TAP THE LAST SHOWの作品情報・感想・評価

TAP THE LAST SHOW2017年製作の映画)

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:133分

3.4

あらすじ

―――舞台の向こう側にある輝く感動を超えた世界。自分のタップダンスなら、観客をもそこに連れて行くことが出来ると思っていた。危険と隣合わせの高所でのタップ。自分も観客も最高潮の瞬間に、その男・渡真二郎(水谷豊)は舞台の床に叩きつけられた。…光の向こうの素晴らしい世界を垣間見て。それから十数年…足を引きずり、酒におぼれた渡は、天才という名をほしいままにした栄光のダンサーとはかけ離れた生活を送っていた…

―――舞台の向こう側にある輝く感動を超えた世界。自分のタップダンスなら、観客をもそこに連れて行くことが出来ると思っていた。危険と隣合わせの高所でのタップ。自分も観客も最高潮の瞬間に、その男・渡真二郎(水谷豊)は舞台の床に叩きつけられた。…光の向こうの素晴らしい世界を垣間見て。それから十数年…足を引きずり、酒におぼれた渡は、天才という名をほしいままにした栄光のダンサーとはかけ離れた生活を送っていた。そんな渡のもとへ、旧知の劇場支配人・毛利から「最後のショーを演出してほしい」という相談を持ちかけられる。最高の舞台で劇場を閉めたいという毛利を前に、渋々引き受ける渡。そんな彼の前に、それぞれが事情を抱えた若手ダンサーたちが集まって来る。いつしか、自分が垣間見た世界を、若きダンサーたちに託そうと決意する渡。彼の中の止まった時間が、再び動き出す。

「TAP THE LAST SHOW」に投稿された感想・評価

kotoe

kotoeの感想・評価

3.4
B級感が良かった。TAPがもっとメジャーになるといいな。ラストのダンスシーン圧巻だった。夢追うタップダンサーのお話だけでなくて、昔の映画みたいに、タップが映画の中で必要不可欠な存在になる映画が増えて欲しい。
Milkiti

Milkitiの感想・評価

2.5
さすが水谷豊が40年前から構想を抱き続けてきたという物語だけあって、ドラマパート全てが古臭い!
40年前だったら格好良かったであろうキャラ設定と脚本。
役者それぞれに抱えている悩みがありきたり!散々映画やドラマで使い古されてるみたいな内容。わざとらしい演技。
ドラマシーンほぼオールカットで練習とラストのタップだけでも良かったくらい。
最後のショーは楽しめた。
hirokeeen

hirokeeenの感想・評価

3.5
"自己"を表現して周囲から認められれば、きっと人生は良い方向に向かう。って現代の若者は信じてると思う。表現方法は映画でも音楽でも絵画でも論文でもダンスでもなんでもよくって、とにかく自己を表現することを命題として受け止めてる気がする。
MtFilm

MtFilmの感想・評価

3.4
投稿するの忘れてたぜベイベー

タップダンスめちゃすごかったし、万人ウケする演技ではないけど、なんか舞台見てるようで、こうゆうのもたまにはいいな〜と。

前売券買ってなかったら絶対行ってなかったけど。

水谷さんの夢が叶ってよかったですね。
KIRIKA

KIRIKAの感想・評価

3.0
水谷豊が監督してやりたいことやりましたって感じ。一人よがり感。
でも俳優としての水谷豊はやっぱり素晴らしいし、タップダンサーを起用しただけに最後のショーは素晴らしかった!
ui

uiの感想・評価

2.5
記録。

ラストのダンスシーン、
あれは凄かった。
現実に打ちひしがれた者が、若きダンサーたちに託そうと一歩前へと歩み出す物語。

本当の若手タップダンサーが演技をするので演技力は仕方ないとしても、それぞれの家庭事情の演出は酷くキャラの背景を掘り起こすことはできず。
また話の繋がりも殆どなくカット割りも変で演技力以前の問題に。

ラストのタップダンスがメイン構成なのに、これらの脚本と演出の理由でラストに集約するような緊張感の高まりやストーリーの推進力が足りない結果に。

タップダンスは圧巻。ダンサー達が生き生きしている。
タップの事は殆ど知らないが、音楽に合わせて幅の広いダンスや表現を演出していて驚くのだが、カットが少し多く長回しで曲の転調ごとのカット割りにしてほしかった。

全体として色々な事が少しずつ足りない気がするが、監督のタップに対する愛情が伝わる心地よさがとても良い。
KJ

KJの感想・評価

3.7
付き添いで鑑賞。正直、興味なかったが、思っていた以上に引き込まれた。
タップダンスなどあまり知らなかったが、こんなに表現できるダンスなんだと、関心を持った。
物語の部分は、いかにも安っぽい演技や演出で少しもったいないと感じたが、タイトル通り、LAST SHOWの部分は圧巻であった。
ドキュメンタリー風にしたり、もっと登場人物の人間性を追求した物語になっていたらより素晴らしい映画となっていただろう。
さささ

さささの感想・評価

4.0
これが観せたいっていう水谷豊のこだわりが詰まってる感じ。ラストショーの迫力は圧巻。微妙に古さを感じるところと相棒役者使いまくってるとこが少し残念ではある。
登場人物1人1人抱えてるものはいろいろとあるけど、まさに「生きるために踊る」って感じが好きだった。
せいけ

せいけの感想・評価

3.9
ダンスのシーンは圧巻すごく引き込まれる
水谷豊も渋くてかっこいい
ストーリーが少しポンポン進みすぎな気もするテンポはいいけどあっさりしすぎな印象だった
演出が若干古臭さを感じるのが気になった
メンバーが1人追加されてから締まりが出てきたと思う
ジュン役の俳優いい演技をしていた
>|