7s セブンスの作品情報・感想・評価

7s セブンス2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

自主映画監督のサワダは、同級生と一緒に作った映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。その賞金をもとにさらに大きな映画を作ろうと意気込む。書き上げた脚本は「7s」という題名で、7人の天才詐欺集団が世の為、人の為に詐欺を行うという映画だった。スタッフも集まり「7s」がクランクインする。序盤の撮影は順調そのものだった。しかし徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部…

自主映画監督のサワダは、同級生と一緒に作った映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。その賞金をもとにさらに大きな映画を作ろうと意気込む。書き上げた脚本は「7s」という題名で、7人の天才詐欺集団が世の為、人の為に詐欺を行うという映画だった。スタッフも集まり「7s」がクランクインする。序盤の撮影は順調そのものだった。しかし徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部の失踪、キャストの突然の降板…。そして、ついには撮影したデータが消えてしまう。資金も底をつき、映画「7s」は未完のまま撮影がストップしてしまった。3年が経った。スタッフ、キャストはバラバラになり、だれも「7s」の話をすることはなくなっていた。ある日「7s」の主演を務めていたカブとサワダが再会したことにより「7s」が思いもよらぬ方向に動き始める…。悔しい思いをしていたのはサワダだけではなかった。キャスト、スタッフみな、完成させることができなかった映画「7s」に対して後ろめたい気持ちを持っていた。そして再び「7s」の映画撮影が始まるのだった…。

「7s セブンス」に投稿された感想・評価

Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.3
2.3点
自主製作映画を撮る話。

自分も自主を何本かお手伝いしたことがあって、自分でも何か撮ってみたいなー、と漠然と思っているうちに気づいたら映画業界に足を突っ込んでしまっていて自主製作映画(チープなやつで全然OK)を撮る機会を失ってしまって現在に至るという。
思い出したら撮る前に頓挫した企画も確かにあったあった(笑)

あるあるネタの映画だと思う。
空中分解に至る過程の描写が弱いかなー。

よっし、50歳から自主製作映画始めるぞー。
ずーっとこころに引っかかってる映画。夢を追いかけて、でも現実の生活があったり、自分を押し通して仲間を失ったり。
思いが縁があれば終わりはない。
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.5
なんかとてもリアルだった。
知らない役者さんばっかりだったけど、青春ってかんじ。(年齢層は高め)
ゴリッ

ゴリッの感想・評価

3.0
(登場人物の年齢層は高いけど)夢を諦めれない人たちの青春ムービーって感じ。面白かった。
EY

EYの感想・評価

3.6
よく下積み時代に死体役たくさんやりましたっていう俳優さんいるけど、下積みするって大変なんだね
知らない俳優さんばかり
meri

meriの感想・評価

3.8
深水元基検索からたどり着いた。
深水元基って本当に顔も声もスタイルも抜群。
クサいリアリティーとなんとも言えないインディーズ感が良かった。
かざみ

かざみの感想・評価

4.1
思わぬところに名作。

深水元基が好きという理由だけで、なんの前情報もなくチョイスしたが、わりとガッツリ自分にハマる作品だった。

回りくどい説明を省いてシンプルにトントントーンと積み上げてみたかと思えばあっという間にガラガラガラーっと崩すような映画。

斎藤工が斎藤工役で登場しているんだけど、そんなことよりもパークマンサー役じゃないはずのパークマンサーがめっちゃパークマンサーだった。いちばんいい役だったと思う。
KARA

KARAの感想・評価

-
昔の自分、自分のやりたいことのために辛かったり、苦しかったりしても夢や目標に向かって泥臭く生きていた頃の自分だったら共感して泣いていたかもしれない。いくつかのシーンが当時の自分と重なって見えたから。

でも今の自分はかなり冷めて見てしまっていた。自分のやりたいことをやるために苦しんだり、不甲斐ない気持ちを経験しながら暮らしている登場人物達を見ながら、彼らそれぞれにもっと別のスマートで幸せなやりかたがあるのではないかと考えてしまった。彼らが不器用すぎて冷めてしまった。実直に努力していることだけが美しいことではないということを自分は自分自身の人生から学んできたから。自分自身が精一杯努力していると思っていることでも他人や社会は結構蹴散らしてくるもの。でもそれは自然なこと。自分が他人や社会の側に立てば同じことをしているということに気がつくから。彼らにはもっと効果的なやりかたがあると思う。悲しみや苦しみ、怒り、孤独、絶望、妬みをできるだけ感じないようにするにはどうすればいいか考えてよりよい生き方をしていくことが大事だと思う。

本当に苦しいと人は絶対に何かを続けることはできない。あまりに苦しいと命を絶ってしまうか、好きだと思ってやっていたことをやめてしまうか、自分にあったナチュラルなやりかたを見つけてやっていくかのどれかになると思う。自分はこのうちの3つ目のやりかたを選んだ。選んだというより本当に好きなことをやるためにはそうするしかなかった。そして今も日々自分にとってナチュラルなやり方とはどんななのかを考えながら生きている。

この映画の複数の登場人物の行き方を客観的に見ていく中で自分自身の生き方を改めて客観的に見るいい機会をもらった。感謝したい。
素数

素数の感想・評価

3.5
高速バスにて


面白かったし、しっかりしてたし、最後までちゃんと観れたんですけど、100分以下なのに長く感じてしまったのと見終わったあとに思うことがあまりなかったのが正直なところです

7sという自主映画に関わるすっごくリアルな人達がそれぞれ夢を持っていて、でも上手くいかなくて、ってゆうリアルな内容なんですけど、なんでこんなに響かなかったのか自分でも謎です。
自分に夢がないからなのか、目指す業界が違いすぎるからなのか、、、

しかしやっぱり芸能界、演劇界は厳しい世界ですね、、
この映画の出演者さんたちにとってもこんな感じがリアルなんだろうな〜と思うと苦しかったです

あと監督の存在の大切さ、技能や才能も必要だし人望も必要なんだと感じてやっぱ監督ってすごいなって思ったのと、注目されることは少ないけれど陰から映画を支えるカメラマンさんだったり音響さんだったりもそれぞれプライドを持って携わっているんだと伝わってきて映画をつくる全ての人に敬意を込めて観るようにしたいと感じました。

でも結局私のような一般の観る側に作り手の苦労を感じさせない純粋におもしろい映画がやっぱり名作だと思います。

邦画界頑張ってもらいたいですね!!


あと須賀貴匡さんが出てました
そういえば仮面ライダーライアの人が特撮の自主映画?つくってるらしいですが普通に観れるのでしょうか、特撮全然詳しくないけど観てみたいな〜
自主映画のしんどい部分が詰まってる気がする。
自主映画の世界は泥臭くて、しんどくてしんどくてしんどいっていう。かくいう僕も自主映画を撮っていて、劇中の役者が突然来ない、スタッフが離れていったり、データ消え事件などの自主映画しんどいあるある的なエピソードは痛いほど分かって胸が痛くなったし、恐ろしくもなったりした。

なんでこんなしんどい思いをして、映画撮ってるんだ。。それはやっぱり映画が好きだから!この映画が完成する事で何かが変わるんじゃないか…!そんな熱い思いが伝わってきた映画だった。
>|