戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさんの作品情報・感想・評価

戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさん2015年製作の映画)

ONE DAY

上映日:2015年06月06日

製作国:

上映時間:81分

3.5

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさん」に投稿された感想・評価

茶一郎

茶一郎の感想・評価

3.8
【短】フェイク・ドキュメンタリー映像作家として日本を代表する白石晃士監督、その名を世に知らしめた『コワすぎ!』シリーズの第8作目。
 前作『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章』でシリーズの設定がリセットされた事になっていますので、今作からシリーズを見初めても物語に付いて行く事ができます。とは言うものの、今作『〜恐怖降臨!コックリさん』は『コワすぎ!』ファンの中で強固に確立された工藤ディレクターのキャラクターを全面に押し出したシリーズ屈指の良くも悪くも「ホラー」から飛び抜けている一本。従って、シリーズを全て見続けているファンほど楽しめる作品である事は特筆しておきます。
 
 「『コックリ』って何で『さん』付けなんだ?」「コックリで良いだろ!」こんな台詞が飛び交うホラー映画が、かつてあったでしょうか。そんな今作『〜恐怖降臨!コックリさん』は、包み隠さず申し上げると工藤ディレクターの無茶苦茶な行動で観客を笑わせにかけるコメディです。
 フェイク・ドキュメンタリーの表現として「コックリさん降霊シーン」は中々の見応えがありますが、その降霊されたコックリさんの肝心の撃退方法がトンデモナイ方法だったりと、全編通して大爆笑できるシリーズの中でも屈指の快・怪作な一本です。
どんどん強くなる工藤!どこまで強くなる工藤!?頭からケツまで面白かったです!
漆原

漆原の感想・評価

3.6
工藤Dの怒鳴りレベル・3.6

お気に入り台詞「コックリの野郎」
黒羊

黒羊の感想・評価

3.5
「超コワすぎ!コックリさんなんとか」

ハムカツ、唐揚げ、その他オードブルやメインデッシュを飲みながら映画観ながら調理しているトシさんの横で、これまた飲みながら酔っ払いながらおいどんとりょーこちゃんで鑑賞。

8品も作ってくれるトシさんに感謝しつつ、大変盛り上がりました。

超コワすぎの前にアイスブレイク、ハードコアとアクション映画満載で楽しんでからのコワすぎだったので、流れを変える映画としては、パーティムービーとしては最高でした!

お馴染みの工藤Dと市川ADのコンビは健在。今度の敵は「コックリさん」!!

工藤Dのエクスカリバー「金属バット」は、物理攻撃は通用するのか??

もののけと過ごしていたあの少女は何者なのか…

爆笑、ぃゃ素晴らしい高級なB級の素材を今回も見事に調理した製作陣に拍手を送りたい!

そして素晴らしいこの映画を、具材や料理の腕で美味に調理してくれたトシさんに感謝です。

まだまだ続いていく工藤Dと市川ADの冒険。トシさんの手料理とともに今後も楽しませてくれればと思いますー(´ω`)

(いやマジでコワすぎシリーズの女性役者に、舞台経験あるりょーこさんがダメ出しし過ぎて爆笑w)
"こっくりさん"をまさかの"こっくり"呼ばわりwww

素晴らしき不届きモノ、工藤Dによる新シリーズ♪
toshiさんオススメ傑作アホホラーです(笑)

いやぁ本当に酷い( ´∀`)
芝居もCGも何もかも酷い、だがそれがイイ!

コワすぎお馴染み工藤Dが、"こっくり"相手にまさかの金属バットで立ち向かうww
それだけです!
だが、それがイイ!!

こっくりさんを呼び捨てにする人、人生で初めて見たわ!
流石の私も"さん"付けしているというのにw

相変わらずのチープな邦画適当ホラーですが、好きな人はとことん好きになってしまう傑作☆

工藤D入門にいかがでしょうw??

このレビューはネタバレを含みます

「リニューアルに伴いまた新たなアイテムを手に入れた工藤。『超コワすぎ!』制作陣の冒険譚が始まる!」って感じだった。安心して見られた。ただ、前シリーズの後味の悪さがなかった。
戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさん


🇯🇵日本

今までの五作品を超えた『超』が付く作品を押して来た借金まみれの後がないディレクターの命懸けの作品!

まずは投稿された女子高生三人が、コックリさんと受験合格の代わりに3年後に集まれと約束した事で2人が集まり廃校に忍び込みコックリさんに呪われる!

投稿でディレクターの工藤の元に相談が入り霊現象捜査が動き出す!
破天荒な工藤ディレクターと女子高生の霊とのバトル。フェイクドキュメンタリーホラーコメディー!



◉66C点!後半は逆に怖く無い、そして笑い要素が癖になりました。


◉工藤ディレクターのキャラ!
★彡初鑑賞でしたが工藤ディレクターのキャラが際立ちそれなりに怖く楽しめました。

◉細かい伏線が今後楽しみかも(笑)
★彡暇な時続きを見たいと思います。
怖がりな私は夜鑑賞できませんでした(>_<)
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
順番に見たかったけど3,4作めあんまレンタル置いてないっぽかった。
なんか急に随分サービス良くなったなという印象だな。良い子は真似するなとか言っちゃったりして。
脱力ギャグもサエてたし高校別になって離れるブルージーさもジーンときた。
きよP

きよPの感想・評価

3.8
前回までのシリーズと少し違うような気がしていたら「超コワすぎ」はパラレルワールドなのね。市川ADに秘密があるらしいことや、後を引きそうな予感のするキャラ登場とか新たな呪具ゲットとか、今後が非常に楽しみだ。工藤Dはよりハチャメチャで暴力性がパワーアップ。でもパラレルワールドでもバットは変わらず。もうなんでも好きにやってくれ。どこまでもついていく。
巻末の「コワすぎ通信」にある世界観の話はとても面白かった。「コワすぎ音頭」はとても見たい。霊体ミミズウネウネの地獄映像の中で踊っているところが見たい。
u

uの感想・評価

2.5
オチの肩透かし感が否めない。前シリーズのような後味の悪いオチが見たかった。

新キャラである新菜と市川兄の、今後の活躍に期待したい。
>|