東京タワーの作品情報・感想・評価

東京タワー2004年製作の映画)

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.1

「東京タワー」に投稿された感想・評価

小森

小森の感想・評価

-
不倫はオシャレ!って映画。この映画が岡田君の不倫略奪婚の後押しをしたのだとしたらロマンがある。
Skyler

Skylerの感想・評価

3.0
黒木、岡田チームのメインストーリー1点
寺島、松本チームのサイドストーリー5点

ああいう大人の女性(黒木)に憧れる時期があるのは理解できるけど、天然に振る舞って若い男を弄び、旦那様も地獄に落とすタイプの女性は不愉快。
旦那様もお気持ちわかるけど、怖すぎ。
そこは大人だし、相手は大学生だからね。
黒木の行動も理解できなければ、最後の展開も??
唯一の救いは、今ではもう見られない、
小動物のような眼差しのセクシー岡田が貴重なことくらいかな。

一方、寺島、松本のラブストーリーはかなり面白い。
専業主婦の寺島もかなりの天然だけど、こちらは女性として可愛らしく、若い男性にどんどんハマっていく過程がリアルで納得感がある。

松本のキャラは、とにかく女性関係にだらしないんだけど、ただの単純なチャラ男でもなく、どことなく憎めなさがあってどちらにも感情移入出来てしまう。
サイドストーリーとして、短い尺の中で出会いから別れまでが描かれているが、丁寧な作りでバランスも良く上手い。
かす

かすの感想・評価

4.5
当時、お世話になっていた方に教えてもらい
何年か前に一度見てから、
年に一回はなぜか突然見たくなる映画です。
「話が面白いから」とか
「キャストが好きだから」ではなく
何かわからないものに心が惹かれました。

パリでのラストシーンを、一番最初に撮影しているということで初々しさが伝わってきました。
D

Dの感想・評価

3.3
岡田くんが色っぽい(笑)不倫が美化された映画って感じかな〜実際観終わっても不倫に対して全然否定的じゃない自分がおるし不思議、、。肯定もしやんけど。
題材が不倫な割にキレイにまとめられとるからしんどくない。

話の出来はわたし的に
(◎) 岡田くん × 黒木瞳
(△よりの○) 松潤 × 寺島しのぶ
Rin

Rinの感想・評価

3.5
大人と、大人になろうとする若者たちの、ムーディーなラブストーリー。松潤の警備員姿が似合わないのと、寺島しのぶの下着姿は誰得だよ、と思ってたけどそれがいい味なのかもしれない。
マ

マの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

原作が好きなだけにキャスティング含め「うーん」と思うところが多かった。透詩史と耕二喜美子のキャスティングがそのまま逆でもよかったかも?と思った。喜美子に関しては笑えるくらい頭おかしかったな、こんなだったか?
映像化の欠点か、尺の使いどころも自分が思ってたものとかけ離れていて拍子抜けした部分も。
レビュー見た感じ、台詞が臭いというのはよくわかる。若かりし岡田准一の美しさが圧巻だった。

ビリヤード場での修羅場シーンとか、最後にぐちゃぐちゃに詰め込んだ感じがして慌ただしかったし見ててしんどくなった。

もう少し原作に忠実にしてくれてもよかったのでは?

期待しすぎました
雨に濡れて崩れ落ちる岡田准一さんの美しいことよ。当時売れる手前の松本潤くんもまた然り。美しい男の若さってお金で買えない価値がある。まさにそんな映画。
sammy

sammyの感想・評価

3.7
切なすぎる。。。
岡田くんにやられました。
究極の不倫映画です。
ちょま、え?
透くん、しふみさんの顔に全く似てませんよ?
あれでピンと来た美大生すごっ!
全体的に襟足長めのヘアも気になる。
時代か。
てか岡田くんのシャワーシーンが綺麗すぎて、黒木さんかと一瞬錯覚した。

不倫がいかに意味のない行為か。
プライドを持て、プライドを。
バレたからこんなんなってますが、
バレなきゃうまくやってくだけですよ。
最後綺麗に終わった風だけど、
現実はなかなかそうはいかないでしょー。

岸谷五郎と余貴美子の演技の凄み。
震え上がりました。

恋はするものではなく、落ちるもの。
ただし、
恋ってのは、落ちればいいってもんじゃないんだよ。
うん、名言。
単なるドロドロした不倫と言えばそれまでだが、途中で見るのをやめようかと思いつつ何か気になり最後まで見てしまった。そして何故か最後にちょっと熱いものを感じた…
>|