コーチ・カーターの作品情報・感想・評価

「コーチ・カーター」に投稿された感想・評価

つよ

つよの感想・評価

4.5
高校時代活躍したバスケ選手が、問題児ばかりのバスケ部コーチに就任。

高校バスケの青春ドラマ。

こういうの普通にイイ。
スポーツやってたものとしては共感する場面も。

バスケシーンもカッコよくてキャスティングもピッタリ。
ほんとに小さい頃見たけどまあまあ覚えてた

学生のスポーツあつい
o

oの感想・評価

3.9
スポーツ映画であり教育映画。
スラム街の厳しさ人生の厳しさを痛感する。胸が熱くなるスポーツ映画でもあるからそこの具合が上手い。
大学に行けなかった人はどうしてんのかな今?実話なだけに凄く気になる。

プロになれる可能性なんてほとんど無いんだからバスケで大学行って勉強しろってそうしないと貧乏暮らしで刑務所行きだって高校生に言えるコーチカーター凄い。

校長のこの子たちの人生最大のハイライトは部活だって言葉も凄いリアル。
kou

kouの感想・評価

4.3
めっちゃ良い。バスケ好きな自分にはなおさら良い。実話の時点でポイント高いしジャクソン本当のコーチ感凄いし役者バスケめちゃめちゃうまいしリアルだった。久々に時間を忘れて画面に見入ってしまった。

このレビューはネタバレを含みます

実話を元にできたようだ。
ありきたりの展開ではなく、社会問題に向き合うコーチ・カーターの熱い想いが物語になっている点が面白かった。
この作品では、コーチングの難しさを改めて感じた。
カーターの良いと思ったリーダーシップ
・大事なときに生徒と腹を割って話しができるところ
・チーム以外に教師や別の生徒にもお願いをするところ(目的のために全力)
・自分の考えを貫き通すこと
以上の3点が良いと感じた。しかし、実際には生徒が優勝直後に遊びに出かけたり、サボり続けたり、結果はすぐに反映されなかった。それでも生徒と未来を信じ続け自分を曲げない姿勢を見習っていきたい。
こういうの大好きw
カーターみたいな大人になりたい
たまに見返すと腐ってる場合じゃないなと喝を入れられる、力強い作品
miho

mihoの感想・評価

3.9
青春スポーツ映画!
高校の弱小バスケットボール部が変わっていく実話の映画化。
ストーリーも想像できるし、よくある話ではあるんだけど、感動的でした。
Nao

Naoの感想・評価

4.0
バスケ経験者から見ても
面白かったです
試合のシーンのリアル感を感じストレスなく見れました

それをする目的
その先の未来
常にそこに焦点を当てて物事を進めるのはなかなか勇気がいりますが
確実に意味があるものだと思わされました

自分も
教えられる側
教える側
どちらの立場にもなるので
とても勉強になりました
haru

haruの感想・評価

3.5
絶対ブレないコーチカーター。

リッチモンド高校は卒業後の進路が高確率で刑務所という、なかなか荒れた学校。ある日バスケ部にカーターという熱血コーチが現れ、生徒たちにアツすぎる指導を始める。

王道すぎる展開だけど、やっぱり泣けるぅぅ!アメリカ(特に本作の舞台であるリッチモンド)の治安の悪さが日本とはケタ違いで、知り合いが殺されたり殺したり、ヤク売ったり、高校生で子供産んだりが日常茶飯事なので、大人でさえ生きるのに必死。となれば当然子供は将来なんか考える余裕などありません。カーターさんはそんな子供たちに、今ではなく将来を見据えた行動を取らせようと、バスケだけではなく人生ナメんな!と部員をビシビシ鍛えます。常に腹から声を出すカーター先生の全力投球っぷりに圧倒されました。

若いときのチャニング・テイタムが出てた!
カーターが部員を選手としてだけではなく、人間として成長させようとしてるのが感動。

自分の高校時代のアホ顧問に見せたい一本。
>|