アンディフィーテッド 栄光の勝利の作品情報・感想・評価

アンディフィーテッド 栄光の勝利2011年製作の映画)

Undefeated

製作国:

上映時間:113分

3.9

「アンディフィーテッド 栄光の勝利」に投稿された感想・評価

高校大学ラグビーをしていた自分にとって、この映画ほど興奮するものはない。
過去の自分と重ね、良き監督と出逢えたからこそ今の自分があるのだと再認識した。
正しい事をしていれば、助けてくれる。という言葉を心に刻み、また来週から仕事に向き合おう!
電車の中、iPadで見ていたが涙を堪えられなかった。それくらい感情かま揺さぶられた。
大切な事を思い出させて貰えてよかたあ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
しんこ

しんこの感想・評価

4.0
スポーツで、人間性は形成できない。人間性が露呈するのだ。(確かこんな感じの事言うてた。)

この考えが凄く心に残っていて、まさにその通りだと感じている。
騙そうとする者、真面目に向き合う者、投げ出す者。
ドキュメンタリーの嘘が通用しない、社会の現実をまざまざと見せつけられる。高校生の試合で警察が出てくるのも、日本と違って危険の度合いの違いに驚く。

スポーツ好きでなくても、社会ドキュメンタリーとして見ても面白い。
小原

小原の感想・評価

-
レブロンジェームズの高校時代のドキュメンタリーを観たのはずいぶん前だし、NBAのつまり世界のナンバー1プレイヤーになって久しいけれど、未だに「レブロンはうまくやっていけるかのう」と心配になる位心に残っている。この作品の少年たちもうまくやっていけてるか、これから折にふれ思うだろう。そんなおそらく「全米が泣いた」オスカー長編ドキュメンタリー賞受賞映画。私も泣いた。
アメリカはなんだかんだ言っても余裕のある人が困っている人を積極的に援助する社会ということもわかって、画面に向かって幸せを祈っているだけの自分の生き方を考えたりもした。
コーチはトムハーディに似ている(ちょびっと)。
2017/09/27
いまむ

いまむの感想・評価

4.5
指導者、リーダーとして組織を束ねる人間には是非とも見てもらいたい。

10戦10敗のチームを常勝チームにして行く過程は本当に多くの気づきがありました。

アメリカっぽい名言の数々も必見です
EiGa

EiGaの感想・評価

4.3
ドラマのlast chance uに似てる
今まで観たドキュメンタリー映画の中で1番好き。
黒人生徒ばかりの高校の、弱小アメフトチームにやってきた白人コーチと部員を追ったドキュメンタリー。

貧困と犯罪がはびこる地区のため、ほとんどの生徒の親類には犯罪者が。そんな彼らに、アメフトの技術だけでなく、人格形成の場としても様々なことを教えるコーチ。ボランティアで無償などころか、チームの支援のためにかなり出費しているそう。
自分の子供を十分に構ってやれない歯がゆさも抱えつつ、ここまでよその子の面倒を一生懸命見るってほんとすごい...。

「正しいことを続けていると誰かが気付いてくれる」。マネーの一件は本当にドラマチックで感動しました。
応為

応為の感想・評価

3.3
アメリカのある高校アメフト部のドキュメンタリー映画。
このアメフト部がまぁ、ガラが悪い、チームワークが無い、そして弱いという救いのないチームだった。
そこに1から指導するためにやってきたコーチを中心として、チームの内情を描いた作品。
観ていてコーチを労いたくなるほど大変な仕事っぷりで、もうそれコーチの仕事の範疇越えているだろって所まで選手達のために日々奔走する内容になっている。
しかし、選手達も決してふざけてアメフトをやっている訳では無いので、1人1人に何かしらの悩みや問題があり、それすらもアメフトを通してぶつかっていくコーチは何者なんだと言いたくなった。
最後まで見ると、コーチと一緒に1年間このチームを応援していた様な感動を覚え、これってホントにドキュメンタリー?と言いたくなるほどよく出来た映画だった。
地区で最下位だった高校のアメフト部があるコーチの教えにより勝利をつかんでいくお話。技術よりも「人間性・規律・チームのために」。
正しいことをやり続ければ、必ず誰かが助けてくれる。
このシーンの時は泣けました。

コーチの教えが素晴らしい!
こーた

こーたの感想・評価

3.8
正しいことをしていれば誰かが見ていてくれる。
観ているこちらも人間性を見つめ直すことができる作品だった。
人に信頼してもらうにはにはまず相手を信頼しないといけないって事がわかった。それが本当の信頼って事なんだろう。
スポーツを通して勝つ事の喜びだけでなく人間性を養っていく。スポーツってやっぱりいいな〜って思った。
いろんな人に観てほしい。
ちゃんと見ればきっと面白い

外国のドキュメンタリーは眠くなるということがわかった
>|