太秦ライムライトの作品情報・感想・評価

『太秦ライムライト』に投稿された感想・評価

Hiro

Hiroの感想・評価

3.3

失われていきつつあるチャンバラ時代劇。
それに伴ない、京都撮影所の大部屋俳優達の活躍の場もなくなっていく。
寂しい物語ではあるが、時代劇役者の殺気と心意気を感じられる。
福本さんの存在感がなんとも素…

>>続きを読む
サ

サの感想・評価

-
かなりジーンときた ラストの斬られが美しすぎて 時代の流れは止められないけども受け継がれてほしい文化だなとあらためて思った
桃龍

桃龍の感想・評価

4.0

2018-08-24記。
ドキュメンタリではなく実話を元にしたフィクションの作品として制作したところがいい。
しかもそこに、現実と重なるような新人女優をもってきたところもいい。
さらに舞台は時代劇。…

>>続きを読む
ys

ysの感想・評価

3.5

製作は太陽の子🎬のコウ・モリ。
カナダ🇨🇦のファンタジア国際映画祭で、
シュバルノワール賞(最優秀作品賞)と、
日本人初の最優秀主演男優賞を受賞。
5万回斬られた男と呼ばれる斬られ役俳優、
福本清…

>>続きを読む
odyss

odyssの感想・評価

4.0

【素直な気持ちで】

時代劇の斬られ役が主人公、という映画。実際に斬られ役で役者人生を過ごしてきた福本清三氏がこの役を演じています。

時代の変遷のなかで、時代劇も数が減り、斬られ役の居場所もなくな…

>>続きを読む

男らしい、渋く熱い作品だった。
日本一の斬られ役として知られるベテラン時代劇俳優、福本清三さんが主演を務めるヒューマンドラマ。
この人みたいな努力と研鑽を積み重ねた男じゃないと出せない佇まい、かっこ…

>>続きを読む

京都太秦を舞台に時代劇の斬られ役を実直に演じ続けた男の生き様を描く。
実際に「5万回斬られた男」の異名を持つ斬られ役俳優、今は亡き福本清三が主演を務める。
脇役どころか斬られ役という端役を演じ続ける…

>>続きを読む

現在注目の若手アクション俳優 山本千尋の映画初出演作品。『鎌倉殿の13人』で暗殺者善児の弟子トウとしてその身のこなしと「ずっとこの時を待っていた。父の仇!」と積年の思いをぶち撒けて善児を殺した演技に…

>>続きを読む
saito

saitoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

チャップリンは必要なのだろうか😅?

役者同士のコミュニケーションが圧倒的に足りなかった。
演出の付け方が悪かったんだろうな。
いや、役者が脚本読めてないのか。。成立してないだろって。

福本さんの…

>>続きを読む

開始5分で「おぉー!まじかよ!」と声が出た🤣

すごく、すごく良かった。

『蒲田行進曲』『キネマの天地』を見てからこの作品を見て、やはり主役は主役の佇まいがあり、大部屋は大部屋の佇まいがあるなと感…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事