リアリズムの宿の作品情報・感想・評価・動画配信

「リアリズムの宿」に投稿された感想・評価

麩

麩の感想・評価

2.9
こういう関係性にしか憧れないよ
めっちゃ面白いわけではないけど、結構好き
hikari

hikariの感想・評価

3.6
山下敦弘監督×つげ義春
共通の友達が5度寝して、ただ顔見知りなだけで話したこともない相手と旅行する羽目になるゆるーいロードムービー。最後までシュールでいちいち可笑しすぎる。
誰かと一緒だと、旅行中最悪!と思える事でも後で笑いに変えられる。最後の宿は絶対に泊まりたくないけどね。
くるりの音楽が合ってて良い。
西瓜

西瓜の感想・評価

-
こんなおもしろ映画今までなんで見てこなかったんだろう。

屋根がないのが露天なんです。だからこれも露天風呂に入るんですよ。

旅先ってこういう昔起こった痛い話で盛り上がるんだよね。この現象なんなんだろうね。
山中Q

山中Qの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ヤマメの押し売りするカタコト外国人。
バンジー紐切れエピソード。
かわいい頃の尾野真知子。
宿の子どもの耳あてのプラスチック部分の藍色最高に綺麗。
汚い風呂場、大量の味噌汁等、最高すぎる画をずっと緩くみせてくれる。
流し見していたが見逃しが勿体ないので頭から集中して見直す価値のある映画。
「女優が脱いだとかの判断、乳首で決めない?見えた見えないって結局乳首でしょ」
おもしろ映画〜結局僕は微妙な空気感が好きなんだな〜言いたいこと言って仲良しっていいな
tymnok

tymnokの感想・評価

4.8
好きだ

二度と訪れないような瞬間に胸がぎゅってなる、すきなものは全部そうかもしれない
微妙な空気感がついつい目が離せなくなるオフビートなロードムービー。メイン3人の距離感の変化が面白く、全シーンが刹那的に感じました。
ちょー気まずい2人旅行。
顔見知りなだけで、話した事がない二人がひょんな事から二人で旅をすることになったロードムービー。
前半の会話とか本当に話した事がない同士のソレでリアルだった。
特に宿の文句を布団で笑い飛ばしていた2人のシーンが好きすぎる。
気まずい雰囲気が漂いながらも、クスッと笑える要素など、何処かボンヤリした作品なのに、あっという間な83分だった。
いや見事にダラっとした映画だったなぁ。良い意味で。
もち

もちの感想・評価

4.0
日々暮らしてると訪れる、いろいろな種類の気まずい空気感を全て味わわせてくれる
なぜかずーっと見てられる映画
「くるりのこと」をよんで観たくなったのがこの映画。

3日したら忘れるような内容の作品だけど
ふと思い出したりするんだろうな。
>|

あなたにおすすめの記事