7s セブンスの作品情報・感想・評価

7s セブンス2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

自主映画監督のサワダは、同級生と一緒に作った映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。その賞金をもとにさらに大きな映画を作ろうと意気込む。書き上げた脚本は「7s」という題名で、7人の天才詐欺集団が世の為、人の為に詐欺を行うという映画だった。スタッフも集まり「7s」がクランクインする。序盤の撮影は順調そのものだった。しかし徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部…

自主映画監督のサワダは、同級生と一緒に作った映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。その賞金をもとにさらに大きな映画を作ろうと意気込む。書き上げた脚本は「7s」という題名で、7人の天才詐欺集団が世の為、人の為に詐欺を行うという映画だった。スタッフも集まり「7s」がクランクインする。序盤の撮影は順調そのものだった。しかし徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部の失踪、キャストの突然の降板…。そして、ついには撮影したデータが消えてしまう。資金も底をつき、映画「7s」は未完のまま撮影がストップしてしまった。3年が経った。スタッフ、キャストはバラバラになり、だれも「7s」の話をすることはなくなっていた。ある日「7s」の主演を務めていたカブとサワダが再会したことにより「7s」が思いもよらぬ方向に動き始める…。悔しい思いをしていたのはサワダだけではなかった。キャスト、スタッフみな、完成させることができなかった映画「7s」に対して後ろめたい気持ちを持っていた。そして再び「7s」の映画撮影が始まるのだった…。

「7s セブンス」に投稿された感想・評価

自主映画のしんどい部分が詰まってる気がする。
自主映画の世界は泥臭くて、しんどくてしんどくてしんどいっていう。かくいう僕も自主映画を撮っていて、劇中の役者が突然来ない、スタッフが離れていったり、データ消え事件などの自主映画しんどいあるある的なエピソードは痛いほど分かって胸が痛くなったし、恐ろしくもなったりした。

なんでこんなしんどい思いをして、映画撮ってるんだ。。それはやっぱり映画が好きだから!この映画が完成する事で何かが変わるんじゃないか…!そんな熱い思いが伝わってきた映画だった。
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.0
ウィラーバスなんでこれ入ってるの?
業界人とか人の調子良い俗っぽさ自然
Miiwa

Miiwaの感想・評価

-
夢追いかけてみんなもがいてるところとか、うまくいかなくて挫折とか、人間関係のいざこざとか、、、
登場人物みんなを応援したくなった。

斎藤工ちょっとだけ出てるのもいい。
すず

すずの感想・評価

3.0
観てる人少なくて勿体ない。
なかなか良い映画だと思うんだけどな~
ものづくりしてる人なら共感できると思うし、映画好きな人は映画をさらに好きになると思った。誉めてる割にスコアは普通ですみませんf(^_^; 4には届かないけど良かったですよ(๑′ᴗ‵๑)

映画[7s セブンス]がなぜ未完成になったのか。監督、役者、芸人、モデル、スタッフ。最初はみんな同じ方向を見ていたはずなのに、少しずつ狂っていって─────

若気の至りって言ってしまえばそれまでだけど、やってる本人はその時は全力だったり、置かれてる状況を大事にしていないことに気付かない。時が経つからあの時の行動に後悔したり、あの時の栄光が忘れられない。

素人感があるからこの映画はリアルさがある。ほとんど知らない役者ばかりだったけど、私が知らないだけで、有名な人たちなのかな?それとも素人感が大事な映画なので名の知れない人たちを集めたのかな?
斎藤工がチョットだけ出てます(笑)

監督役の演技が良い。
淵上泰史ってドラマ[恋がヘタでも生きてます]の人だったのか。全然気付かなかった(笑)
pokke

pokkeの感想・評価

3.7
頑張っても頑張っても
ただもがくだけで全然前に進まない
状況はむしろ悪くなる一方で
周りを傷つけずにはいられない

結構ぐさぐさくる
DKeita

DKeitaの感想・評価

2.0
スバルのCM(your story with)の長編やと思えば、それで全部伝わる。
 観てる間何度も何度も泣いた。なんでこの人たちはこんなにも辛い思いをしながらも必死に映画にしがみついているんだろう、悪魔に憑りつかれて後先もう苦しみながら死ぬしかないみたいな状況の中で必死にもがき続ける人間の何たる美しさ。切なさ。カッコ良さ。自分も長年映画を撮ってきた側の人間で、今までの自分の人生を全否定されたような気持にもなり、全肯定されたような気持ちにもなる。
 脚本でもクレジットされてるアベラヒデノブの芝居がやっぱり物凄くて、本人の(役者としてではなく自主映画監督としての)葛藤もかなりダイレクトに芝居にぶつけているんだろうなと感じた。顔のパーツひとつひとつから滲み出る「映画を撮りたいだけなのになんでみんなわかってくれないんだよ!!!」というわがままな苛立ち。わかりすぎて後半からは顔を見るだけで泣けてくる。
 やっぱり映画を作る以上避けて通れない道が人間付き合いで、そこから生まれる信頼関係、友情など様々あるけれど、それらをある日突然ぶっ壊してメタメタにしてしまうのもまた映画だという最悪のスパイラル。もうこのスパイラルから逃れることはできないという諦めと、でももしかしたら自分たちなら上手くやれるかもしれないという微かな希望。映画の最後の最後、本当に心から救われた。今のこの時期に観れて良かった。
makole

makoleの感想・評価

3.6
カッコいいとは1ミリも思えなかった
辛くて辛くて目の前に絶望を提示された感じ
sumire

sumireの感想・評価

3.3
俳優さんがあまり知らない人ばかりで、無名の人達の映画製作の苦悩がリアルで、でも素人臭すぎず観やすかった。

偉ぶってる映画監督が、誰もが学生の頃に出会っている(?)偉そうなバイトリーダーに擦り合わさって、痛々しくて懐かしくて良かった。内弁慶か。あんな人がいると妙にその他が団結するんだよね笑

友情出演の斎藤工に後光が差して見える!やっぱり神様に選ばれてんだろうな〜。
hf

hfの感想・評価

-
もう痛々しくってホント辛くって、何度か観るのやめそうになったんだけど、面白くってやめられなかった。音楽効果で感動も倍増…良かった。
>|