マダム・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価・動画配信

マダム・イン・ニューヨーク2012年製作の映画)

English Vinglish

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「マダム・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

Junko

Junkoの感想・評価

5.0

もうすでに大好きな映画!

1ヶ月カナダに留学した時のことがフラッシュバックされました。 初めての日は、行き方わからなくて、色んな人に聞きまくったり。 カフェで聞き返されたり、違うもの出てきたり。 英語が話せなかったら相手にしてもらえないのが、めちゃ悔しかったなあ!

どんなに辛いことがあっても、家族や友達が自分をわかってくれている、ありのままでいれるって思えても、やっぱり最終的に自分を助けるのは自分!

主人公のシャシさん役の人めっちゃくっちゃ美人! で、年齢がなんと50歳とは!!! もうなんか、ほんとに美しい。。 この人のインタビューで言ってたのが、綺麗さは、心の有り様らしいです。(笑)

海外ドラマでも、インドの俳優さんがめちゃくちゃカッコ良くて、好きになりそうだし、なんか気付いたらこの映画も見てたし、インドブームきそうかも。です。
ROY

ROYの感想・評価

4.1
インドで夫と姉弟と姑5人で暮らす彼女は、英語が苦手で娘からもバカにされたり、コンプレックスを感じる日々。ニューヨークに住む姪の結婚式の準備をお願いされ、式の1ヶ月前くらいからニューヨークに1人経つことに。たまたまニューヨークのバスに書いてあった4週間で英語が話せるようになるという教室の広告を見て、彼女は一念発起し教室に通うことを決める。

インドの心温まるヒューマンドラマ。
英語が第二公用語のインドでは、逆に英語しか話せない人もいるらしい。
この家族はわりかし富裕層な感じがするので、もしかしたら余計に英語が必要なのかな。
ニューヨークに最初に来て入ったカフェの店員は最悪で、あんなのに最初に会ったらもうアメリカを嫌いになりそう。
それから教室に通うのだが、生徒達がみんな素敵。
いろんな国から仕事で来ていて、みんな「the」の使い方も分からない拙い語力からスタート。
目的は違うが英語を話せるようになると言う共通の目標に、みんなが頑張る姿はこっちまで勇気が貰えるし、映画を見たり、お店でオーダーしたりと、教室外でもみんな本当に努力して話せるようになっていく。
大人の青春って何かいいね。
それを通して彼女も自信を付けていく姿は、途中挟まれるインドならではの挿入歌を差し引いても、素敵だなと思えた。
自分がもう少し若かったら英語習いたかったな。

20210613.0288.730
chisa

chisaの感想・評価

4.2
俳優さんが美しい…めちゃくちゃ好き。
失敗しながら、怖い気持ちに立ち向かって、すごく一生懸命に生きてる主人公に勇気をもらえた。
最後の英語でスピーチするシーンが綺麗で、ただただ感動した。
ぼに

ぼにの感想・評価

3.9
とても良かった元気でる!🇮🇳長くてちょいと寝てたけど、英語頑張りたい映画!
あー

あーの感想・評価

4.5
SAWマラソン完走のご褒美に🥰
ずーっとずーっと温めまくっていた
こちらの映画🥰

のんびり🐢踊らない🇮🇳追いかけて
ますが、またまた好きな映画❣️❣️❣️

じわっと確実に、
しっかり。心を掴まれる。

イギリスの植民地化もあり、
イギリス英語だけど、アメリカの次に
英語を話す人口が世界第2位。
確かにインド映画観てると、
ヒンディー語も英語も混じってる時
あるもんね👂

夫も娘も息子も英語が話せるけど、
シャシが通っていた学校は英語禁止。
ヒンディー語のみ。
それゆえ英語が不得意。
発音で家族にからかわれたりもする。

ニューヨークに住む姪っ子が
結婚する事になったので、
お手伝いにシャシは先に単身で
5週間滞在しに行く事に...。

ニューヨークで初めて1人で入った
カフェでの出来事にシャシと一緒に
号泣😭いたたまれない😭
店員さんの高圧感が絶妙すぎる...。

言葉が通じない不安。
家族と離れる不安。
大丈夫。と自分を励まそうとしてた所に、
心折られるカフェでの出来事😭
しかし優しい人もちゃんといたッッッ!

シャシは一念発起して、
4週間の英会話スクールに。

姉や家族には内緒🤫

この映画、最初に飛行機で出会う人や
スクールのみんながとっても素敵!!
英会話スクールだからみんな
色んな国の人々が集まってきている。
多種多様な人がお互い励ましあって
英語を楽しく学ぶ姿もとても良い🥰

シャシの味方になってくれる、
姉の次女(結婚は長女)もめっちゃ素敵!!

専業主婦として夫や娘からの
何気ない一言に実は傷ついてきていた
家族としての問題。も、じわりと
訴えかけてくる。

カフェで助けてくれたフランス人
ローランともスクールで再会。
この2人のほのかな...ほのかな
感じも心を突いてきた!!!!

普段ならコラーッッッ!!やけど、

お互いの本心はお互いに自国語で
語るところも、好きだなぁ。

ラスト、
シャシがどういう選択をしたのか。

不安で仕方なかった、
変わらない日常だけに埋もれていた
シャシが一歩進んで取り組んだ事の
大切さも学んだ。
コレがなかなか、己に活かせないのが
また反省であるッッッ。





最後に選ぶ新聞は、
あちらであって欲しかったが。

選んだ新聞はあちらでも、
以前とは違うスタートの始まりなのかも。
BigDipper

BigDipperの感想・評価

4.5
英語が苦手なシャシのもどかしさも悔しさも、仕事ができない今の自分と重なりすぎて爆泣き。

一歩ずつ、確実に。自分のことをいちばん助けられるのは自分。

最後の結婚式のスピーチは、将来頼まれることがあったら参考にしたいくらい素敵💍
比較的初心者向けのインド映画な気がする(笑)
言語を学んだことある人なら誰しもが思うような気持ちはもちろん、日本人にも当てはまるような描写がたくさんあった。

母になったことないけど、一緒にもやもやしたり、共感してしまった。
私もこんな風に勇気を持ちたいな〜
まるこ

まるこの感想・評価

4.3
英語が話せない主婦がニューヨークで英語を学ぶ。

あるある話で
夫は妻をバカにしてる。
下に見てる。
実はうちもだ(笑)
だから気持ちは痛いほどよくわかる。

あんなに完璧な美人✨
家事も完璧✨
息子と娘。
娘にも馬鹿にされる。

お互いに尊敬する気持ちがないとダメだと思う。

主婦はニューヨークでかけがえのない時間を過ごす✨
生き生きしてくる。
素敵な映画でした。

ただね、フランス人のしつこさがちょっと嫌になった💦
taiju

taijuの感想・評価

3.8
2021/06/11
>|