ヘルレイザー2の作品情報・感想・評価・動画配信

ヘルレイザー21988年製作の映画)

HELLBOUND: HELLRAISER II

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.4

「ヘルレイザー2」に投稿された感想・評価

FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

自身の小説『ヘルバウンド・ハート』をクライヴ・バーカー監督自らが映画化したホラー作品『ヘル・レイザー』シリーズの第2作である本作は、"ルマルシャンの箱"と呼ばれるパズルボックスを解いてしまったことで出現した4人の魔道士たちの封印に成功するも、事件後に収容された精神病院・チャナード研究所の院長である、以前からパズルボックスの研究を進めていたチャナードが念願だった魔界に行くことを目的に事件現場から警察が持ち出したマットレスを入手し、一人の精神病患者を犠牲にマットレスから忌まわしい継母ジュリアを復活させた上に、自らを犠牲にせず自閉症でパズル好きの少女ティファニーにパズルボックスを解かせ再び魔界への扉が開かれたことで、これを父親を救出するチャンスと考えティファニーとともに地獄の迷宮へと足を踏み入れ、かつて自身を恐怖に陥れた4人の魔道士たちと対峙することとなったカースティの姿を追ったものとなっているのだが、88年製作の作品ながらやはり魔道士たちのキャラクターヴィジュアルや世界観は惹かれるものがありましたし、内容に関しても、ピンヘッドら魔道士たちがカースティによって自身が人間であったことを思い出すシーンや、新たに魔道士となったチャナードと対決する場面では元の人間の姿を取り戻したピンヘッドたちが映し出されますし、面白いと思わされる点は確かにありました。ただ、率直な感想としてはそれなりといったところで、ある程度の予備知識を持っていたとしても説明不足な点は否めませんし、前文で触れたチャナードとの対決シーンは面白いとは思わされたが、ピンヘッドたちのまさかの完全敗北には言葉を失ってしまいましたね。接戦どころか手も足も出ずに瞬殺ですからね。もう少し盛り上げ要素があっても良かったような気もしないではない。決して悪い作品ではないんですけどね、それなりとしか言いようがないです。
2021年31本目。
前作「ヘル・レイザー」の続編のSMホラー映画。

前作を観た流れで今作も鑑賞。
正統な続編で今作は前作を観た体で作られているので前作を見るのは必須。
前作では観ることが出来なかった地獄の世界が今作は観れるのでよかった。
そしてピンヘッドの過去が少しだけわかります。
NWFlQ

NWFlQの感想・評価

3.9
ヘル・レイザー見直してた流れで鑑賞。



2も面白かった。
2は苦痛ばかりで快感への言及はなくなったの?でもそんなこと関係なく今回も良かった。
あのセノバイトが全員揃った時の「もうだめだ」感がいい。絶対話通じなさそうだし。
あの人の来歴とかにも触れてるけど、だからと言って面白くなるわけではないのもいい。「ああそうか、だからか」とかそういう風にならないし。
前作は原作・脚本・監督がクライヴ・バーカーで非常に個性的な内容・展開・メッセージだった。それを引き継いで微妙ながらもちゃんとらしさは出ていて良かった。
とにかく彼らが出てきて盛り上がるので、ヘル・レイザーが面白かったら今作もいけると思う。
あと、進撃の巨人のデザインてコレ引用してる?あのでっかいやつにしか見えなかったよ。
ま

まの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

とんでもおもしろ映画。
セノバイト達、あまりに雑魚くないか????

そして敵役ドクターの変化後、どうしてもチ○ポがちらつく何あれ。

最後にティファニーが可愛かった、頑張ったねぇ
Chance

Chanceの感想・評価

3.7
人を虜にするキューブ
開けると地獄からの使者がくる
おどろおどろしい使者たち
魔導士たちがすぐやられてしまうのはちょっとですが
この世界観はやっぱりいいですね
前作の完全続編、見てないなら回れ右
前作だけ見て魔導士たちに「神秘性」を感じてて気に入ってるなら見ないのも正しいと思う。ただ設定掘り下げてはいるので「語りたい」なら見なきゃならないのかもしれない

今回は前作よりは不思議空間、アクション性などを高めてあって見応えはある…のかなぁ
地獄的空間を理解しようとする方が思い上がりなのかもしれないと思えば、いい表現だったのかも
新しい魔導士が生まれる瞬間も見れるのは良い

前作の魔導士たちの大活躍も見れる!と思ったらそんなに活躍はしない。むしろガッカリする
1でもそんなに動かなかったのに2では…

あと、院長とジュリアの関係がなんやこれ感強い
院長がガチで魅了されてたとしたら「マジかよ院長目玉ついてる?正気残ってる?」ってなる、パズルの謎をとくために「ゾンビとひっつくの怖いけど我慢してる」ならわかるけど、そう言う感じでもないんだよなぁ
実際のところジュリア側からモーションかけてるから「こいつそんな状態で魅了できるつもりとかどんだけ自信満々なの?」ともなる
また、虚をつくため、効果的だったとはいえカースティの奇行には空いた口が塞がらない。某ドラマシリーズで、「ゾンビに襲われないためにゾンビの内臓まみれのコートを羽織る」のが何でもないように見えてしまうレベル

このレビューはネタバレを含みます

1からの正当な続編なのがいい
魔道士の登場シーン最高にかっこいいのにいざ戦うと弱すぎて笑う
ちょいちょい地獄のしょぼさ含めこの世界観嫌いじゃない
翔貴

翔貴の感想・評価

4.0
後半あんまりよくわかんなかったけど、セノバイトの面々が以外に弱かったこと、人間だった時の姿が見れて良かったです。
セノバイト達瞬殺で笑った
院長のキャラデザシュールすぎる
ジュリアの皮がつるんと剥けたの笑ってしまった
1よりグロ要素が増えてて、世界観も盛り盛りって感じで面白かったけど、盛り盛りすぎて若干ついていけない箇所もあった。ちょい話が難しいというか、理解できない?
血はいいんだけど、虫はまじで気持ち悪かった。
悪趣味な映像の羅列は、前作で見せた奥行きのある世界観を破壊するかのように派手で(添加物たっぷりの麻薬を摂取して血管が波打つように)エキサイティングだ。ステレオタイプで分かりやすい悪役、セノバイド達の過去……前作から付け加えられた全ての要素が、続編を観る意欲を削ぐことに成功している。

ピンヘッドたちは正体不明だからカッコいいのよ……。
>|

あなたにおすすめの記事