愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

yu51

yu51の感想・評価

3.2
すごく生々しかった。
リアル感が出てるのも役者さんの凄さなのか。
窪塚洋介がかっこよかった。
マシユ

マシユの感想・評価

3.5
完全密室型乱交パーティ映画。
まあ密室以外ありえないんですけどね。。

この映画を見て電話ボックスの実験の話を思い出した。
これは不特定多数の人を集め、電話ボックスに何人入れられるかを実験したもの。1回目の実験をしたあと30分の休憩をはさんで2回目の実験をすると1回目よりも入る人数が減ってしまう結果になったという。
これは休憩時間に被験者同士がコミュニケーションを取ったことによって気遣いが生まれたことが原因だと言われる。

知らない者同士が集まり、時間の経過とともに気遣いが生まれる。やがてそれは愛情だったり、憎しみだったり、嫉妬だったり、さまざまものに変わっていく。
一晩でそんな濃密な変化が訪れるのは、乱交パーティをおいて他にないと思うので、一度くらい行ってみたいと思うのは、単なる知的好奇心によるものである。
麦ちゃんと池松くんの演技力すごい...主役なはずの彼らの台詞の少なさ。新井さんかっこいい
もっと、密室劇っぽい心理戦だと思っていたよ...
⚠︎台詞小さいな、って音量上げるとびびる。
comokomo

comokomoの感想・評価

2.5
さほどエロくもなく、
池松くんの使い方わかってない感じが悲しかった
さら

さらの感想・評価

-
こういうの真剣に観れなくなったな
池松壮亮こんなんばっかでしんどい
none

noneの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

会話の間があまりにリアルで笑ってしまったw 恋の渦に引き続き、非日常感たっぷりなのに謎のリアリティが面白い。
ラストも良かった。あそこで謎の恋愛展開に持ってかれてたら一気に冷めてた気がする。窪塚と新井浩文を久々に一緒に見れたのも良かった。
つきか

つきかの感想・評価

5.0
門脇麦ちゃんがやっぱすごい。池松くんのダメそうなキャラも良い...
体を重ね合うことに何を求めるのか 愛なのか単に行為そのものなのか。求めたことによって何を得られるのか 愛なのか行為そのものの回数や相手なのか。正の字を足していくようにセックスするのも、愛を求めるためにするのも、求めるものは人それぞれだけど、結局、自分に正直になるってことを恥じないで、それがいちばんなんだってことを信じていたい
MayumiI

MayumiIの感想・評価

4.2
乱行パーティーに集まった8人の男女の話。
池松くんのセックスはいろんな映画で見ているけど、この映画に関してはどの役者さんも、捨て身すぎて驚いた。
小さな部屋のなかで繰り広げられる、駆け引き、嫉妬、序列…。
遠慮がない本能と欲望のむき出し感が好き。まさに「縮図」って感じがする。
最後もいいな。
夜が明けて、カーテンを開けたら、そこ現実なんだよね。
ナナコ

ナナコの感想・評価

3.0
万引き家族でちょろっとでてた池松壮亮をもっとみたくて。

麦ちゃんすごい
tuki53

tuki53の感想・評価

3.0
期待してなかったけど、クスッと笑えたりリアリティありすぎて見入ってしまった。
とにかく池松くんと麦ちゃんが可愛い😍
ラストはそうかーーっ…てかんじ。
>|