イン・ザ・ヒーローの作品情報・感想・評価

「イン・ザ・ヒーロー」に投稿された感想・評価

小森

小森の感想・評価

-
舐めた新人俳優が熱血スーツアクター唐沢によって一人前の男になる。スタントマンだけでなく、映像制作に携わる全ての人へのリスペクトが感じられて良かった。弟子の成長に感化されて唐沢が夢の実現に突き進む展開も熱い!火だるまになりながらの殺陣が見所。
yuki

yukiの感想・評価

4.8
想い出深い映画なので特別
やはり日本映画はこういう路線だと素晴らしい作品になる気がする
hacca

haccaの感想・評価

-
邦画のなかなら良かった。日本の少年漫画的な、段々心を許していく感じとかサイコーだいすきだし。しかし演出よ。ドリフの舞台装置かと思ったわ
ザン

ザンの感想・評価

3.5
あんなに現場に理解のない監督やスタッフ、そして若手俳優がいるだろうか、誇張が過ぎると素人ながら疑問に感じてしまう。大立ち回りのラストシーンなどは事故・怪我が起こるのは必然だろうし。寺島がよかった。そして松方の出演が作品に重みを出していた。
ボブ

ボブの感想・評価

3.0
2015/3/15鑑賞。スタント会社社長でありながらスーツアクター歴25年の本城は、長年の夢だった顔出し出演の話を若手人気イケメン俳優の一ノ瀬リョウに奪われてしまう。 リョウは特撮番組に対して敬意を払わず、次第に現場との溝が広がっていく。そこへハリウッド映画出演の話が決まり…という話。 序盤は少々退屈ですが、傲慢なリョウが少しずつ変わっていき、仲間から認められる展開は悪くありません。ただ、最後のアクションシーンが長すぎるのに対して魅力的でないのが残念。少年時代に特撮で育った人であれば、何かしら胸に来るものがあるはず。 65点
Tatsuhito

Tatsuhitoの感想・評価

3.9
おもしろかった。
製作側が主人公の俳優生命が終わってしまうことも加味した、使い捨てとも言えるアクションシーンでも、見る人の夢を奪わせないためにやる。良いヒーロー像だなと思った。しかし、最後の撮影シーンで、この映画の撮影では当たり前ですが、ワイヤーの使用やワンショットじゃないことが分かってしまう演出だったので、感動が薄れてしまう感じはあった。
水野敬也さん脚本で観た。
彼のブログは最高。
映画はもう一つでした!
ちょこ

ちょこの感想・評価

4.0
めちゃくちゃに夢がある。
特撮が好きだからなおさら
胸が熱くなってしまった。
ご都合主義結構だ、
ヒーローはこうでなきゃならない。
鎌谷

鎌谷の感想・評価

-
ドラマ『石ノ森章太郎物語』を見た後に、そうだこの映画でも唐沢さんスーツアクター役だったことを思い出し観賞。脚本『夢をかなえるゾウ』の人だったのか!だからテーマに夢があるのね。

リアリティーがないとか感想にあったけれど、スーツアクターやスタントマンの大変さは十分伝わりましたよ。みんなのヒーローになりたい。中途半端な気持ちでは到底できないお仕事。

クライマックスシーン、私も「その演出やっちゃう、このシーンで!?」とツッコミは入れたくなりましたが、唐沢さん自らスタントされたと思われる殺陣は圧巻。

子ども(の心を持った大人)たちを熱くさせるのは、彼らがいるからなのですね。私は息子と仮面ライダー応援してますよ。
日本において独特の進化を遂げたスーツアクターという職業をメインに据えた作品です。
スーツアクター経験のある唐沢寿明とライダーの主演であった福士蒼汰がメインを張るためにリアル感があります。

前半部のスーツアクターという職業やその技術を見せるパートや特撮をジャリ番と馬鹿にしていた福士蒼汰が心を開きトレーニングし始めるシーンまでは100点、いや五億点の出来です。

寺島進演じる女形スーツアクターが素晴らしく自身の結婚式では余興でレッドを演じるなどのあるあるネタが楽しかったです。
あまりのハマり役にwikiで調べたら寺島さんは女形スーツアクター経験あるんですね。

問題は後半の「蒲田行進曲」的な展開でさす。
後半の、というよりハリウッド映画の撮影に絡むストーリーが全く乗れません。あのヘッポコ映画でハリウッド進出は出来ないでしょう。
ノーマット、ノーワイヤー、ノーCGのワンカットアクションを撮るという展開で実際のアクションシーンがCGやワイヤーを使ってカットを割りまくるでは納得がいかないです。

事実そうなのかも知れませんがスーツアクター達は顔出しのアクションスターになりたいと思いスーツアクターがステップアップの為の物の様に見えてしまうのが残念でした。

ヘッポコ忍者映画ではなくハリウッドで「パワーレンジャー」の映画化するという設定で唐沢寿明が日本のスーツアクターの技量を見せる展開で良かったのではないでしょうか。

唐沢寿明、福士蒼汰、及川光博、主題歌の吉川晃司と仮面ライダーに関係のある方が多いのも見所ですがエンドロールに竹内涼真の名前があってビックリして探してしまいました。
オーディションシーンで福士蒼汰の前にいました。

エンドロールの実際のスタントの映像にビビりました。凄すぎるでしょ。
>|