滝を見にいくの作品情報・感想・評価

滝を見にいく2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:88分

3.7

あらすじ

紅葉の山々へ向かう一台のバス。それは幻の大滝を見にいくツアーの一行だった。ツアーガイドの菅(黒田大輔)を先頭に7人のおばちゃんたちが山道を登っていく。しかし、山道をしばらく進んだ菅の様子がおかしい。周囲を見回しては、首を傾げている。すぐ戻ると言って7人を山道に残し、先へ行ってしまう菅。だが、いつまでたっても戻らない。「ねえ、遅くない?」「迷ってたりして」。最初は笑っていた7人も、やがて不安になり…

紅葉の山々へ向かう一台のバス。それは幻の大滝を見にいくツアーの一行だった。ツアーガイドの菅(黒田大輔)を先頭に7人のおばちゃんたちが山道を登っていく。しかし、山道をしばらく進んだ菅の様子がおかしい。周囲を見回しては、首を傾げている。すぐ戻ると言って7人を山道に残し、先へ行ってしまう菅。だが、いつまでたっても戻らない。「ねえ、遅くない?」「迷ってたりして」。最初は笑っていた7人も、やがて不安になり、会話が少なくなる。空を見上げれば、もうすぐ夜……。仕方なく、7人はそこで野宿する覚悟を決める。突然のサバイバル生活に放り出されたおばちゃんたちは、果たして人生最大のピンチを乗り切れるのか!?

「滝を見にいく」に投稿された感想・評価

ayaka

ayakaの感想・評価

3.5
面白い。
おばちゃんの個性って最強。
女の団結力つよいわ~
strmmy

strmmyの感想・評価

3.7
オバちゃん達の話。いるいる、と言う感じの7人はほぼ素人さん達らしい。同じ監督の「南極料理人」の女子版という感じで、期待してなかったけど面白った。夜に皆んなで歌うシーンは笑ってしまった。
みんと

みんとの感想・評価

4.0
どこにでもいそうな、おばさん達のゆる〜い掛け合いに少し共感。
Chim

Chimの感想・評価

4.2
『七人の侍』並みに個性豊かな7人のおばちゃん達はなんとプロの女優さんではなく全員が全くの素人さんだったことにまず驚き。

沖田修一監督作品が本当に大好きなのですが、こちらも最高にユーモアたっぷりでクスクス笑うポイントが絶えずあります。

あるバスガイドツアーに参加した全くの見ず知らずのおばちゃん達が、山で遭難してしまい絶対絶命の中で統一性がなかった7人は次第に団結力が高まっていきます。

先立たったはずの夫と再会し、遠ざかっていく背中に向かって叫ぶところは名シーン...じわりとします。
沖田監督特有のユーモアの連続からいきなり感動に突き落とす演出が本当にたまらないです。

あとは「女は40過ぎたらみんな一緒じゃ!!」は名言だと思いました。
apininini

apinininiの感想・評価

3.8
人生はふとした瞬間楽しくなる。愛おしいほど、楽しくなるよ。

沖田修一の言葉、元気でた。

◎トークショー
K

Kの感想・評価

-
沖田修一って日大付属だけど、日芸入る前から天才なんだなって思った。かっこいい。
385

385の感想・評価

3.7
オバチャンたちの年齢を重ねた女性の強さと無邪気な少女のような部分の両方を味わえる映画。
7人がそれぞれ知恵を出しあって色々図太く(?)乗り越えていく姿に、年取るのも悪くないなぁ、いい年の重ねかたをしたいなぁと思わされるから不思議です。
生きるって大変だな〜。どんなときでも前向きに楽しむことが大切なんだな。じゅんじゅんみたいに、逆境に強い人になりたい。
RISA

RISAの感想・評価

4.3
どこにでもいそうな普通のおばちゃんたちなのに、山の中で迷ったらそれぞれの個性が際立って、とっても可愛かった。

最初はただ同じバスツアーに参加しただけの関係だったはずが、紆余曲折を経て、最後は戦友になって、かっこいいおばちゃんになってた。

あと…ガイドもうちょっとしっかりしろ!!!おばちゃん見習え!!!と思いました。面白かった。
SON

SONの感想・評価

3.4
個性で生きてるけどそれに気づいていない人たち
>|