ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦の映画情報・感想・評価

ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦2014年製作の映画)

NEXT GOAL WINS

上映日:2014年05月17日

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「31」の壁を超え—必ず勝つ! −津波で傷ついた国民のために、不屈の魂で勝利を目指す!− 2001年、FIFAワールドカップ予選にて0対31でオーストラリア代表に大敗(国際Aマッチ史上最大点差)、 公式戦30戦では200ゴール以上の失点&全敗、10年以上にわたりFIFAランキング最下位、まさに“世界最弱”、それがアメリカ領サモア代表チームである。この島国は2009年に発生したサモア沖地震によ…

「31」の壁を超え—必ず勝つ! −津波で傷ついた国民のために、不屈の魂で勝利を目指す!− 2001年、FIFAワールドカップ予選にて0対31でオーストラリア代表に大敗(国際Aマッチ史上最大点差)、 公式戦30戦では200ゴール以上の失点&全敗、10年以上にわたりFIFAランキング最下位、まさに“世界最弱”、それがアメリカ領サモア代表チームである。この島国は2009年に発生したサモア沖地震により、大きな被害を受けたことでも知られている。最弱と呼ばれた選手たちは、大敗で心に傷を負ったゴールキーパー、24時間女性として生きるディフェンダー、軍人として家庭を養うフォワードなどアマチュアの寄せ集め集団。そんな彼らのもとに、米国サッカー連盟より命を受けたオランダ人監督がやって来る。優秀だが、昔気質で口の悪い監督は、瞬く間に島の反感を買うことに。しかし、その厳しい指導と熱意は次第に選手たちの意識を変え、チームは少しずつ強くなると同時に、監督自身も彼らから刺激を受けていく。 そして迎えた2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会予選。津波で傷ついた故郷のため、支えてくれた人々のため、魂と誇りをかけて試合に挑む!彼らは過去を乗り越え、初勝利を掴むことができるのか?南太平洋に浮かぶ小さな美しい島で起きた、熱狂と興奮の感動ドキュメンタリー!

「ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦」に投稿された感想・評価

tomoyaah

tomoyaahの感想・評価

4.0
人の想いに触れられて、感動できました。
戦士の歌?あの歌と踊りがほんとにかっこよくて、誇りって言葉が体現されてるなって。
ドキュメンタリーなのに、素敵な映画でした。
じょり

じょりの感想・評価

3.9
①事前情報なしの鑑賞でのジャイアントキリング的ワクワク感…★★★★★
②各選手、そして世界を知るトーマス・ロンゲン新監督の思いや抱えるものに眼から止まらない汗度…95%
③久しぶりにみんなと部活してーな度…70%

ゆるふわな島の雰囲気が少しはクールダウンしてくれるものの、実際の試合映像に自然と声が出た。負けを拒否する気持ちなら1ステップ上に行けるだったか、いい言葉だ。空港での戦士の歌も素敵な大団円👍

p.s. W杯ロシア大会南太平洋地区予選でもラミンは代表を続けゴールを挙げている!
監督を削り倒すシーンが忘れられないwww

勝ちたいも大事だが
負けたくないっていう考え方も大事か〜

NEXT GOAL WINS
たくや

たくやの感想・評価

3.8
前半は監督と選手の間の意欲の違いが印象に残った。話の中身はアメリカンサモアの話だけれど、アメリカ領なのでアメリカ本土との両方が舞台になる。津波被害も出ていて何か日本と似てるなぁと思った。
中盤から監督と選手の距離が縮まっていく所は、見ていて感動する。サッカーのレベルよりもレベルアップしていく所が良い。ワールドカップ予選は国の威信を懸けた戦いがよく出ていて良かった。オーストラリアに雪辱してほしいが、本大会に出場しない限りワールドカップでの雪辱は出来ないので、是非親善試合なんかで勝ってほしい。サッカー知らなくても見る価値あり。
kentaro

kentaroの感想・評価

3.3
ああチームスポーツっていいな。
ちびっこ時代に僕をサッカーに誘ってくれた馬場くんにありがとうとLINEします
第三の性別の選手がとにかく色っぽくて好きになった
今の日本代表よりいいサッカーしてた
filmr11

filmr11の感想・評価

5.0
Everything is possible.

絶望的な状況でも諦めずに闘い続ける姿は、情熱に溢れていて、とても力強かったです。

自分も中学・高校とサッカーをやっていました。
色々と悔しい思いもしましたが、その経験が今でも一番のエネルギーの源になっています。
この映画は、その悔しさを思い出させてくれる映画です。
2017/02/26

世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦。FIFAが認めた。世界最弱チーム(アメリカ領サモア代表)の挑戦を追った。熱狂と興奮の奇跡のサッカームービー。


記録破りの大差。

とんだ茶番。

スキルはないがガッツがある。

ニッキー・サラブ。キーパー。

取られたら?
取り返す!
取り返したら?
キープする!

シンプルなスポーツだろ?

手負いの獣をお前らはなでてやるのか?抱っこして手当するのか?殺せ!息の根を止めてやれ!そして、食うんだ!

からの、ポカン。

津波で

オランダ出身のトーマス・ロンゲン1人。
5分で決めた

アリゾナ州フェニックスからロールストン

入隊して、アメリカ本土へ。
軍隊に入るのは最終手段。

フォーチュンクッキー
“自分見くびるな 人間の可能性は無限”

山を登る。

〝すべては可能〟

第三の性。

ジャイヤ
ただのピエロじゃないわ。

姉妹のように尊重する。

ニッキー、現役復帰。



キーパーは鉄壁だ!
からの、ギリギリで入れられる。

アマチュアが愛と情熱で勝利を挙げたのだから。これほど純粋なことはない。私は我が子を失ったが新たに23人持てた。

〝“トット・ズィーンズ”オランダ語の“また来るよ”だ。チャオ。〟

18位あげて、186位となった。
asakoyama

asakoyamaの感想・評価

3.8
小さな島国のサッカーチームが国の威信をかけて超厳しいコーチと共に奮闘する感動のドキュメンタリー。fa’afafineと呼ばれる第三のジェンダーが存在しているアメリカンサモアで、世界でも国際チーム初のトランスジェンダープレイヤーとしてチームを支える、Jaiyahっていう選手が特に素敵。他の選手もみんな魅力や愛嬌があって、コーチとの涙のドラマもあって、この国のことも、スポーツのことも好きになる映画。
自分で勝手にやってる
面白いのに邦題ダサくて損してるだろ映画第70弾。

メモリアルは君に決めたっ!邦題ダサ損シリーズ。

今回はこれ。


「ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム
0対31からの挑戦」



点差がヤバイwwww
弱小通り越して
最早サッカーとは思えないスコアリングww

野球でもここまではなかけん!
ラグビーぐらいですねコレ( ˙-˙ )

しかもタイトル長ェーーーww


ってことでメモリアルは邦題ダサ損シリーズ初の
ドキュメント映画でございます(´∀`)


皆さんはFIFAランクにおいて
最弱の国を知ってますか?

"米領サモア"は10年以上最下位。
国際Aマッチで歴代ワースト31得点差。
公式戦全敗で200以上の失点という
数々の不名誉な記録を持つ最弱国。

そんな米領サモア代表チームと
気難しく厳しいオランダ人監督が
W杯予選に挑む姿を描いたドキュメンタリー作品。



この熱さと温かさは実話だからこそ!

やはり重みがすごかね〜(´∀`)

作り物の映像は一切なし!

全て本物の自然な姿。
100%の真実が胸を打ちます。
ラストは感動で胸いっぱいだわ!

この辺はドキュメンタリーだからこそですね!

でも映像はドキュメンタリーらしい荒さはなく
かなり映画的な映像で落ち着いてるから観やすい。



人口は約5万人ちょい。当然皆アマチュアで
仕事や学校に行きながらの活動で給料は出ない。

でも皆、サッカーが好きでたまらない。
楽しくてたまらない。
そして勝ちたいという気持ちも本物。

当然お金はないし、設備もないんだけど
人生の豊かさや心の広さなど、人柄の良さと
サモアの文化の尊さがこちらにも伝わってくる。


そしてそれは監督であるトーマスにも影響を及ぼす。

トーマスは選手に技術と知識とガッツを。

選手はトーマスに心の安寧と本当の意味での勝利を。


また選手の中にジャイアと呼ばれる選手がいる。
世界初のW杯予選に出場したトランスジェンダーを
抱えた選手なのだが彼女に対しての扱いと
彼女自身の姿も、この嘘のような本当の話の
感動を高めてくれます(´∀`)


お互いの絆と情熱が起こした混じり気ない事実。
たとえ5点、10点、取られても
常に"ネクストゴール(次の一点)"を目指す
彼らの挑戦をぜひご覧ください(๑˃̵ᴗ˂̵)



ってことでいつもホントありがとうございます!

75弾で50以降からのダサデミー賞ベスト5でも
選ぼうかしら…?w

ペース落ち気味ですが
が、が、頑張りまっす!!( °д° )w
>|