愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

otom

otomの感想・評価

2.7
なんだかひどく苛々すると思ったら、『ボーイズ•オン•ザ•ラン』の駄目な実写化しちゃった監督か。アイデアのみ。もっと苛々するのはやっぱり何がなんでもギリギリのところで隠す三津谷葉子。まずまずでした。
オノ

オノの感想・評価

3.2
ネフリで観た

人間の動物である部分がずっと剥き出しで
感情に訴えかけてくる人間臭いところも剥き出しで上手じゃないしそもそも上手ってなんなんだと思うし
観てる間ずっとほ〜〜って顔をしてたと思う

あとずっと寒そう、バスタオル一枚は寒いと思う
こんなとこに愛なんかないのにな勘違いするなよっていう話
恐ろしく滑稽でありながら人間観察としては興味深い2時間だった
みんな殆どずーっと裸だし性行為まじまじと見せつけられながらも
特にエロさは感じず
最初は笑えたんだけどだんだんと朝が近づくにつれしんどかった

麦ちゃんの凄まじい喘ぎをパッションという新井浩文よ
パッションっていうよりかスポーツだったね

美しいものは何もなかった
強いていうならば窪塚洋介が救い
だるだるの身体とかは見とうなかった 完
カザン

カザンの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

んー、前から見たかったけどいつもTSUTAYAで借りられててやっと見れた映画。
マンションの一室に集まった男女の乱行パーティの話。
男子の気持ちでは新井浩文の役が1番わかりやすく、しかもすごく役に合ってたと思う。
本当にこんな事が日常的に行われてるかと思うとゾッとする。
内容はあまりなかったけど飽きないで最後まで観れたから良しとしよう。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.0
アウトレイジ風に言うなら「全員変態」

まぁ僕も演者がほとんど裸という情報につられて鑑賞したわけですw
最初こそ門脇麦のお乳っ!!!!!って思いながら鑑賞してたのですが、段々エロくなくなっていくというか…滑稽に見えてきてしまってw


男は必死に腰動かして、女性も轢かれたカエルみたいな格好して、本能のままに動く動物って感じがして笑えたんすよw

あと門脇麦の喘ぎ声演技とはいえ引いちゃいますよwあんな女性嫌だ…

池松壮亮の目が良かったなぁ…!
語らずとも通づるものがあるというか。ファミレスのシーンなんて素晴らしいと思いましたよ。

あんな乱交パーティを見せられて人間の愚かさを感じたけど、それでも最後の窪塚洋介には救われる。

SEXには、愛があるんすよ…←


あと男性陣の「一度抱いたら俺の女」テンションやめとけぇ…
うの

うのの感想・評価

-
パンツ履く
後ろ姿は
皆同じ

_
・窪塚洋介カッコいい
・白はエス黒はエル
・話し声と喘ぎ声の差が大きすぎて音量上げ下げ激しい
・ムギちゃんってなんだろうか。みたことないタイプの顔なんだけど、何が大きく影響してあの独特感が出てるのだろう
・昇り竜…

・窪塚洋介の弟も俳優。あと、気象予報士。にいちゃんの方がなんかシュッとしてる

舞台見てみたかったな
ちと2時間は長かった
もりり

もりりの感想・評価

3.0
こんな世界もあるんですね。
人間の汚さとか寂しさとか
そんな人間らしい映画なような。
お母さんが布団買うために
振り込んでくれたお金を
性欲のために使ってしまう…
kumiko

kumikoの感想・評価

2.3
それぞれの本性というか、欲望の表れ感が笑えた。
門脇さんの女優魂に脱帽です!
いやもういいから服着てwww
途中から何見せられてるのかわからんけど、とにかく麦ちゃんの演技力がすごいのかもしれない。
Emy

Emyの感想・評価

3.4
思っていたより全然悪くなかった◎ 麦ちゃんも池松くんも絶妙。いや、キャスティング全体的に絶妙。
>|