イン・ザ・ヒーローの作品情報・感想・評価

イン・ザ・ヒーロー2014年製作の映画)

上映日:2014年09月06日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。顔出しで映画出演することを夢見ながらも、新人・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)にその座を奪われるなど何度も辛酸を舐めてきた。そんな本城に一世一代のチャンス到来!ハリウッド映画のアクション大作からオファーがかかった。しかしそれは、命をも落としかねない危険なスタント。周囲の制止する声を振り切り、自分の夢のため、誰かのヒーローになるために、本城は撮影スタジオへ向…

この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。顔出しで映画出演することを夢見ながらも、新人・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)にその座を奪われるなど何度も辛酸を舐めてきた。そんな本城に一世一代のチャンス到来!ハリウッド映画のアクション大作からオファーがかかった。しかしそれは、命をも落としかねない危険なスタント。周囲の制止する声を振り切り、自分の夢のため、誰かのヒーローになるために、本城は撮影スタジオへ向かった…。

「イン・ザ・ヒーロー」に投稿された感想・評価

さとう

さとうの感想・評価

3.3
俺たちの大好きな特撮、アクション映画は表に出ている俳優だけではなく、多くの裏方の方々に支えられている。
スーツアクターももちろん必要不可欠。
そのありがたみを痛感できる映画でした。
Remi

Remiの感想・評価

-
スーツアクターっていう職業を知らなかったから面白かった。唐沢寿明って顔小さいなぁ。
Itaru

Itaruの感想・評価

4.2
これはすごい。

テイストがほんとダサかっこいい。
男だとほんとにこういうストーリーは泣ける。

人に夢を与える仕事ってかっこいいなあ。

最後のシーンはほんと迫力かすごい。そこらのアクションものよりすごいアクションシーンかもしれない。

エンドロールもたくさんいろんなスタント映像あって、あぶねーってなる。
僕も子供時代に仮面ライダーや戦隊モノを見て育ちました。
本作のスーツアクターにスポットを当てたストーリーは見てて楽しかったし、胸が熱くなるシーンもありました。
正直、観る前はナメてましたね(^_^;)


僕はよく知らないんですが唐沢寿明は昔、スーツアクターだったみたいですね。
そういう下積み時代を大事にしてるのかなぁと思いました。コレが戦略で裏ではスタッフを小突いてたらビックリですけどね。


ストーリーはスーツアクターの仕事をスポ根仕立てにした感じです。
日本古来の根性論、精神論で無理なスタントをこなすという在り来たりなストーリーではあるんです。
なのに役者が豪華で上手い俳優が多数出演してるから、飽きずに見れます。

唐沢寿明って改めて見ると良い役者だなって思いました。
少し職人気質な感じがするんです。
凄く好感の持てる俳優です。
映画共々、楽しめました。
意外と面白かった(笑)

好きな北野組の寺島進が出演してたのを担保に期待せず見たが予想以上にコミカルで良かった

唐沢寿明は他の作品でも、ややスベリ気味に感じるが、コレでは良かったと思う

特にスーツアクターという

"中の人"

に焦点を当てた物語は興味深かった👍
Woodstock

Woodstockの感想・評価

3.5
人を変えられる人間ってすごいなあ。
怪我は良くないけど全力でやることって大事なことだと思う。
dt

dtの感想・評価

1.2

このレビューはネタバレを含みます

唐沢寿明かっこいい…

福士蒼汰ウザいけど面白いほど改心してきよるわ…

なんというか唐沢寿明の為に作られた映画だな、という感じでした。

あと夢を叶えるゾウの水野さんが脚本に関わってるんだってね。後から知りました。水野さんの「ウケるブログ」はめちゃ面白いのでオススメです。

ただポジティブに物事を変換していこう!物事の捉え方は自分次第だ!みたいなメッセージが軽々しく跋扈する中、彼の語りは色んなユーモアとユニークさに溢れていて、何より実践を伴ってるので面白いです。

ウケるブログはさておき。

テーマは面白かったです。
スーツアクターの話って初めて聞いたし、映画の中で映画を作る装置諸々がでてくるメタっぷりも個人的に好き。

不満点はたくさんありますのだな…

唐沢寿明の一人で汗飛び散らせながら練習してる尺とか、ニコニコしながら駆け抜けるシーンとか、感情表現としてはちょっと冗長かな、とか。唐沢寿明好きすぎでしょ。作ってる側が…という感じでした。削るとこはちゃんと削ろうぜ感。

明かされない点が多すぎる…

なんで嫁と別居してるのか?
離婚してるのか?その割には仲よさそうだけど…どういう関係なのこれ。

なんで福士蒼汰は親無しで兄弟養ってるの?というか血繋がってないよねどうみても…。

この辺は中核っぽいのになぜスルーしちゃったんだぜ…
一応小説版で補足あるんだとか。いや、なんであるものから必要なものを削っちゃうんだぜ…

とかいろいろ。

ワイヤー使わないCG使わない!
って言ってたシーンでガンガンワイヤーもCGも使われてて????ったなったり。

最後の監督の映画は監督のものだ!みたいなのもいるのか?

とかとか。なんとなく矛盾とかスルー設定が多くて、脚本的には入り込めないところも多々あり…ムムム。

あと福士蒼汰の成長が描かれてるところはなんかすっ飛ばしながら感もあったけど、最初の憎たらしさがすごかったので割とそこはギャップがでてよかった。

んだけど、ホントこれもいつのまにか唐沢寿明に食われてしまい、最後の最後で急に存在感がゼロに…
それならそれでもっと主役として唐沢寿明の離婚の話とか突っ込めばよかったのに…

あと最後エンドロール手前でタイトルのオマージュっぽくborn the hero かなんかでるんですけど、あれもなんだったのか…

いろいろ納得いかなかったけど、一緒に見た方は唐沢寿明かっこよかったのでオールオッケーとのこと。
うん。そりゃそうだ。

このレビューはネタバレを含みます

一緒に観た旦那がこの映画、凄い良かったと言ってた。
私は、福士蒼汰さんが素敵‼︎だっただけ…笑笑
たくみ

たくみの感想・評価

3.7
アクション映画と特撮作品の作り方がよく分かる映画。

いつも何気なく見てるアクションだけど、見方が変わりそう。
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.9
読書ノート[4]

ちょっと前後するけど、「イン・ザ・ヒーロー」も観た。

特撮ヒーロー大好き!!

でも、スーツアクターさんは名前が出ないっていうのは初めて知った。

全てを気にかけることは出来ないけど、なんというか、映画に限っていえば映画館に行こうって思った。
>|