イン・ザ・ヒーローの作品情報・感想・評価

イン・ザ・ヒーロー2014年製作の映画)

上映日:2014年09月06日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。顔出しで映画出演することを夢見ながらも、新人・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)にその座を奪われるなど何度も辛酸を舐めてきた。そんな本城に一世一代のチャンス到来!ハリウッド映画のアクション大作からオファーがかかった。しかしそれは、命をも落としかねない危険なスタント。周囲の制止する声を振り切り、自分の夢のため、誰かのヒーローになるために、本城は撮影スタジオへ向…

この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。顔出しで映画出演することを夢見ながらも、新人・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)にその座を奪われるなど何度も辛酸を舐めてきた。そんな本城に一世一代のチャンス到来!ハリウッド映画のアクション大作からオファーがかかった。しかしそれは、命をも落としかねない危険なスタント。周囲の制止する声を振り切り、自分の夢のため、誰かのヒーローになるために、本城は撮影スタジオへ向かった…。

「イン・ザ・ヒーロー」に投稿された感想・評価

映像制作に関わる人は楽しい映画!
最後の演技は圧巻です!
一ノ瀬の成長もベタで読め読めですが、いい感じです!
チェケラー
仕事に命かけられますか?😇

この言葉は重たかった。
僕はかけられない。
命をかけられるもの、世の中に存在するのかな?というスタンスです。
この映画でのミッチーのように女の子に振られる役回りなのです。辛いね😭

この映画の見どころでもあると思うのですが、殺陣シーンは本当にハリウッド映画を撮影しているのかと思うほど迫力がすごかったです。
首、心配になりました。映画に引き込まれていたのだと思います。

ただ、本当にこの映画の後半の福士蒼汰君の置き去り具合が。
ちょっと勿体無いなって気持ちになりました。
KH

KHの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ガムくちゃ福士には本当にイラっとした。

日本ではアクションを目指す若者が皆スーツアクターになってしまう。自分が憧れたブルースリーになろうとしても日本では難しい現状の中、それでも自分の夢を信じ続けるスーツアクター本城のもとに、顔出しの映画のオファーがって話。

いい意味で熱い映画です。それといい意味でバカです。仕事にね。
本当のことを言うと夢は信じ続ければいつか叶うなんてのはファンキーモンキーベイビーズの歌詞だけの話ですが、この映画の主人公は夢を信じ続けるというか自分なりの信念をずっと持ち続け腐らず自分の仕事に命を懸けてきたからこそ、それを認めてくれる妻(この映画だと複雑な関係だけど)や娘、大勢の後輩たち、それと最初は生意気だった福士君と様々な仲間に支えられた結果だと思う。
そんな熱い展開だからこそ、終盤の黒忍者集団には涙腺をやられること間違いなし、でも唐突な松方弘樹投入ですぐに冷めること間違いなし。
あと、おすすめポイントは寺島進兄貴のブラ姿が拝めるってことですかね。EDの実際のスーツアクターの方々の映像もGOOD
DESK

DESKの感想・評価

2.0
皆さまのレビュー評価が高かったので見ましたが、やはり邦画は配信サービスでいいや、と思ってしまう評価でした。各人の背景をもう少し描いてもらわないと感情移入できない。う〜〜ん、ラストのワンカットの立ち回りシーンは大画面で見たらまた違った感想になったのかも。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.0
綺麗なドキュメンタリーって感じ。

こんなに夢を追えるってすごい。
しかも自分の体一つでが売り物っていうね。
自分だったらアクション一つで死んでしまう自信があるもん。

・寺島進さんのブラ姿似合いすぎてて困った
・唐沢さんこの歳でこの動きができるのがすごい
・EDも面白い
・マスクしてるとあんなに視界狭いのかとびっくり
壮年jump

壮年jumpの感想・評価

2.7
福士蒼汰が心入れ替えて一生懸命頑張っているシーンは胸にくるものはある
ストーリーは単調なので後半はだれる、でもスタントの人の大変さは分かる。
DVDの特典の、オフショットも割と良い
設定がおもろそうだからみたけど、唐沢寿明なら、結局、白い巨塔の財前教授のほうが面白かったなと無茶苦茶な比較をした。
MasterYu

MasterYuの感想・評価

2.8
上映当時の感想です。


仮面ライダーやスーパー戦隊のガワの中に入っている人たちは、スーツアクターと呼ばれますが、これって一体誰が言い始めたんでしょう?
完全なる和製英語ですけど、今回主演の唐沢寿明がガワの中に入っていた頃は、そんな名称はなかったですからね。

ある意味、こうした名称が付いたということは、昔に比べれば中に入っている人たちに対する視線もいい意味で変わったことを示しているのかもしれません。

今作はそんなスーアクにスポットを当てたストーリーですが、これはもう事前にこちらが予想していた通りのコッテコテの展開w

ただ逆にそれが奏功している感じがしましたね。
この手の題材では下手に変化球を使うよりは、バシッとストレートを投げ込んだ方が素直に楽しめるということなのかもしれません。

唐沢寿明は50(撮影当時)とは思えない動きを見せて、十二分に説得力がありましたし、フォーゼの頃とは比較にならないぐらいに成長した福士蒼汰のキャラ作りもなかなかよかった。

演出面も私の嫌いな無駄に入ってくるスローモーションも少なかったしw、ダラダラする部分がなかったのもすんなり観られた要因でしょう。

もちろんイラッとする演出もありましたし、クライマックスでももうちょっとこちらをハラハラさせるような構成にならなかったか?とも感じましたが、その辺りは完全に「本格的にアクションをしている唐沢寿明を見よ!」という、それだけを前面に推し出した演出であると理解できるので、それほど責めるようなことでもない気がします。

まったく捻りもなく、意表を衝くような驚きもない、本当に真っ正直ないい意味で「王道」、悪い意味で「コテコテ」なストーリーですけど、これはこれでアリかなぁと思うと共に、スーアクという題材が少し贔屓目に見させているとの自覚もあったりするのでw、手放しでお薦めするってことはしませんよ。

色々余裕があったら観てみて下さいって感じですかね。
HITOMI

HITOMIの感想・評価

3.9
話はベタだけど、なんか素直に楽しめました。実話に基づいていそうな感じも良かった。唐沢寿明はまさにハマリ役。福士蒼汰も良かったです!殺陣やアクションができる人って凄いんだなぁ、そして映画は沢山の人が集まって作られてるんだなぁと改めて感じました。松方弘樹の殺陣はやっぱりかっこいいですね!
K

Kの感想・評価

3.0
普段は顔出しなし、セリフなしのスーツアクターにスポットを当て、アクション映画の現場を影で支える彼らの信念とプロ根性を描く。

決して表立って目立つことのない影役者が、体を張って一生懸命取り組む姿が熱くてかっこいい。
>|