愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

ぺり

ぺりの感想・評価

3.0
あまり予備知識を入れずに鑑賞したけど、キャストが豪華でびっくり。
内容が内容なだけに無名な人が多いのかと思いきや、贅沢なキャスティング。
こういう場に居合わせたことはないけれど、実際こうなりそう、みたいなたどたどしさや妙な打ち解け方、空気感や役回りなど、絶妙でした。
なんとなく不思議な作品。
kaz666

kaz666の感想・評価

2.9


6年前ぐらいに
乱交パーティーを見学したことあるけど、
こんなんではなかった。
ただ、あんなかんじのデブは絶対いるよね?
あとシャワーめっちゃ入らされてた。


bgm:a perfect circle
うーん、なんか中途半端、という印象。

「全てを曝け出す場所での気まずさ」はテンポの悪さが悪目立ちしてしまってるし、「日常と非日常」は妻とか子供とかわざとらしい。

ただドア開けたときの窪塚洋介は百点
あきら

あきらの感想・評価

5.0
恋の渦と間違えて観たんですけど、わたしこれめちゃくちゃ評価します、、あえてというか、むしろというか

てか!何者の監督なんですね、納得

(以下私情やネタバレ込みレビューです。。)

セックスだからって、すごい意味ありげに思うけど、そんな意味ありげでかっこいいことなんかないんですよ、って窪塚洋介も言ってたし、内容だってそんな意味ありげでかっこいいことなんかなくて。(だからつまんないといえばつまんないと思います。)
生きててそういう風に絶望することだってある気がします。
意味ありげなのに意味なかったような。
夜の色や空気が意味ありげなのを一瞬で無にするように、朝の光が入って無になりました。
別になにもなかったような気がするんです。
結局なんの意味もないんだって。

でも、だからって門脇麦が最後言った「本当のわたしじゃなかった」とかはムカつきます。なんでそういうこと言うの?って
事実としてそれがあったわけじゃないですか
そのときそのことその気持ちが事実としてあるじゃないですか
感覚的に朝の光とともに無になったと思いがちだけど、そんなことないと思います。それこそ逆に、その夜あったことを夢のように意味ありげにとらえすぎだとおもいます。
池松壮亮が言い返した言葉は、(よく言った!)って思いました。
お前はあれが事実で真実なんだよ!って 言ってやりたい。なぜ自分を、社会的に都合のいいようにしようとするのか。なんで自分の事実を自分じゃないとかムカつくとか言うのか。お前はたかがお前なんだよって そんな大それたもんでもないんだよって
まあだからってクズとは言わないけれど お前はお前以上でも以下でもないんだよって 多分、池松はわかってる、というか認めてる。

と 色々私情が爆発したので評価しますこの映画
空気感とか会話とか間とか道具や光や表情や。全部すごく勉強になります。すごい映画だとわたしは思いました。
主人公のルックスは一夜にして相手の全てを知った気になってしまう役として100点。
Shiro

Shiroの感想・評価

4.0
「恋の渦」の後に鑑賞

あちらとは全く違うテイスト

初対面同士なので、ぎこちなさからくるスローテンポ

あまりにもセリフがたどたどしいので、人によってはダメかも

結構リアルな人間描写を、役者さん達が上手く演じてます

「新井浩文」のだらしない感じが良いです

カップルが登場して、お二人さんのビジュアルだけで笑えます

少ししか出ないけど「窪塚洋介」もしっかりと存在感を出してます

全体的にキャスティングが絶妙です


ほぼポルノですが、内容的に好みの映画でした
こんな感じなんだろうね、以外の感想が浮かんでこなかった。日常を送るなかで職場とか学校では表に出さない欲望とかが誰にでもあることはみんなわかってると思うし、想像つくようなレベルの話の展開で、で?というまま終わった。どちらかというとむしろエロ要素が足りない気がした、乱行く人はもっと欲望むき出しになるんじゃないかと。
題材はとてもセンセーショナルなだけに、もっと上手く料理できなかったのか...!と惜しい気持ちになった。
空間が生んだ「何を言ってもださいし薄っぺらい」状況はひたすらに面白かったのに...もっと会話と性描写のメリハリを付けて欲しかった。

キャスト全員がいいキャラクターを持っているのに、それをすべて出し切ることができなかった感じ。会話のテンポがあまりにも悪く(ぎこちないにしても不自然すぎる間の取り方)、展開も想像に収まる範疇。
三浦監督の群像劇に対しての期待値がとても高かっただけに、肩透かしを食らったかたち。

性描写にもいやらしさはあまりなく(あえてそのように撮ることで、この空間の浮世感や滑稽さを表現しているのかもしれないけれど、どっちつかずで観方に迷う)、それを楽しむにしても中途半端。
CK

CKの感想・評価

4.0
欲望のままに生きてるって感じがして
なんだか羨ましい限りです。
満州事変は笑いました
Natsumi08

Natsumi08の感想・評価

1.0
つまらなかった。テンポも悪い。ただただ時間の無駄だったと久々に思ってしまった。
>|