、本作の映画化は失敗だったんじゃないかな。
(百歩譲ってオフにするなら、高校生の頃のエピソードなんて全カット=わざわざ映像化しなくてよくね!?…ってことで、60分以内で収められる話をダラダラと無駄に引き伸ばしている印象)

ってか、「延々と続く回想シーンの中で過去時制のキャラクターが大過去のことを説明する」のをひたすら見せられてもさ……それってサスペンスとして面白いのか?

桂人(柳楽くん)にとっては冴木(矢野聖人)が=冴木にとっては桂人が「"ヒトの道"を踏み外さないためのストッパーになっていた」って設定を生かして、もっと露骨にプラトニックなBL展開に持って行った方がまだ面白くなった気がするけど(笑)
(監督曰くキリスト教的な価値観による「原罪」とか「生と死」がテーマらしいが…)
餃子

餃子の感想・評価

2.3
性犯罪って
被害者もそうだし
その周りの人も全部を
ズッタズタに、一生、傷付ける

性犯罪者のバックボーンはなんであれ、
被害者や周りを生き殺しにするし
その傷の範囲も深さを考えたら
本当に許されるべきじゃない。

尚更そう思った映画だった

そしてやっぱり柳楽くん、最高。
どんな役をやっても引き込まれるお芝居。

それに比べて女性の方の演技は、、

誰かにおすすめするような映画ではないかな!
Bicky

Bickyの感想・評価

-
よくわからない、、、
小さい頃に大人の遊び❓を見て病んでしまった二人の男の子の話。
そこにこれまた病んでる同級生女子も絡んでくる。
最後はその友達は自殺
djkaz

djkazの感想・評価

2.4
柳楽優弥の演技は良かったと思うが…

幼少期に大人がやっていたことってのは結構引っかかるもんですよね。
性癖って大人になって広がることはあれど閉じることはないですから。
ホームレスの知的障害者へのレイプをきっかけに強姦へ狂っていく男と、別の方向で潔癖に狂っていく男。

これだけきくと面白そうなのに、なんかイマイチ納得できないラストで、そのラストのせいで全体がイマイチだったような気がするそんな映画だった。

殺人事件の軸があるのに途中で登場人物たちが無視しちゃうんだよなー、
過去の回想になって前述の通りそれのほうが殺人事件より面白いもんだから。
>|

あなたにおすすめの記事