愛の渦(2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:123分
    監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    キャスト
    池松壮亮
    門脇麦
    新井浩文
    滝藤賢一
    駒木根隆介
    柄本時生
    三津谷葉子
    中村映里子
    赤堀セリ
    信江勇
    田中哲司
    窪塚洋介
    あらすじ
    午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

    「愛の渦」に投稿された感想・評価

    ArataOkura
    3.1
    けっこう笑った
    演劇っすよねー
    まえ
    2.9
    池松壮亮の「人生は語らず」感が好き。
    かーく
    3.0

    オープンニングには満足したけど内容は思ってたんと違ったので3点!

    開始直後の言動、行動がすごくリアルで、現実にあったらこうなりそうだなと思った!

    わりと豪華な役者陣にびっくり!
    メガネの女子大生がバスローブで階段下りてくるオープニングがかっこよかった。愛のかたちが様々な角度から描かれていて意外と温かな気持ちになった
    しか
    -
    騎乗位でやりまくるシーンの門脇麦ちゃんが、役というより役者としてヤケクソという顔をしていて、女が映画で裸になるために要求される覚悟を思った。
    あのマーゴットロビーですら濡れ場(しかもクールでおもしろいやつ)の前にはウォッカをあおったというから。

    頼みの綱の窪塚がどうしようもないメールを受信して映画が終わり、後悔の2文字が脳裏に打ち上がった。
    Sho
    3.5
    「賢者モードが一生続けば東大に行ける。」門脇麦ちゃん好きや。
    二階堂ふみとともに気になってしょうがないのが門脇麦なので、彼女が見たくて鑑賞。

    設定は非日常的でありながら会話がリアルで日常感溢れる、っていう感じが戯曲的だなーという印象。もとが舞台だからか?
    映画の頭で観るとなんか落ち着かないけども、とかく役者陣が素晴らしい。

    おおむね服着てないシーンなので、通勤中のスマホ視聴に向かないのが難点であります。
    男性と女性のリアルさみたいなものは感じたけど・・・。池松くんこういう役多くていいなぁ(笑)
    乱交パーティーでの男女を描いた作品。

    「笑っちゃうほどむきだしの欲望」というキャッチコピーの通り、観ていて何回か吹き出して笑っちゃいました。思っていたよりコメディ要素の強い作品。

    とにかく門脇麦に限らず、女性陣がガンバったなぁーという感想。ただ、あまりエロさは無いかな…チョットうるさい。

    演技は自然で良かったと思います。キャスト全員が適役という感じでピタリとハマっていました。特に池松壮亮、門脇麦はこういう役が合いますね。

    ただ…見終わった後に「だから何なの」という感じが。確かにリアリティはあると思います。でも「だから何なの」感が凄いです。

    エロ目的というよりも何となく笑っちゃう姿を楽しむ作品なのかもしれません。あまり深く考えずに観たほうが面白いんじゃないかと思います。
    >|