7s セブンスの作品情報・感想・評価

7s セブンス2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

自主映画監督のサワダは、同級生と一緒に作った映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。その賞金をもとにさらに大きな映画を作ろうと意気込む。書き上げた脚本は「7s」という題名で、7人の天才詐欺集団が世の為、人の為に詐欺を行うという映画だった。スタッフも集まり「7s」がクランクインする。序盤の撮影は順調そのものだった。しかし徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部…

自主映画監督のサワダは、同級生と一緒に作った映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。その賞金をもとにさらに大きな映画を作ろうと意気込む。書き上げた脚本は「7s」という題名で、7人の天才詐欺集団が世の為、人の為に詐欺を行うという映画だった。スタッフも集まり「7s」がクランクインする。序盤の撮影は順調そのものだった。しかし徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部の失踪、キャストの突然の降板…。そして、ついには撮影したデータが消えてしまう。資金も底をつき、映画「7s」は未完のまま撮影がストップしてしまった。3年が経った。スタッフ、キャストはバラバラになり、だれも「7s」の話をすることはなくなっていた。ある日「7s」の主演を務めていたカブとサワダが再会したことにより「7s」が思いもよらぬ方向に動き始める…。悔しい思いをしていたのはサワダだけではなかった。キャスト、スタッフみな、完成させることができなかった映画「7s」に対して後ろめたい気持ちを持っていた。そして再び「7s」の映画撮影が始まるのだった…。

「7s セブンス」に投稿された感想・評価

なんかクリアじゃないよね、スッキリしない所がいくつかあった。わざとなのかな?
でもこのグズグズな感じ邦画じゃないとできないんだろうなあ。全体的にパッとしないけど、作中の7sがこの映画のことだったら、面白いって思ったと思う。ニホンゴムズカシイ🇯🇵
初)斉藤主演の作品かと何気なく鑑賞し始めたら…映像もしくは演劇で生きていきたい若人達のお話でした…映画やドラマ舞台が好きで観てる鑑賞者は良くも悪くも成功している人達のものを目にしているわけでこういう世に出る前の若人あるあるは何ともです。そんなに熱くても世に出てくる前のあるあるなんてぶっちゃけどうでもいいし…
何ともですとしか言いようがない印象…でも目を離せない雰囲気があり寝落ちせず完走しました。
(ノ-_-)ノ~┻━┻昔売れてた芸人役はglobeのパロディやってた素人の男子ですよね⁉︎
全体的にトーンが暗過ぎる
その暗さもあまりプラスに働いてない
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.3
2.3点
自主製作映画を撮る話。

自分も自主を何本かお手伝いしたことがあって、自分でも何か撮ってみたいなー、と漠然と思っているうちに気づいたら映画業界に足を突っ込んでしまっていて自主製作映画(チープなやつで全然OK)を撮る機会を失ってしまって現在に至るという。
思い出したら撮る前に頓挫した企画も確かにあったあった(笑)

あるあるネタの映画だと思う。
空中分解に至る過程の描写が弱いかなー。

よっし、50歳から自主製作映画始めるぞー。
ずーっとこころに引っかかってる映画。夢を追いかけて、でも現実の生活があったり、自分を押し通して仲間を失ったり。
思いが縁があれば終わりはない。
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.5
なんかとてもリアルだった。
知らない役者さんばっかりだったけど、青春ってかんじ。(年齢層は高め)
ゴリッ

ゴリッの感想・評価

3.0
(登場人物の年齢層は高いけど)夢を諦めれない人たちの青春ムービーって感じ。面白かった。
EY

EYの感想・評価

3.6
よく下積み時代に死体役たくさんやりましたっていう俳優さんいるけど、下積みするって大変なんだね
知らない俳優さんばかり
meri

meriの感想・評価

3.8
深水元基検索からたどり着いた。
深水元基って本当に顔も声もスタイルも抜群。
クサいリアリティーとなんとも言えないインディーズ感が良かった。
かざみ

かざみの感想・評価

4.1
思わぬところに名作。

深水元基が好きという理由だけで、なんの前情報もなくチョイスしたが、わりとガッツリ自分にハマる作品だった。

回りくどい説明を省いてシンプルにトントントーンと積み上げてみたかと思えばあっという間にガラガラガラーっと崩すような映画。

斎藤工が斎藤工役で登場しているんだけど、そんなことよりもパークマンサー役じゃないはずのパークマンサーがめっちゃパークマンサーだった。いちばんいい役だったと思う。
>|