それでも恋するバルセロナの作品情報・感想・評価

「それでも恋するバルセロナ」に投稿された感想・評価

それぞれ愛の哲学というのは、まったく異なる。そして、その哲学は、時代、場所、雰囲気でいとも簡単に変わってしまう。だから、愛というのは難しいし、法的に制約しないといけないんだと思った。

バルセロナは、心をかき乱す街なんだな。建築に、美術に、音楽に、そしてワイン。



フアンがいってた「自分の人生をすべて肯定したい」という言葉はかなり難しいけど、いい言葉だなと思った。それに振り回される人は多いと思うけど、あそこまで、女の人を振り回す必要もないけど、それが一つの人生を楽しくする秘訣なのかもしれない。


バルセロナ、いってみたい。
ndk

ndkの感想・評価

2.0
ペネロペ・クルスが最高!ペネロペの美しさを堪能するだけの映画。
SatokiIto

SatokiItoの感想・評価

3.8
ウディアレンの映画は会話が素敵。スパニッシュ音楽に合わせて軽快に進んでいく感じが良かった。
りりか

りりかの感想・評価

3.4
これを観る前に5to7観たけど連続で同じような話の映画みるとはw
これもポリアモリー思い出したw

3人の方がうまく行くってさ、すごくわからなくもない感ある

もっとバルセロナ的な話と思ったけど、ただのみんなが同じそんなに魅力的じゃないおっさんが好きな話でした
旅先での恋の話。
ペネロペクルスが出てきて、美しさも主役感も何もかもかっさらっていったなって感じ。それだけペネロペの魅力が凄い。
何故ナレーション入りでストーリーを説明する事にしたんだろう、見ればわかるって事までもナレーション入るのでチープな映画になってしまった。
Henrye

Henryeの感想・評価

3.9
訳分からんけど、カオティックな生き方をしようとおもった。いつもの事ながらメンヘラ基地ペネロペクルスは超かわいい。

あんなにキュンと来ない恋愛映画は初めてだ(褒めてる)
「そのうちマリアと寝たとか言い出すぜ?」→「もう寝た(笑)」のダグのゴミを見るような目が忘れられない
普通の人付き合いに飽きた人におすすめしたい一品
Sae

Saeの感想・評価

3.9
ペネロペクルスが最高の役演じてる。なかなかぶっとんだ関係だけど、すべてスペインの情熱さがそうさせてるってことで。
Madoka

Madokaの感想・評価

4.0
音楽と風景が美しく、全体を通してスペインの特別な空気感を得ることができる。
性格も価値観も正反対な二人の随所にどこか自分を重ねてしまったり。
人生とは。何に重きを置いて生きるのか。
恋愛に組み込まれた人生なのか、人生に組み込まれた恋愛なのか。
とにもかくにもペネロペ・クルスの美しさが際立つ。
Sayuri

Sayuriの感想・評価

3.1
うええ!?そんなんアリかいな!!となる映画でした。おもしろかったです。
joker

jokerの感想・評価

4.0
面白かった。
スペイン版『クローサー』。

ハビエル・バルデムがモテ過ぎ。
スカーレット・ヨハンソンがエロ過ぎ。

なかなかドロドロしたストーリーなのに、笑ってしまうのはウディ・アレンの技。
>|