美しい絵の崩壊の作品情報・感想・評価

美しい絵の崩壊2013年製作の映画)

TWO MOTHERS/Adoration

上映日:2014年05月31日

製作国:

上映時間:111分

3.2

あらすじ

ロズとリルは幼い頃からの親友で、美しいビーチ・タウンに暮らしている。2人とも、ティーンエイジャーの息子を持ち、互いの息子とも、強い絆で結ばれている。そんなある夏、ひとつの出来事によって生じた大きな感情の亀裂が、2人の息子、そして2人の母親の間を突然に切り裂いた。ロズとリルは、互いの息子と恋に落ちてしまったのだ…。

「美しい絵の崩壊」に投稿された感想・評価

jaja

jajaの感想・評価

-
これは我々、中年の儚い願望の物語である。本格的な老化を前にして、最後にもう一花咲かせたい、それも若くて美しい相手と、と思うのは、どうやら男だけではないようだ。▼その意味では、ありがちな話ではあるが、その望みが適うことなどない。非現実的なのだ。たとえ適ったとしても、ほんの一時であって、映画のように何年も続くことはないだろう。ましてや、若い方に歳相応の相手が見つかれば、その瞬間に永遠に終わる関係なのである。▼そして、中年はいつも相手の若さに嫉妬し、自らの老いを憎み、ひたすらその瞬間が来るのを恐れ続けるのだ。
ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.0
こんな家で生活したい☆

ただ禁断の関係やし
それぞれ状況分かってるし
なんかもう普通じゃない!

こんなん知ってしまったら普通に暮らせへん!笑

クライマックス想像してた結末と
ちがっててちょっと唖然とした。
rann

rannの感想・評価

3.8
びっくりする内容ですが,画が本当に綺麗で,内容のドロドロさを洗い流しているような印象でした。目から入ってくる情報は大きいな..。情事は滅茶苦茶でも情景は美しかった。
私も綺麗な海の前の広い家で住んで砂浜で寝たり海の上のプカプカする板みたいな上で寝たりする生活をしたい。
mie

mieの感想・評価

4.5
アンティオペ将軍(ロビンライト)がすっばらしいボディライン👏👏👏内容はハチャメチャ←そして邦題もひどい🤦🏻‍♀️
ぶっ飛んだ関係だけどこういうの好きだわーwww

ワッツさんは期待を裏切らない。
なんか、画ヅラ的には美しいんだけど、この二組の親子…もうね、「それかよ…」としか言えなかった。あんなに最小単位のコミュニティでそれはどーなの、と思ってしまった私は作り手の思うツボかしら。息子嫁に完全に同情。モヤモヤ感半端ない映画だった。ロビンライト髪短いと男顔だなー。
絵はすごく美しい。4人の作る画面の心地よさと爽やかさだけは気持ちいいけど!内容がえぐい笑
酷評が多いですね(苦笑)

確かにこれが日本人で演じていたら
ちょっと耐え難い内容かと感じます。

ナオミ・ワッツの乙女チックな演技や
登場人物それぞれの心の機微が細かく描かれている点など
なかなか見ごたえがありました。
監督が仏人だけあって、フランス映画のような
淡々とかつ想像力を掻き立てる展開も好きでした。

たまにはこれくらい濃密なラブストーリーも
いいもんだなぁと思っちゃいました。
自分にはあり得ない恋愛なので(笑)
ホーク

ホークの感想・評価

3.4
気持ち悪いことをキレイに観せられてる違和感。個人的には悲惨で衝撃的なラストにしてほしかった。
Tommy

Tommyの感想・評価

3.0
【2017.09.27.WED】

これは酷い。
カオス極まりないです。

自分が結婚した相手が
親友のお母さんと愛人関係で
それも現在進行系だとか、
自分の感情をフル活用させても
処理しきれないだろうなぁ…

それでも4人はそれでいいと思っている
ある意味異様な関係ですよね。

映像としては美しいのですが、
ストーリーを現実的に考えると
恐ろしいお話でした。
>|