クライモリ デッド・リターンの作品情報・感想・評価・動画配信

クライモリ デッド・リターン2009年製作の映画)

WRONG TURN 3: LEFT FOR DEAD

製作国:

上映時間:92分

3.0

『クライモリ デッド・リターン』に投稿された感想・評価

見ろ、夜明けだ。

ラフティングを楽しみに来た大学生四人組は突如森に住む怪物に襲われる。時を同じくして脱走計画を企てていた囚人移送を任務としていた看守も罠に嵌められ森に迷い込んでしまう。森の中に張り巡らされたトラップと怪物を回避しつつ、どうにか森から逃げ出すためにがんばるいつものクライモリシリーズのお話。

映画仲間からお借りしました第一弾。ありがとうございます、めっちゃ楽しかった! 残念ながら2? を見ていないのですが十分楽しめた。3はグロ要素がアツいぞ。
開幕目玉ぽーんという激アツの流れは流石クライモリという感じです。しかも展開が早い、始まって五分くらいで速攻おっぱいちゃんが終了、男は三枚おろしだ!! という機敏さ。戦う女子の正装タンクトップを着た本作のヒロイン・アレックスは命からがら森を駆け回る。看守のネイトは煽り運転上等の改造車に嵌められて崖から転落し囚人と怪物から逃げ回るがやっぱりこっちも一人一人削られていく。
今作は人間ドラマ的な部分もきっちりしていたのも良かったし、メインの怪物との鬼ごっこに差し障りない程度の挿入加減が良い塩梅で邪魔にも思わず場面をしっかり盛り上げてくれる。
しかし殺し方が多彩で良いですね。三枚おろしに頭かち割り、削ぎ落としなどなど。終いには囚人と怪物のガチンコステゴロバトルまで始まる始末。見たいもの全部ぶち込んでくれた感じの仕上がりに大満足。トラップ発動と怪物がこっそり忍び寄ってあれそれしちゃうぞみたいなやり口を見る度に拍手喝采でした。いやーいいですねこれ。
頭空っぽにして見られるホラーは最高ですね……。最近忙しすぎて映画全然見られていなかったのでゴア成分一気に補填出来た感じでした。ありがたやありがたや……。
最後のオチもなかなか良かったです。欲張りはだめだぞ~。
まよ

まよの感想・評価

3.1
「やっぱ生きてた」回数多すぎ。
ちゃんと断頭して仕止めるべき。
殺害方法がマンネリ化してきた気がしないでもない3作目。
gemagema

gemagemaの感想・評価

2.8
シリーズ3作品目ですね。
囚人と看守と保安官などが登場で出だしはワクワクしてた!
ただ、囚人達とのゴチャゴチャの方が多いのと化け物が何か弱々しく見える。
車の運転シーンが大昔の映画みたいにしょぼい。
女の保安官助手みたいな人いつの間にか拷問受けてた。
潜入捜査官あっさり死にすぎ、てか最後まで残ってた人が潜入捜査官と勘違いしてた(笑)
後で確認してあいつか~ってなった。
設定をいかせてなくないですかね?
化け物側の人あと数人欲しかったですね。
1の時の監視塔と2の時の製紙工場が話に出てきて繋がってるんだ~って思えたのは良かった!
2の赤ちゃんもかな?大きくなった?すぐ死んだ?(笑)
走る人

走る人の感想・評価

1.8
ひどいです。クライモリのブランドがなければ、観る価値なし。

いいところ○
・クライモリシリーズの3というところ。ホラー映画としてのいいところはなし。

悪いところ×
・安いCGを使っていて、冷める。グロシーンに、もう少し気を使ってほしかった。クライモリは超一流のホラーだったのに、一気に三流以下のホラーに見えてしまう。

・画面から臭いが全く伝わってこない。綺麗すぎる。クライモリは、クサくないといけない。敵キャラの家でさえ、普通に綺麗なのはありえない。

・2のラストで生まれた赤ちゃんが、最初に殺された敵キャラなのか?だとしたら、あっけなさすぎる。2で生まれた赤ちゃんは最強でなければならない。

・敵キャラが弱い。勝てないかもと思えない。敵キャラが強いのも魅力のひとつなのに、あれでは見ごたえがない。あの強さだったら、皆で戦えば余裕で勝てる。現に一人は序盤で殺してしまったし。

・女優の顔がきれいすぎる。見た目の話ではなくて、汗一つかいていない異常さ。敵キャラから2日間も逃げて、囚人たちに捕まって、延々と森を移動しているのに、汗もかいていない、泥もついていない、油も浮かんでいない。汚い顔ができる女優を使うべし。

・クライモリは敵キャラが魅力的。なのに、人間同士のいざこざが邪魔で、敵キャラに集中できない。敵キャラから逃げないといけないのに、囚人のボスからも逃げないといけない。それぞれの思惑もあるし、しっちゃかめっちゃか。

・ラストに出てきた敵キャラはどこに潜んでいたのか?無理やりすぎる。あれだけ拳銃とかぶっ放していて、森はうるさかったはずなのに、最後しか出てこないのは違和感がある。
mee

meeの感想・評価

1.9
2で産まれた赤ちゃん、大きくなっててビックリした。え?何年後の話?
でお父さんは2で死んだっぽかった、1で活躍してた小さいヤツ?似てたけど。どういうこと?誰か教えて欲しいです。
じゃー、最後のはお母さんかな...。色々気になる。

作品としては、内容もっと単純で良かったー。って思う。人間のいざこざがうざくて時間がもったいない。強い人と戦わせるなら、そこにもっとフォーカスして欲しい。誰が主人公なの?って感じだった。
CGが雑じゃなければグロシーンで許せたかもしれないけど、内容もCGも雑なので点数低め。
しゅわ

しゅわの感想・評価

3.5
仲間割れ?人間同士のあらそいが多くて、そんなことしてる場合じゃないからーって言いたくなる笑
あんな極限状態で逃げられてもどうやって生きてくんだって思ったけど意外とお元気にやってたようでよかったよ笑笑
2022.0904
監督デクラン.オブラィエン
出演トム.フレデリック
  ジャネット.モンゴメリー
  ギル.コリリン
  クリスチャン.コントレラス
  ジェイク.カラン
シリーズ第3作
アメリカ🇺🇸ウェストバージニア州
仲間たちと キャンプとカヌーで 川下りをする為に 森へやって来たアレックス、ソフィー、ブレント、トレイの4人‼️
しかし、突然 何者かが放った矢が ソフィーの胸に命中し ブレントは 口に巨大槍が刺さり トレイは 罠で三分割にされてしまう😱
悍ましい方法で アレックス以外は 惨殺されてしまった😭
同じ頃、森を通りかかったグラフトン刑務所の 囚人護送バスが 謎の車の妨害により崖から 森の奥へと転落してしまう😱
チャンスとばかりに 脱走を試みる 囚人たちの前に 恐怖に怯える アレックスが現れた😭
アレックスは"あれ!"に 殺されると 繰り返すが......

全体の流れは
アレックス+脱走囚人+ネイト刑務官+カーバー保安官+バケモノ一家‼️

今作は グロシーン、エロシーンが ほぼ無く、弓矢、斧🪓、銃、散弾銃での 地味な闘い‼️

普通の出来の作品‼️

DVD📀

2022年 257本目❗️
マウンテンマン親子が囚人の輸送車を襲う回

マウンテンマンに「ウィルヘルムの叫び」使われてた
3枚におろされた肉片がプルプルしていて好きだった。
キッズクリーチャーを○すシーンはちゃんと見たかった。
Bwing

Bwingの感想・評価

2.1
森の奥に潜む人喰い一家の恐怖を描く「クライモリ」シリーズのはじまりを描いた第4弾。1974年、ウェストバージニア州の森の奥深くにある療養所に、恐ろしい人喰い一族が監禁されていた。ある日、彼らは檻から脱出することに成功し、医師たちを手当たり次第に惨殺してしまう。それから30年後、森で吹雪に遭った若者たちが、偶然発見した廃墟に避難する。しかしそこは、かつて惨劇が繰り広げられた療養所だった。何も知らずにそこで一晩を過ごすことを決めた若者たちは、残虐な人喰い一族に次々と命を奪われていく。前作も手がけたデクラン・オブライエンが引き続きメガホンをとった。
>|

あなたにおすすめの記事