愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

tomomi

tomomiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

みょーにリアル。思惑が入り乱れてる感じがおもしろかった。

ラストも上手くいかないところがまたいい。評価低いのが謎。
ま

まの感想・評価

-
性描写えげつい。
話し合いのシーン、観てるこっちまでなんか気まずい。

「人間」って感じ。
monja

monjaの感想・評価

3.5
紳士淑女の社交界。
潔癖だから参加はしたくはないが、みんなが被ってる建前・見栄や道徳などがなくなって、どんな風に本能的に変貌するのかをスタッフ側から見てみたい。
ここまでの演出とは思ってなかったので性描写は日活ロマンポルノは越えていると思う。
Ryosei

Ryoseiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

門脇麦ちゃん目当てで観ました。たくさん観られて満足。
カメラが上でぐるぐる回ってるシーン、麦ちゃんが背面騎乗位しながら都度天井を見上げてて「体勢しんどそうだなー」とどうでもいいことを思っていたw
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.5
会話してる間の雰囲気とか内容とか、やりたくない相手をさりげなく避けるのとかリアル。就活のグループワークもこれと一緒でしょ。みんないろんな人格を持ってるんだよ。人生駆け引き。こいつ嫌いとか胸の内に隠しながら人と接してるの。
最後の二人のカフェでのやりとりが全部な気がするし
根底にはカジュアルセックスを愉しむ今時の人の考えに近いものがあるかも。一回見て十分かなw、
ちゃら

ちゃらの感想・評価

3.0
男二万、女千円。
ただ、やるだけのためだけに集まった男女8人(10人)の話。

とりあえず終始、裸!
門脇麦ちゃん乱れまくり!

そして、出演者が窪塚洋介、滝藤賢一、新井浩文、田中哲司と謎にめちゃくちゃ豪華(☼ Д ☼) !
演技って凄いなって純粋に思った気がする

乱行パーティー系のやつって素直に面白い笑
やっぱり乱交パーティとか風俗とかにおいて キスって特別なことなんやなあと思った
yummy

yummyの感想・評価

3.0
ドラマチックなのを想像してたら、なかなかのシュール・コメディ。なのか?
即興芝居のようなリアルな台詞や仕草が面白かった。
ヒリヒリする程の沈黙や、妙な盛り上がりの表現がうまい。

こんな役をこんな大物がやっちゃうんですか!?っていう。
主役2人が非常に少ない台詞を非常にゆっくり話す役でかなりイラつくけど、それもリアルだと思う。

例えそれが徹夜で勉強した後、朝まで飲み明かした後、カラオケオールの後、ワンナイトラブの後だとしても、あの朝日の破壊力ってすごいよね。(私の体験談とは関係ありません)
それまでいた場所が人が、全く違うもののようにさえ見えるあの日差し、本当に怖い(笑)

終わりにかけてが結構良かったから、序盤の沈黙に耐えて頑張って最後まで見てほしい!
>|