ルディ/涙のウイニング・ランの作品情報・感想・評価

「ルディ/涙のウイニング・ラン」に投稿された感想・評価

色んな事を犠牲にし、挫けそうになりながら歯を食いしばり頑張ってる人の夢が叶いますように‥。
NaPi

NaPiの感想・評価

3.9
8月某日(忘れ)鑑賞 ⑥


小さい頃から小柄で
アメフトには向かないと言われ続けて来たルディ。
成績も芳しくなく、
幼い頃から憧れていた名門へなど行かせてもらえず、高校卒業後は鉄工所で働く。

それでもやはり夢を捨てきれず、
ずっと応援して来てくれた親友の死をきっかけに
憧れの大学への進学を試みる。

運良くチャンスを掴んだルディだが、
別の大学で優秀な成績を取った場合の入学という壁をなかなか越えられないまま4年の月日が経つ。

学業に練習にサポートに
ひたむきに、一心に努力するルディ。

そしてラストチャンスを掴んだルディは、
憧れのチームで人一倍一生懸命に練習に取り組むも、
小柄な彼はなかなかレギュラーにはして貰えない。

彼のひたむきな努力と根性を認めるチームメイト達は、
キャプテンを筆頭として
最後の試合にルディを出すよう
自身のポストを投げうち
次々と監督へ懇願する。

なんていい奴らなんだ…
涙が出そうになる。

自分の代わりにルディを出してくれと
キャプテンを筆頭に全員がユニフォームを監督へ返したシーンは涙。

学生生活最後の試合、
ついに名簿入りするも出場は許されないルディ。

しかしチームメイトの計らいにより、
少しだけ出場を果たし、彼らしく懸命にプレーをする。

大したプレーこそないが、
チームの勝利と彼のこれまでの努力を讃え
チームメイト達に肩車されフィールドを回るルディ。

担がれるというのはこの名門校の歴史上、
初めてのことだった…。
千種

千種の感想・評価

3.6

純真に小さな体で大きな夢に
体当たりする姿に胸を打たれる。

わたしもあの場所にいたなら
きっと彼の名前を呼び続けただろう。


余計なシーンが多い映画は
たくさんあるけどこれは違う。
実在する彼がどんな人なのか
とても興味がわいた。

あとほんの少しでもいいから
諦めなかった彼の姿をもっと
知りたかった。見ていたかった。


それにしたって
若かりし頃のショーン・アスティン、
彼はやっぱり素敵な顔をするな。

6√19916
K

Kの感想・評価

3.7
人並みならない熱意は伝わるし、努力は報われると教えてくれるスポ根英語。

小柄で、頭脳明晰の反対でありながら、小さい頃から憧れの名門ノートルダム大学のアメフトチームを目指し、周囲に馬鹿にされながらも最後まで突き進み夢を叶えたルディという男の実話です。

常識とか、才能とか、能力とか、ポテンシャルとか、そういったもので人はついついできるできないを勝手に判断して諦めたり諦めさせたりすることがあると思うけど、ルディの熱意と努力のエネルギーがこれらの常識を覆し、人の心を動かした瞬間がとても感動的でした。
自分の人生に対して真剣に向き合えてないとき、迷いが生じて行動が止まっているとき、気が抜けてダラけてしまってるときに何度でも鑑賞したい。自分の中で大切な作品になった。自分が求めるものに対して辛抱強く戦うこと。達成可能な目標を設定し、それに対して死ぬほど努力すること。この2つの大切さを改めて認識させられた。「人生のなかで証明なんてものは、他の誰でもない自分自身に
するもの」という名言に尽きる。
オススメの映画は?と言われたらこれ。

In this life, you don’t have to prove nothing to nobody except yourself.

周囲の評価、意見は別に関係ない。自分自身に証明することが肝要であり、まだ成し遂げてないことは一生起きない。

他人の評価を気にしちゃう現代に大事なことを教えてくれてる気がする。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.5
若き日のジョンファブロー目当てで観たけどガタイがいいなぁ笑この後の映画だと痩せてんのに


親友、神父、仲間、コーチ、整備士、チームメイトなど優しい人や粋な人が出てくるのと同じくらい
何回も普通の人が諦めちゃう壁に向かっていくんだもんなぁ
ひたむきな良い青年だなルーディ
諦めないのと同じくらい努力してるからただの夢想家に見えない所がカッコいい
その姿に動かされる素直な人間達も気持ちがいい

スポーツしたくて入ったのに高学歴になってるのはハッとしたわ笑

ジェリーゴールドスミスは優しい音楽作るなぁ
Mao

Maoの感想・評価

-
人生捨てたもんじゃないなあと。
オススメしてくれたポリアンナありがと〜
この映画に出会えてよかったです。
Kitty

Kittyの感想・評価

4.0
学力も経済力も才能もないルディが、子供の頃からの憧れのノートルダム大学でのフットボールプレーヤーを目指してがむしゃらに這い上がる実話!
ノートルダム大学の十字隊からフットボールスタジアムのグランドキーパーの仕事をしながら正式なノートルダムの学生に編入する。
フットボールでも二軍入りが叶い、身体を張って一軍の練習相手になる日々。
全力の情熱で立ち向かうルディはいつの間にか皆から必要とされる存在になっていた。
四年生の最終試合に一軍のベンチに入りが叶い、チームメートはルディを最後の数秒のプレーに引きずり出す。ラストプレーで見事なクォーターバックサックを決めたルディはみんなの肩に担ぎあげられて感動のウイニングラン!
諦めない、腐らない、負けない!
ルディの生き様は、そんな大切なことを教えてくれる!
Yagi

Yagiの感想・評価

4.0
・実話ベース
・1970年代、経済的にも身体的にも恵まれているとはいえない青年ルディ、幼少期から憧れ続けた名門ノートルダム大のアメフト部入り目指して邁進する
・ルディのド直球な情熱はちょい羨ましい
・大学アメフトってすごい人気コンテンツなんだなぁ
>|