愛の渦の作品情報・感想・評価・動画配信

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.1

あらすじ

「愛の渦」に投稿された感想・評価

はっか

はっかの感想・評価

3.3
目的はみんな同じなのにありきたりな世間話から始めて誰が最初に話すかドギマギしてるあの地獄みたいな空間が日本人特有すぎて笑ってしまった

最後のすれ違いが切なくてよかった〜
佐々木

佐々木の感想・評価

3.0
池松モクでした
行為に至るまでの不器用なやりとりとかに日本人を感じた
Reeee

Reeeeの感想・評価

2.5

なんかもうすごい、、、
これはA○では?

まぁ、人それぞれ思いも欲もあるよね。

身体と欲を曝け出した
とても滑稽で、
日常から逸脱した空間。
でもきっと、
みんなそんなもんだよなってなる。
ひとには勧められないけど
観てよかった。

「拒み続けてたら
何のためにここに来たのって
なっちゃいますよ」
面白くなかった。
ヤってるシーン多い。普通にもっと個人個人の話とか聞きたかった。
人間の欲望を上手に描いている。
2度目を観たくなるような作品ではなかったですが、とても日本人的な自我の出し方は考えさせられるものがあります。
モフヲ

モフヲの感想・評価

3.0
乱交パーティーを題材にしたエロい作品。

初対面の様子から徐々に打ち解けていく様は非常にリアルで、なるほど乱交パーティーとはこういうシステムなのかと妙に納得。
そういった知識欲は満たされるけれど、鑑賞後に感動したり明日への活力が生まれたり…といった事は皆無。
つまりは、初対面の男女が行為に及ぶという特殊なシチュエーションを全力で楽しんでくださいね!という娯楽映画でした。
興味のある方は是非。

ちなみに「作中の着衣時間がたった18分」という触れ込みであるので、ずっと全裸でいるのかと思いきや、実際にはバスタオルで隠している時間がほとんどです。
ぶっちゃけ拡大広告ですよね。
高度なギャグに尽きる。
乱行パーティを取り締まる日本、自由におおらかに生活できない日本。
ドイツを見てごらんなさい。
大人の国にいつになったらなれるのかしら。
Same

Sameの感想・評価

2.6
スワッピングを目的とした秘密クラブに集った男女の一晩の物語。

全編を通してほぼセックスしているもののエロさは大したことなく、どちらかというと初対面の人間同士がセックスを通して打ち解けていき、人間性が露わになっていく様子を描いています。

日本人特有の初対面のぎこちなさや、物語の顛末などはリアルだなあと思いましたけど、だからなんだって言うんだ笑
オリジナル原作は舞台劇だそうで、なるほど舞台という狭い世界の文脈の中だけで考えた作品という感じです。現代アートしかり、芸術系で陥りがちなやつですね。

人間が集まって打ち解けて人間性が見えてくると、醜いところが暴かれたり意気投合したり恋心が生まれたり、スワッピングという非現実的な場所でも人間は変わらないというあたりが面白さのキモなのかと思いましたけど、それなら会話劇としてもっとそれだけで引き込まれる会話にしなきゃならないし、展開のテンポももう少し良くなきゃ。
出演した役者が全員裸になってセックスシーンを演じたっていうところが話題として先行していて、いざ見てみたら内容は薄かったというガッカリ作品でした。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.8
 乱交を目的とした裏風俗店の一夜を描く。

 これ、元は舞台なんですねぇ。いかにも舞台的な軽妙な台詞回しにちゃんと濡れ場を追加して映画にした。そんな感じの一本。
 だんだんと打ち解けていく乱交メンバーが途中ですごく相手をモノ(商品)のように評価するあたりがなかなか面白い。
>|

あなたにおすすめの記事