タイタンズを忘れないの作品情報・感想・評価・動画配信

「タイタンズを忘れない」に投稿された感想・評価

torakoa

torakoaの感想・評価

3.0
1971年。人種差別が根強い中、高校の統合によりアメフト部ヘッドコーチが黒人にすげ替えられることが決定し、といった話。実話ベースだけど凄く嘘(脚色)多そう。
殿堂入り絡みの色々とか、レストランのネタはありとしてもその後の態度とか色々やりすぎだし、彼女が歩み寄るタイミングとか、色々わざとらしさ・あざとさを感じるものがありすぎて結構引いてしまった。

音楽がよくあるハリウッド映画らしい演出過剰な感じも苦手だったが、アメフトのルールさっぱりわからない私のような人にはわかりやすい説明になってる気もするし、まあ。

故意だと決めつけて断罪するとこ、ラブコメあたりなら主人公が家族・友人・意中の人のことで思い悩んでたりするとやらかしがちなことだし、親友だったらしいのに新しい友達とばかりつるんでないがしろにされてたら面白くないだろうし、独断専行はどうか。親友が冷たくなったことで悩んでてああなったんだとしたら酷すぎる仕打ちじゃないか。絶対嘘(脚色)だし不快でならなかったし、絶対要らないエピソードだったろと怒りが湧いたのだが、ジェリー・ブラッカイマーはその場面のこと自画自賛みたいなのしてて、えええー……。

色々わざとらしくて嘘ありすぎる感じで外枠ぐらいしか事実じゃなさそうに思い、観終えて凄くモヤモヤしたけども(英語版Wikipediaに事実との相違点が載ってた)、その割に何となく観れてしまったのは生徒たちの愛嬌かも。
空気読まない天真爛漫ちょいアホ巨漢転入生の愛嬌と存在が大きかったねこれ。彼で温まってたとこに入ってきたサンシャインは馴染みやすかったろうし。

巨漢の彼は顔立ち整ってるのに勿体ない感じだなーと思ってたら、後年どうやらマッチョ方面に行ったらしく、ガタイのいい渋めのおっさんになってる画像があった。イーサン・サプリーさんφ(.. ) 吹替は高木渉。歌うよ。
サンシャインの人は黒目がちなベビーフェイスというか中性的というか柔和な顔立ちながらガタイよくてちょっとびっくり。アメフトやってた人だったらしい。振付のこなしがイケてなくてちょっと面白かった。12番。

細身のライアン・ゴズリングはふっ飛ばされそうで優秀選手賞5回とかいうのはどうかなと思ったが、どの場面でも楽しそうでよかったと思う。そういうキャラ付けなんだろう。ダンスも楽しげに動いていた。48番。吹替は石田彰だった。台詞少ないけど色んな場面にいる。



吹替、英語字幕入。
デンゼル・ワシントン大塚明夫。

鑑賞後、日本版劇場予告を観たら
“キップ・パルデュー”ファンクラブ入会者募集
ファンクラブに入会してキップのオリジナルサイン入りポートレートをもらおう!今すぐwww.disney.co.jp/moviesにアクセス!
て出てきて笑った。ディズニーてホントあれだなあ。
レンタル版には入ってないかも。

セル版にはメイキング、未公開シーン、コメンタリー(製作ジェリー・ブラッカイマー、監督、脚本の3人による)収録。モデルとなったコーチ二人の談話がある。
未公開シーンのキャンプでの会話モンタージュのロングバージョンとレストランの場面こっちでよかったんじゃね?と思った。ライアン・ゴズリングが面白かわいかったし。

入場のあれは皆から映画用の脚色と思われてたようだが実際、歌うタイタンズと言われてたとか言ってた。何でそう思われるかったら嘘臭すぎるわざとらしい展開盛りだくさんすぎるからだよー。皆して脚色だって思うの不思議ーみたいに思ってるならそっちのが不思議に思うよー。
たまに観たくなる。コーチ・カーター、
フリーダム・ライターズ、
グッド・ウィル・ハンティング、
そして、今作をタイタンズを忘れないは
なんか、気付けば観てしまう。

僕はデンゼルのヘッドコーチも
好きだけど、アシスタントコーチの
ウィル・パットンもいいなぁと。
もちろん娘役のヘイデンの熱演も
プラスされてだけど。

あと、ジェリーとジュリアスとの
友情もいい。白人のジェリーが、
ちょっと前まで自分もそうだったのに、
自分の恋人や母親が持つ激しい差別意識に、
対して、黒人のジュリアスを親友として
紹介をしようとするくだりがいい。
本当はもっともっと高い壁だったはずだ。

白人の太っちょで勉強も出来ない
ラスティックが、最初の合宿で、
白人と黒人が対立している最中、
食堂で黒人のチームメートが座る
テーブルに座る。面食らう黒人の
チームメートが「仲間のところへ行けよ」
とラスティックが言うと、彼は言う。
『みんな仲間だろう。』

言葉は強い。
不意に投げられた言葉ほど、それは強い。

時に人は、千載一遇のチャンスを
目の前にしても、自分のプライドを
優先させて、全てを台無しにしてしまう。
やはり、その場面で救ったのは、
不意に投げられた言葉だった。

この映画の舞台となった1971年から
半世紀も経っているのに、差別は一向に
なくならない。そんなにも根深いのだ。
この映画に出てくる全ての人たちの
意識改革の努力や取り組みは相当大変な
ものだったろう。

個人的には、もっと厳しくて、
シリアスで七転八倒な感じでも
良かったけど。

ウィル・パットンの終盤の、
(ブーンの存在や視線を)を意識しなく
なってからの顔つきや落ち着きがいい。

そう、ちゃんと聞くんだ。
昨日の自分に。見失っちゃダメだ。
自分が信じた正しさを。勇気を。立脚点を。
当たり前のように人種差別が蔓延っていた1970年代のアメリカで高校の統合によって出来た白人と黒人のフットボールチームの実話。

人種問題などどこ吹く風で同じ目標に向かって切磋琢磨する彼らの友情は素晴らしく涙なくしては見られない。

この手の話には元々弱く、さらに大好きなデンゼル・ワシントンが主演となればそりゃ泣きますよ。
グローリー・ロードを調べていたら出てきた。
これ実話なんだもんね。面白かった!
若かりし頃のゴズリングが出演していてびっくりした笑
スポーツの世界はわかりやすいです。白人だけのチームはいずれ白人と黒人の混成チームに負けます。選手を選抜する母集団が限定されてしまっているから当たり前です。強くなりたければ両者から強い選手を入れる必要があります。
チームの行動も同様です。勝ちたければ力を合わせるのが当然です。わざと味方の足を引っ張るようなやつはクビです。

てな感じで、今ではいろんなスポーツで黒人パワー全開です。とは言え、ウィンタースポーツと水泳で黒人選手を見た記憶がありません。寒いのが苦手とかは想像つきます。水泳はやっぱりまだ差別なんでしょうね。同じプールに入れないとか。あるいはひょっとして体脂肪率が低過ぎて水に浮かないとか?

人種には関係無く、相手のことを訊く って集合研修のときによくやりますね。自己紹介前後とか、自己紹介代わりに。さすがコーチ。合宿だし。

タイタンズのへんてこ踊りは実にカッコ悪い。笑かして相手の気合を削ぐ戦法か?
Kaho

Kahoの感想・評価

3.8
「イコライザー」を鑑賞した時にデンゼル・ワシントンの出演作をあまり観てないことに気付き有名なこちらの作品も鑑賞🏉☺️

1970年代初頭、まだ人種差別が大きな問題となっていたアメリカで実際にあったエピソードを基にしたスポーツ・ヒューマン・ドラマ。

1971年、バージニア州。
とある町で白人の高校と黒人の高校が統合されることになる。その結果、両校にそれぞれあったフットボール・チームも1つに統合されることとなった。人種差別が根強い地元住民が反発するなか、アメリカ初の人種混成チームが誕生、さまざまな苦難を乗り越え、チームはひとつにまとまっていく…

正直、フットボール🏉とラグビー🏈の違いも未だによく分かってません😅😅

試合前の相手への威嚇?はフットボールでもやるんだね〜

ライアン・ゴズリングに似てる人いる〜と思ってたらご本人!!!🤣
まだ若くて全然気が付かなかった💦😅

白人と黒人の対立、コーチ同士の対立、メンバーの対立、色んな壁を乗り越えてチームが一つへとなっていく✨✨✨

コーチの娘ちゃんがそれぞれ幼いながらもしっかりしていて頼もしかった👏🤣

ストーリーは王道ながらもだんだん芽生える友情、チームワークが素晴らしい作品でした✨👏👏
これは観て良かった〜🏉🤩🤩
これも名作らしい王道の名作
最後の思わぬ展開も実話というのが凄い
事実は小説よりも希なり

しかし、話して、同じ釜の飯食って、ぶつかりあえば、わかりあえるんよな

世界中の首相も一回集まって合宿行けば、1ヶ月ぐらい、2年に1回ペースで
2022.5.19.Disney
差別する奴らに選ばれなくたって良い
信念が時代を変えてきた
名作です!
こめお

こめおの感想・評価

4.7
爽やかな名作でした
ちょっと中学の厳しい部活時代を思い出した(笑)
2022年
54作目
あみく

あみくの感想・評価

4.0
なんの知識もなく見始めた映画。
でも何となくすぐに内容が分かった映画でもあります
それでも、すごく感動しますし
現実世界の話でもある。
ずっと引き込まれたし、この映画をもって
価値観が変わる・・そんな映画でした
>|

あなたにおすすめの記事