それでも恋するバルセロナの作品情報・感想・評価

「それでも恋するバルセロナ」に投稿された感想・評価

suzu

suzuの感想・評価

3.2
スペインへ留学へ行きたい行きたいと思ってた時に見た映画。
そのときはでてきたスペイン語は全くわかんなかったけど、その夢叶って帰ってきた今はわかるようになってるんだろうなぁ。

もう一度見たいや
nao

naoの感想・評価

4.1

想像以上に面白かった!
こんな恋愛観もあるのか〜!て新しい発見と多種多様な生き方や愛の求め方がぶっ飛んでるんだけど、自由すぎて正直ちょっと羨ましく思えた。笑

みんなワガママなんだけど、みんな魅力的で嫌いになれない。
特に女性陣!スカヨハもペネロペも同性から見ても魅力的なオーラが全開だった。
特にペネロペの演技は圧巻で強烈な役だけど彼女じゃないとあそこまでの魅力は出せないと思う。

感性に従うか理性を保つか…何が愛で何が理想的なのか…結局みんなよくわからない。
愛は未完成だとロマンチックで惹かれ合いすぎても上手くいかなかったり、足りないものを求めてもまたどこかが違ったり…どう転んでも不満は出てくるもの。人間の本質というかワガママな部分を表すのがやっぱりウディアレンは上手だなと思った。
合わない人はまったく理解できない映画だと思うけど、私はすごく好き。

いいなーバルセロナ。
こんなに自由に生きてみたいなー。笑
Yurika

Yurikaの感想・評価

2.8
スペインに行きたくて見た映画。
気軽に見れて楽しい。
ドロドロだけどサラサラ。
一見常識人なヴィッキーだけ苦手。
ペネロペ・クルスの存在感
圧巻だった。恋模様はカオス
完全に他人事として楽しめたのは
登場人物みんなセクシーで魅力的だから。
愛の定義むずい。特筆することなし!
ナレーション多くて駄目。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
たぶん、生まれて初めてまともに見たウディアレンの映画。ナレーションの多さにとりあえず最初慣れなかった\(^o^)/いつもこうなの? 女性はみんなそれぞれ個性が違ってて魅力的でした。内容は、うーん、うーん・・・。ジゴロだなぁって思いました。
つよ

つよの感想・評価

3.0
スペイン旅行をした女性2人がナンパされて、元妻も絡んで。
価値観の違う人たちの恋愛話。

退屈。女性の方が楽しめるのかな。
ナレーションベース。

アカデミー助演女優賞のペネロペ目当てだったのに、出てくるの遅すぎ。
本当に美しくて可愛くてスペイン語で超魅力的。
アニーホール鑑賞した後に、そのままずっと気になってはいたが観れてなかったコレを。
ウディアレンって一度ハマると抜け出せないんだよなぁ。ブームが来ると一日に何本も見ちゃう。
たぶんコレは第二次ウディアレンブーム…

ヴィッキーもクリスティーナも超美人!
まだ観れてないけど、カフェソサエティも美女2人に男1人って感じらしいし、最近のウディアレンの定番になりつつあるのかね?

この映画のスカヨハまじ美人でしたわ…黄色いギンガムチェックのトップス、すんごい似合ってた…。

ウディアレン節は若干薄めだったのは残念だなぁ〜もちろん面白かったけど。

異国でのひと夏の恋、ひと夏のロマンスっていいよね。憧れる。
でも夏が終わると同時にみんな実世界に戻っちゃうんです。
そういうところが現実的で、アレン的。
結構アレンはこういうことテーマとして扱ってること多いよね。
全然名前とか覚えてないけど、世界中がアイラブユーのあの男の子とかさ。

音楽と邦題もいいね!
とりあえずバルセロナ行ってみたいわ。
お嬢

お嬢の感想・評価

2.0
過去に観たことがあったのを忘れて、TSUTAYAで再度借りてしまった。

出てくる女性が全員しょーもない。
いちばんしょーもないのはヴィッキー。
「自分は安定してまとも」って思っているからタチが悪い。
むしろいちばんクズ思考で、ビッチ。

クリスティーヌは子供地味てはいるけど、素直なぶん、嫌味がない。

マリアとアントニオは結局最後まで一緒だから、アントニオには本気で惚れないこと。


ハビエル・バルデムに言い寄られたら…と妄想を楽しむための映像。
Rodic

Rodicの感想・評価

5.0
これはあのー......妙にイカした昼ドラか?笑 一瞬アントニオ羨ましすぎる! ♪バルセーローーナーー♪
>|