TATARI タタリ/呪いの館の作品情報・感想・評価

「TATARI タタリ/呪いの館」に投稿された感想・評価

宮藤

宮藤の感想・評価

4.0
00年代スプラッターはやはり良き
「あ、コイツ死ぬな」って人にはちゃんと前フリと見せ場があり、ヒロインのやる気満々で戦闘意欲ありありの感じも良いじゃないですか
しっかりとしたストーリー性を求める人にはただグロいだけかもしれないけど、こういうのが観たかったんだよ!っていう私みたいな人間にはめちゃくちゃ楽しいです

ただどうしてもラストシーンは前作に勝てない
ストーリー展開が違うから同じようにはできないだろうけど、前作のラストシーンは美しすぎた
鳥肉

鳥肉の感想・評価

2.4
1よりグロ度もあがってたし亡霊達の見た目も悪くなかった。
前作の生き残りの妹が主役ですが、前作の生き残りの名前も顔も覚えていません、ごめんなさい。

とにかく登場人物達が特に活躍もなく早い段階でポンポン死んでいきます。
主役の彼氏も何の活躍もなく頼りない。

1は退屈でイライラするシーンが多かったけどそれよりはだいぶテンポも良くマシにはなってる。
オチも割とあっさりだったし続編必要だったか?とも思う。
ちゃみ

ちゃみの感想・評価

2.0
まぁ話の流れはわかりやすいんだけど
誰の妹だったのとか
排水溝のくだり出て行くの早すぎない?とか合成によってすごくつまらなくなった感否めない
一作目が結構面白かったから続編で台無しになってる感ある
まぁ別の映画としてみたらいいのかもだけど…
porikozn

porikoznの感想・評価

3.2
「TATARI タタリ」の続編!(まだ見てない(笑))
スタッフに殺された患者たちの幽霊が出ると噂があり、数年前にも事件が起こった呪われた館の謎を、事件の生き残りのサラの妹が解いていく。
バフォメット像が欲しい武装集団のボスとその仲間達、何十年も像を探していた教授達、館の呪いを解きたい妹!
まぁ、次々と色々な方法で亡霊に殺られていくんだけども。
綺麗に顔の皮が剥がれたね〜早業!ペロリン。
まぁまぁ悪くはない。
ホラー
悪魔崇拝の象徴バフォメット像があるという廃墟では精神病院を併設しつつ残酷な人体実験(拷問)で人を死なせていたという…
呪われた姉の為立ち向かう妹アリエル、像を探していた教授と助手、金で雇われたチンピラ
目的が違う彼らは同時に館に閉じ込められるがバフォメット像を探す事に
ーーーーーーーーーーーーーーー
チンピラのリーダーが出てきた瞬間ジョン・トラボルタだと思ってビックリ💨
で、違うってすぐわかったけど息子だと思って検索した…というくらい似ている

幽霊達に酷い殺され方していくのは良いが恐怖は足りなかった。
暇つぶしに観るにはいいんじゃないかな

2018 9 DVD
aicole

aicoleの感想・評価

3.5
ぐろい。最初法で死んだ男の殺され方が脳裏に焼き付いて消えない。体をまっぷたつに引き裂かれて死にたくないと思いました。ゆっくりじわじわと引きちぎられていくことを想像しただけでやです。そんな感じで、絶対こんな死に方したくないと思うことが連続でした。内容も私は嫌いじゃなかったです。
MOMO

MOMOの感想・評価

4.0
毎回見るたび、焼かれて死ぬのだけは絶対嫌だって思う(笑)
頭潰れて死ぬか撃たれたほうがよっぽどマシ!!
TATARI続編。思い出しレビュー。

前作での唯一の生き残りだったサラが謎の自殺を遂げる。彼女の妹アリエルが姉の死の真相を突き止めるためにまたあの幽霊館の廃病院へ行くことに。


案の定みんな屋敷に閉じ込められます。
もう自ら行ったから仕方ないよね。と言う気持ち(´ω`)
そしてひとり、またひとり殺されていく。
結構グロめに。
やっぱ閉鎖された空間は見る分にはワクワクするシチュエーションでした。笑
MoviePANDA

MoviePANDAの感想・評価

3.2
『こんな映画の続編は… だろう運転ならぬ、だろう未鑑賞。その思い込みが禁物q(*゚ε´*)』

監督交代!続投キャスト無し!中途半端な製作タイミング!この3拍子が揃ったら、まずハズレと思うのが映画の常。ただ、それは映画が好きだからこその思い込みの場合もあるようで…

『今回は前よりシリアスだよ!』というホラーにおけるガチ感が感じられるオープニング。クレジットは『ドーン·オブ·ザ·デッド』に着想か?でも良い感じ(’-’*)

まず、前作で生き残った“誰かさん”が死んじゃいます(笑)なんという前作を邪険にする展開!しかも、あれ?前作の生き残りって?まぁ、いいや気にしません(^∀^;)その誰かさんの妹アリエルが、その死の真相を探るとそこに関わる精神病院と像の存在が明らかに!像って?ひどい後付け感…その像が病院に残っていて、さらに骨董品として値打ちがある事から金儲けを企む一味に脅され、アリエルは一緒に病院に行く事に。そしたら案の定、前作同様館に閉じ込められます。呪いを解かないと出られないらしい!前はそんな事言ってなかったのに…。一味より先に像を見つけ処分しようと奮闘するアリエル。だが、そんな彼らに亡霊たちが襲いかかってきて…

と、後乗せサクサク感全開のストーリー。ただ、悪党一味がいる分、人が死ぬ死ぬ(^∇^)その殺られ方のバリエーションが豊富で、四方から引っ張られの八つ裂きやら、重たいものでグシャンやら、さながら『ファイナル·デスティネーション』状態!さらに80分の尺ながら見せ場が充実していて、それだけでも満足感。なんて安い男(*´-`)

とはいえ、この映画突っ込みどころは満載!悪党と形勢逆転するとことかは、せっかく捕まえた悪党が自由すぎて「ほら、言わんこっちゃない…」って感じになったり、霊なのにあくまでも徒歩レベルでしか追ってこないのは逆の意味で都合よく描いてない?って感じだったり。

そうだとしても、何より映画は面白く観れたらそんなにうれしいことはない!全編ホラーを望む人には微妙かもだけど、ミステリー映画的な後半の展開はそれはそれで楽しめたし、タンク型水槽のシーンなんかは『サイレントヒル』のナースに近い緊張感があった。火葬場のシーンは『ハムナプトラ3』のミイラみたいで嫌いじゃない(゚∀゚)と、気付けばなかなか楽しんでるぞ自分(。ゝω・)ゞそして、今回うれしいのは、続編にしてやっと本気出してきたぞ感たっぷりなマッドドクターバナカット!途中途中での活躍もさることながら最後に立ちはだかるそのラスボス感が最高だったぜバナカット( ≧∀≦)ノ

あと、もうひとつのお楽しみは監督の趣味なのか、主人公だけじゃなく敵やさらには幽霊まで美人さんやグラマラスなお姉さまばっかりなトコ(’-’*)特に主人公アリエルを演じたアマンダ・リゲッティいい!この肉感的ビューティーは『テキサス·チェーンソー』のジェシカ・ビール以来ではないか?個人的には越えたかも!?初めて知ったつもりがリブート版『13日の金曜日』に出てる。映画館で観たのに覚えてないぞ、オレ!その理由だけで、あの駄作を観るのかぁ…はぁ~(-ω-。)まぁ、でもそれもありだな☆
いろ氏

いろ氏の感想・評価

2.9
正直1よりかは面白かったかな。
まぁ1を観たからからこそ色々秘密が明かされて面白かったな
>|