マリーゴールド・ホテルで会いましょうの作品情報・感想・評価・動画配信

マリーゴールド・ホテルで会いましょう2011年製作の映画)

The Best Exotic Marigold Hotel

上映日:2013年02月01日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.6

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』に投稿された感想・評価

⚫︎物語⚫︎
やっかいな事情をかかえる熟年男女が泊まったのは超ボロボロのホテルだった

⚫︎関心⚫︎
段々性欲が回復していくおじいちゃんすき。
水と間違って酒をイッキするシーンが良かったです。

⚫︎映像⚫︎
インドの街並みなど沢山見れて良かったです。
イングランドサッカー推し中国人とオランダサッカー推し日本人、昨日から、つまりはW杯開会式と開幕戦、そしてお互いの推しの(現地時間)初日を目前に控えている今現在まで隙あらば大して知りもしないカタールに対する罵詈雑言をLINEで飛ばし合っている状況でこの映画のインド描写に何か言える資格なぞ持ち合わせちゃいないだろう。その程度の含羞は持ち合わせておる。イングランド22:00キックオフでいいな、オランダは日本時間25:00キックオフ……

この監督『女神の見えざる手』の監督であるとも知って芸風がよくわからないなってなってはいました。『恋に落ちたシェイクスピア』からの継続性はわからないでもないのだけどな。群像劇が好きなのは理解した。

キックオフまでの手持ち無沙汰かつ中途半端な時間潰しには丁度良い湯加減でした。遠藤周作『深い河』も案外これと大して変わらないノリだったと思うよ私。
ミヤビ

ミヤビの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

イギリスの年金暮らしのお年寄りが、インドのマリーゴールドホテルで老後を過ごそうと集まってきた。ところが、そのホテルの実態はボロホテルだった。

ごめんなさい🙇‍♀️
よくお顔は拝見していた、車椅子役の女優さん(マギ-.スミス)、インドに馴染もうとせず感じ悪かったけど、最後なんて生き生きしちゃって最高じゃん!

ビル・ナイの奥さま感じ悪かったけど、最後は自分で決めてサッパリして良かった!

私も何でも食べれるわけでもないから、ココで楽しむためには苦労するかも?だわ。

でも、インドの街並みは見てる分には素敵でした。
音楽も良かったわ👍


最近、一人になる時を夢見て? サービス付き高齢者住宅をネット検索してます😊
夫の遺族年金(予定)では、快適そうなシルバー住居は無理っぽいなー。
だけど、高齢者施設に閉じこめられるのは嫌だし…
快適で安心な一人暮らしは、お金がないと難しそうだわ💦

綺麗で物価の安い国に移住しよっかな〜。
ないよね。笑


あら、今作続編もあるのね!
こういう群像劇的なの好きだなあ😌それぞれの事情を抱えながら、新たな地に適応したりしなかったり…定番だけども、一番インドに否定的だったドネリーの変化とかすごくいい🥹あとBill Nighyがシンプルにいい男すぎる😇
Shiro

Shiroの感想・評価

4.4
これまた、偶然、鑑賞

様々な事情を抱えた男女7人の英国人シニアたちが、インド地方都市のホテルに集う。かつてのホテルの姿を取り戻そうと奮闘するインド人青年の口八丁に乗せられながら、異国の地で、ロングホリデーが始まるのだが…。長期滞在のなか、それぞれのこれまでの人生とその苦悩が、次第に明らかになってくる。

歳をとれば誰もが直面しそうなものを、笑いと悲しさで見せられた。人は変化を恐れる、歳をとれば、なおのこと。それでも、変化を受け入れ、成長する姿は、美しいなぁと、そして、最後は、ちょっぴり胸をすくような…

以下ネタバレ






ひとり英国に戻ることになった妻ジーンについて。
必要以上に明るく饒舌。でも異国を決して受け入れようとしなかった彼女。それは、自分自身をも欺くことで、自分を本当に惨めにしたくなかったのでしょう。だから、優しいだけの夫(この夫婦ここは似てる)に、最後に、自分に対する愛情だと信じたかったと伝えた時、痛いほど、彼女の苦悩が伝わってきて辛かった。勇気を持って、2人の関係を終わらせたのが、彼女の変化だと思った。




このタイミングで、この映画を観せてくれた映画の神様、ありがとう✨
こんな感じのお話はけっこう好き。
人生について改めて考えさせられる。
最後は大団円になると信じて…。
インドに行った気分になった

こうゆう歳のとり方もいいなっておもた
たんこ

たんこの感想・評価

4.0
くうううう良かったー!!!!!
ジュディ・デンチ、ビル・ナイ、マギー・スミス、いや、全キャスト良過ぎた。にしてもソニーが顔も行動も(インド版)元彼で複雑〜、、!
インド🇮🇳行きたい!!!!
Amelie

Amelieの感想・評価

3.2
少しハードルを上げすぎた気がします。キャストがわりと豪華だったのと予告編が面白そうだったのでかなりハードルを上げてしまい、そのせいかあまり楽しみきれなかった気がします。様々な人の様々な人生をちょっとずつ垣間見るようなストーリーはおもしろかったし、それぞれの関係性や価値観が少しずつ変わっていく様子を描くということ自体は楽しめました。ただ、その中身を見てみるとかなり昼ドラ的なチープさを感じてしまい、個人的にはその点が一番ネックになって楽しめませんでした。それぞれが自分の人生を少しずつ変えていくのを描くのに、入り口がすべて恋愛になってしまっているのがかなり残念でした。恋愛から人生が変わるということ自体は良いのですが、登場人物のほぼ全員がその方向になるというのが陳腐に見えてしまいました。他にも残念なポイントが少し多い一本です。
na

naの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

“Everything will be alright in the end. And if its not alright then it is not yet the end.”
スキンズから見てるけど、デーヴパテル、本当に良い俳優になったよな…(誰目線?)
主要キャラクター全員がベテラン俳優すぎるせいか、年齢に合った役柄のおかげか、全く演技に見えなさすぎてすごい。自然すぎる。そして、そこに食ってかかるデーヴパテルの若いエナジーがまた良いんだよねこれ…
映画ストーリーも、シニアメンバーの静かな落ち着いたパートと、ソニーとスナイナの若いフレッシュなパートが邪魔し合わずバランス取れてて見やすい。
エンディングのバイクですれ違うシーンも良すぎる〜青いシャツと黄色のサリーが綺麗!!!

年齢に関わらず、変化についていける人と対応できない人がいるのは事実で… めちゃくちゃレイシストだったドネリーが大好きなビスケットをメイドの子にあげるシーンは流石にうるっときちゃった
イヴリンのロマンスはホクホクして良かったし(基本的に何歳であれ不倫ストーリーはちょっと…なんだけど)ダグラスの性格なら離婚手続きもちゃんとしてそうだから(…?)
てか、ビルナイかっこよすぎて困った
>|

あなたにおすすめの記事