運命の女の作品情報・感想・評価

「運命の女」に投稿された感想・評価

nova

novaの感想・評価

3.0
どろどろの不倫ものかと思ったら意外にサスペンス。あれは殺っちゃうと思った。だって男って考えるより先に手が出るでしょ。リチャード・ギアの抑えた演技、ダイアン・レイン魅惑的、不倫相手の男性も素敵でした。
ママン

ママンの感想・評価

3.2
久しぶりに見直したい作品あげ⏫

間男のオリヴィエ・マルティネスがたまらなくセクシー😍

ダイアン・レインもいい塩梅ですよ。

ほんでまさかのこれも
ちゃんと観た。
きょんがこのDVD持ってることにも驚いたけど笑笑

初めて観たのは高校生のときかな、
どエロイもん一人で観てしまったと
反省した、笑

可愛そうな子犬の目をした旦那を演じるリチャード・ギア、とにかく綺麗やし手出したくなるような人妻を演じるダイアン・レイン。
キャスティングが見事よなぁ、と今更ながらね、。

大人になったねーと最近よく話してはお酒呑んでる私たちで観るからこそなんか色んな意見とか言い合っておもしろかった。


"誰かの運命を左右する女なりたいよね"
ちょっとした火遊びから…オリヴィエ マルティネスがセクシーで自由な恋愛を好むフランス男がピッタリ。でも、旦那の前で開き直りは酷いなあと、そりゃあカッとなるよね。
奥さんはあの風の日、出逢わなければって何度も後悔しただろうな…。
福之助

福之助の感想・評価

4.3
久しぶりに観ました~
この頃のリチャード・ギアって色気のある役が多いけどこの映画では妻が浮気しちゃうっていう今までとはちょっと違う設定で楽しめますね。(サスペンスだし)
不倫映画なのに!リチャード・ギアがエロくないサスペンス。そこが良くてスコア高めです。
ラストもね~そうですか、、、
面白いですよ。
ザン

ザンの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

あらすじは単純だけどD・レインが体を張って頑張ってた。結末は自首か逃亡か想像してくれということか。
bopapa

bopapaの感想・評価

2.9
2018年 204本目

前半1時間、馬鹿主婦の能天気不倫を延々と見せられます。あれ?サスペンスって聞いてたのに…この不倫脳の能天気さこそがサスペンスですよっていう皮肉なのか?それだともう面倒だから停止ボタン押しちゃうぞ?となる寸前でやっと物語が動いた。


そこからは結構ドキドキ。ある意味「お互いに知らないはず」と思ってる中で進む物語はアンジャッシュのコントみたいなすれ違い感が常にあって、それを笑いの方向に持っていけば「知らなすぎた男」みたいな大爆笑になるけど、それをドキドキ方向に持っていけば良質なサスペンスになるんだな〜と感心。

中盤からの展開が好きだっただけに、前半の不倫脳全開時間が長過ぎて危うくギブアップするとこだったのが惜しい!色んな深読みが出来るラストシーン含め、中盤以降はかなり好き。
otyobo

otyoboの感想・評価

4.2
前半と後半の落差が激しくて。
重い映画。
ダイアン・レインがとても美しい。
またこの二人
最後の初恋とは全く違う
同じ二人なのに、、、

偶然の出会いが運命を変えた
もしもあのとき。、、
を思わせる回想シーンがなんともいえなかった。
自分の犯した罪に苛まれて汽車の中で泣くシーンがすごく印象に残っているけど。
自分を止められない。辛い
keeper7

keeper7の感想・評価

3.2
TVでやってると何故か観てしまっていた作品。多分3、4回みてる。
ダイアン・レインがこの頃まだまだ美しい。(マンオブスティールの時は流石に時の流れを感じたが、もしかして役者魂の効果なのか?)

男と女で、あるあるや分かる分かるは変わるのだろうか?
自分はやっぱりリチャード・ギアに感情移入してしまい、特に娘の学芸会のシーンは胸が苦しくてしかたなかった。
ラストまでの流れも、うん、うんって観てしまう。

エイドリアン・ライン監督はスタイリッシュな映像を撮りながらも男女の不安定な心の移ろいやピリッとした空気を生み出すのが上手い。
また監督の男女間の危うい関係性を描いた良質なサスペンススリラーが今後も観たい。
とりあえず傑作。
>|